Googleタグマネージャー(GTM) 追跡コード設定方法

タグの設定などにGoogleタグマネージャー(GTM)をご利用の広告主様向けに、追跡コードの設定方法をご案内いたします。カスタマイズ元の追跡コードは、広告主様の管理画面メニュー内、「設定アイコン」→「追跡コード」→「リード向け・非ITPコード」より取得してください。

Googleタグマネージャー(GTM)について

Googleタグマネージャー(GTM)は、すべてのウェブサイトタグを1か所で実装できるタグ管理ソリューションを中小企業に提供し、シンプルで使いやすく、信頼性の高いタグ管理を実現できるようサポートする、Google社が無料で提供するツールです。Googleタグマネージャー 公式サイト

ITP非対応コードをGoogleタグマネージャー(GTM)用に設定

マネートラックの画面のリード向け追跡コードの非ITP用コードを設置します。

*現在、GTMでは、リード向け(申込みを成果のゴールとする案件)の非ITPのみの対応となります。また、1つのアカウントに複数の報酬額のキャンペーンが存在する場合も、現時点では弊社の追跡タグを用いることは出来ませんので予めご了承ください。

shopify tracking code

Googleタグマネージャーにタグを作成

お持ちのGoogleタグマネージャーの管理画面へログインし、画面左側の「タグ」よりタグ一覧ページへ進み、「新規」ボタンをクリックします。

カスタムHTMLの作成

新規タグ作成ページが表示されますので、そのページにある「タグの設定」をクリックすると、ブラウザの右側からウィンドウが現れますので、その中から「カスタムHTML」を選択します。

マネートラックの成果追跡タグを設置

タグに後で参照する際に分かりやすい名前(名前は自由に付けていただけます)を入力します。その後、「HTML」の入力欄に下記のマネートラック成果追跡タグを設置します。

 

■マネートラック成果追跡タグ(リード向け・ITP非対応)

<img style=”display:none” src=”https://mttag.com/sys/lead?merchant_token=●●●●&action_id=○○○○” width=”1″ height=”1″>

 

※上記の●●●●には、マネートラックに広告主アカウントを作成した際の広告主ID(半角英数字)を代入ください。

※上記、○○○○には、マネートラックの管理画面のキャンペーン設定ページで作成したキャンペーンに設定したキャンペーンID(=アクションID)の固定値を代入ください。

※現在1つの広告主アカウントに複数の報酬額設定がある(変数を用いる必要がある)場合または物販向け案件は、Googleタグマネージャーはご利用いただけません

トリガーを設置

トリガー(どのページで設定したタグを発火させるか)の設定を行います。

カスタムHTMLにタグを挿入したページと同じページの下にある「トリガー」をクリックしてください。

トリガーの選択

ご自身で作成しておいた、成果着地ページのトリガーを選択します。

 

※トリガーの設定がお済みでない場合は、Googleタグマネージャーのサポートページをご参照ください。

https://support.google.com/tagmanager/answer/7679316?hl=ja

タグの保存

タグの設定およびトリガーの選択が終わったら、画面右上にある「保存」ボタンをクリックします。

Googleタグマネージャーの公開

これでタグの設定が完了しましたが、まだ実際のサイトにはタグが反映されていない状態です。

Googleタグマネージャーのダッシュボード右上にある「公開」ボタンを押してサイトに設定したタグを適用をします。

設定完了

設定完了後は、弊社にて成果疎通テストを行いますので、マネートラックサポートまでご連絡ください。弊社の管理画面よりメッセージが送信できます。

なお、上記コードは、2020年7月16日現在、マネートラックが確認したものです。設定がうまくいかない場合は、最新の設定をご確認ください。

メッセージ