【評判】Exness(エクスネス)は危険!後悔する前に読むべき10の欠点

この記事を見つけたあなたは、Exnessなら「レバレッジ無制限」で取引できることを知り、ハイレバで一攫千金を狙いたいと思っているのでは。

残念ですが、Exnessはハイレバ×スキャルピングで短期間で大きな利益を狙う手法はオススメできません。

Exnessで短期売買をオススメできない理由としては3つあります。

つまり、Exnessでスキャルピングなどの短期売買をしていると、上記トラブルで最悪ロスカットされるリスクがあります。

「ハイレバ×スキャルピングで短期間に大きな利益を狙いたい」という人は、レバレッジ・約定力が共に高いMilton Marketsがオススメできるでしょう。

それでは、Exnessではどんなトレード手法であれば有利に使えるのかと言うと、

結論、CFD銘柄スイングトレードでの取引であればオススメできます。

Exnessのメリットは「レバレッジ無制限」「一部商品でスワップフリー」という2点です。

特に「ゴールド(金)」に関しては2つのメリットを持ち合わせておりスイングトレードに有利です。

この記事では、Exness利用者の評判を丸一日かけて洗い出し、合計14つのメリット・デメリットを見つけ出しました。

トレード歴8年の筆者がExnessのメリット・デメリットから「オススメのトレード手法」と「オススメできないい使い方」についても徹底解説しています。

この記事を最後まで読めば、Exnessの効果的な使い方を知り、安全に一攫千金を狙うことができるでしょう。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

1.Exness(エクスネス)とは「レバレッジ無制限」で有名な海外FXでNo.1のハイレバ業者

公式サイト:https://www.exness.com/ja/

Exnessは、なんといっても「レバレッジ無制限」が特徴の海外FX業者です。

しかも、「ロスカット率が0%」と証拠金が0になるまでロスカットをされなくなっています。

そのため、「高いレバレッジをかけてトレードをおこない、証拠金が0になるギリギリまでロスカットをされずに粘る」ことが可能です。

また、2008年に設立したExnessは、一時期日本から撤退していました。

しかし、2020年に日本人ユーザーの受け入れを再び開始しています。

さらに、公式サイトの日本語は分かりやすく、日本語ネイティブによるサポートを受けることもできます。

Exnessは、今後注目すべき海外FX業者と言えるでしょう。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

1-1. Exnessの安全性・信頼性【結論:★★★☆☆】

Exnessの安全性評価
金融ライセンス
 (3)
資金管理
 (3)
サービス運営歴
 (3.5)
ネット上の評判
 (3)
総合評価
 (3)

海外FX業者の安全性は主に4つの観点でチェックできます。

結論から言うと、Exnessの安全性は「中レベル」と言えます。

金融ライセンスや資金管理は平均的なレベルで、日本人ユーザーからの明確な出金拒否の口コミもありませんでした。

安全性には問題ないですが、SNS上では「トレード環境の悪さ」に関する意見が多く見られたため、

利用者の評判やデメリットについて目を通しておくことをおすすめします。

運営会社Nymstar Limited
設立2008年
登録住所セーシェル共和国
F20, 1st floor, Eden Plaza,
Eden Island, Seychelles
金融ライセンスFSA:セーシェル金融サービス庁
(登録番号:SD025)

Exnessはセーシェル共和国というインド洋に浮かぶ島国のライセンスを所持しています。

海外FX業者は世界中にトレーダーを抱えているため、他国の金融庁からの警告を防ぐためにマイナー国家でライセンスを取得するケースが多くあります。

そのため「セーシェルのライセンスって本当に安全なの?」と疑問に感じる方も多いと思いますが、海外FXでは金融ライセンスの有無だけでも信頼性は大きく変わります

長年、海外FXを見てきた筆者としては以下の基準で信頼性を捉えています。

【高】有名国の金融ライセンスを所持している(イギリスFCA、ニュージーランドFCA等)

【中】有名国ではないものの金融ライセンスを所持している(セーシェル、キプロス、ベリーズ等)

【低】金融ライセンスすら所持していない

そのため、Exnessはマイナー国ではあるものの、金融ライセンスを取得しているための信頼性は「中の上レベル」と言えます。

もちろん、海外FXの中でも安全と言われている業者XMTradingでも、セーシェルのライセンスを所持しているため、一概に金融ライセンスの取得国だけで信頼性が高いとは言い切れません。

ただし、金融ライセンスの有無に関しては大きく信頼性が異なるため、必ず保有している業者を利用することをおすすめします。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

金融ライセンスを取得していない業者の中には、詐欺を働く悪質な業者も多いので注意しましょう!

信頼性の高い金融ライセンスを取得する海外業者
  • XMTrading:親会社がイギリスFCAのライセンスを保持(その他複数所持)
  • FXpro:イギリスFCAを含む世界5ヶ国のライセンスを保持

Exnessで実施されている資金管理方法は分別管理のみ。

分別管理とは顧客から預かった資金と運営資金を別々に管理する方法です。

正直に言うと、海外FX業者の資金管理のほとんどが「信託保全はナシ・分別管理のみ」という状態です。

そのため、Exnessでの資金管理の安全性については「中レベル」と言えます。

その中でも、信託保全や資金補償を設けている業者があれば、安全性が高いと感じるレベルです。

※信託保全とは、顧客から預かった資金を銀行等の第三者へ信託することで保全する方法。万が一業者が倒産した場合でも、顧客の資金が差し押さえられることが無く、確実に返却されます。

もしあなたがExnessの安全性に不安を感じているのなら、信託保全・資金補償を設けている安全性の高い業者の利用がオススメです。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

Exnessのグループ会社では保障制度を設けていますが、日本人サービスは対象外なので注意しましょう!

信託保全や資金補償のある安全性の高い海外業者

ミルトンマーケッツは2008年から12年間の運営歴があります。

実は運営歴12年というのは海外FXで比較的長い方なので、信頼性は十分高いと言えます。

海外FXでは運営歴がながければ長いほど信頼性が高いと評価できます。

特に、海外FXでは新興の業者での詐欺が多いため、安定的に長年サービス提供をし続けている運営歴は信頼実績として評価できます。

筆者の体感ですが、海外FXは10年安定的にサービスを続けている業者であれば信頼性は高いと言えます。

事実、人気の高い大手業者のほとんどが10年以上の運営歴を持っています。

運営歴の長い人気業者
  • iFOREX:海外FXで最も長い26年の運営歴(1996年〜)
  • TradeView:18年の運営歴(2004年〜)
  • FXpro:16年の運営歴(2006年〜)
  • AXIORY:15年の運営歴(2007年〜)
  • XMTrading:13年の運営歴(2009年〜)

※2022年1月時点

そのため、Exnessも運営歴からの評価は高いと言えます。

海外FXで口コミを調査する際に参考にするのが主に3つのサイトです。

  • Twitter(日本人ユーザーの口コミが確認できる)
  • 2ch5ch(辛口意見やデメリットに関する意見が多い)
  • Forex Peace Army(海外FX専用の掲示板サイト。海外ユーザーの意見が見れる)

結論、3つのサイトで口コミを見た結果、Forex Peaxce Armyで外国人ユーザーからの出金拒否・口座凍結の意見は見られましたが、

日本人ユーザーから明確に「出金拒否された」という意見は見当たりませんでした。

海外FXで出金拒否の多発する「詐欺業者」の場合、ネット上では出金拒否の評判が非常に多くあります。

それに対しExnessでは「どの海外業者にもある程度の出金拒否の意見のみ」だったため、安全性には問題ないと言えます。

※海外FXではどの業者でも多少の出金拒否の評判はあるため「出金拒否の評判の多さ」から安全性を判断しています。

ただし、安全性に関しては問題ないとは言え、Exnessの評判には「スプレッドが広がりやすい」「約定が滑りやすい」などトレード環境に関する悪評が多く見つかった点には注意が必要です。

この記事の評判やデメリットでも悪評について詳しくまとめています。

その他、評判の良い大手業者
今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

1-1.Exnessの口座タイプ・スプレッド・スワップ一覧【スペック比較】

スタンダードロースプレッドゼロプロ
特徴・安定したスプレッド
・一番人気の口座
・最狭水準のスプレッド
・低い手数料
・取引時間帯の95%でスプレッドが0(30ペア)・即時約定
・手数料無し
初回入金額1ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル
※最大レバレッジ無制限無制限無制限無制限
取り扱い商品・FX
・貴金属
・仮想通貨
・エネルギー
・インデックス(指数)
・株式(MT5のみ)
・FX
・貴金属
・仮想通貨
・エネルギー
・インデックス(指数)
・株式(MT5のみ)
・FX
・貴金属
・仮想通貨
・エネルギー
・インデックス(指数)
・株式(MT5のみ)
・FX
・貴金属
・仮想通貨
・エネルギー
・インデックス(指数)
・株式(MT5のみ)
ロット単位10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
ロット毎の手数料/片道なし最大3.5ドル0.1ドル~なし
最低スプレッド0.3pips0.0pips0.0pips0.1pips
最小ロットサイズ0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大ロットサイズ16:00 – 翌5:59 (日本時間)
200ロット6:00 – 15:59 (日本時間)
20ロット
16:00 – 翌5:59 (日本時間)
200ロット6:00 – 15:59 (日本時間)
20ロット
16:00 – 翌5:59 (日本時間)
200ロット6:00 – 15:59 (日本時間)
20ロット
16:00 – 翌5:59 (日本時間)
200ロット6:00 – 15:59 (日本時間)
20ロット
最大ポジション数無制限無制限無制限無制限
両建て時証拠金0%(不要)0%(不要)0%(不要)0%(不要)
マージンコール60%30%30%30%
ロスカット率0%0%0%0%
スキャルピング可能可能可能可能
両建て可能可能可能可能
自動売買可能可能可能可能
注文約定成行約定成行約定成行約定・即時約定・成行約定
追証なしなしなしなし
取引ツール・MT4
・MT5
・独自ツール(Web版・スマホアプリ)
・MT4
・MT5
・独自ツール(Web版・スマホアプリ)
・MT4
・MT5
・独自ツール(Web版・スマホアプリ)
・MT4
・MT5
・独自ツール(Web版・スマホアプリ)

※無制限レバレッジは、「FXのエキゾチック通貨」「仮想通貨」「エネルギー」「株式」「インデックス(指数)」のトレードには使用できません。

Exnessでレバレッジ無制限で取引できるのはFXのメジャー・マイナー通貨ペアと金・銀のみです。

銘柄最大レバレッジ
FX通貨ペアメジャー通貨:2,000倍(無制限◯)
マイナー通貨:2,000倍(無制限
エキゾチック通貨:100~200倍
仮想通貨ペアビットコイン・イーサリアムペア:400倍
リップル・ライトコインペアなど:200倍
その他のペア:20倍
個別株CFD20倍
インデックスUS500・US30・USTEC:400倍
その他:200倍
貴金属金・銀:2,000倍(無制限
プラチナ・パラジウム:100倍
エネルギーWTI原油・ブレンド原油:200倍
AUD/JPYCAD/JPYCHF/JPYDKK/JPYEUR/JPY
GBP/JPYHKD/JPYHUF/JPYMXN/JPYNOK/JPY
NZD/JPYPLN/JPYSEK/JPYSGD/JPYTRY/JPY
USD/JPYZAR/JPYAUD/CADAUD/CHFAUD/CZK
AUD/DKKAUD/GBPAUD/HUFAUD/MXNAUD/NOK
AUD/NZDAUD/PLNAUD/SEKAUD/SGDAUD/TRY
AUD/USDAUD/ZARCAD/CHFCAD/CZKCAD/MXN
CAD/NOKCAD/PLNCAD/TRYCHF/DKKCHF/HUF
CHF/MXNCHF/NOKCHF/PLNCHF/SEKCHF/SGD
CHF/TRYCHF/ZARCZK/PLNDKK/CZKDKK/HUF
DKK/PLNDKK/SGDDKK/ZAREUR/AUDEUR/CAD
EUR/CHFEUR/CZKEUR/DKKEUR/GBPEUR/HKD
EUR/HUFEUR/MXNEUR/NOKEUR/NZDEUR/PLN
EUR/SEKEUR/SGDEUR/TRYEUR/USDEUR/ZAR
GBP/AUDGBP/CADGBP/CHFGBP/CZKGBP/DKK
GBP/HUFGBP/ILSGBP/MXNGBP/NOKGBP/NZD
GBP/PLNGBP/SEKGBP/SGDGBP/TRYGBP/USD
GBP/ZARNOK/DKKNOK/SEKNZD/CZKNZD/DKK
NZD/HUFNZD/MXNNZD/NOKNZD/PLNNZD/SEK
NZD/SGDNZD/TRYNZD/USDNZD/ZARPLN/DKK
PLN/HUFPLN/SEKSEK/DKKSEK/NOKSEK/PLN
SGD/HKDTRY/DKKTRY/ZARUSD/CADUSD/CHF
USD/CNHUSD/CZKUSD/DKKUSD/HKDUSD/HRK
USD/HUFUSD/ILSUSD/MXNUSD/NOKUSD/PLN
USD/RUBUSD/SEKUSD/SGDUSD/THBUSD/TRY
USD/ZAR
※太字はクロス円通貨ペア

ExnessのFXの取扱通貨ペアは非常に多く、トレードしたい通貨ペアがなく困るようなことはないでしょう。

さらに、海外FX業者ではあまり取り扱いのない、南アフリカランド円(ZAR/JPY)やトルコリラ円(TRY/JPY)もしっかりと取り扱っています。

スタンダード口座ロースプレッド口座(※)ゼロ口座(※)プロ口座
USD/JPY0.8pips0.0~0.1pips0.0~0.1pips0.7pips
EUR/USD1.0pips0.0pips0.0pips0.7pips
EUR/JPY1.9pips0.5pips0.0~0.1pips1.1~1.3pips
GBP/JPY2.0pips0.5pips0.0~0.1pips1.2~1.3pips
AUD/JPY2.1pips0.1~0.4pips0.0~0.5pips1.0~1.5pips

※2022年1月時点(目視による確認)

※ロースプレッド口座とゼロ口座は0.1ロット(1万通貨)あたり0.7〜1ドル程度の手数料がかかります。

まず、AUD/JPYのスプレッドが広がっていたのが気になりました。

AUD/JPYをトレードされる方は、今後のスプレッドの動向に注意した方がいいかもしれません。

また、Exnessの口座同士での取引コストの比較では、プロ口座が日本人ユーザーには有利だと思います。

USD/JPYやEUR/USDといった流動性が高い通貨ペアのスプレッドが非常に狭い上に安定しており、どの口座でもスキャルピングやデイトレードが可能でしょう。

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル
LANDFX0.8pips1.5pips1.8pips1.6pips0.8pips
Milton Markets1.2pips1.1pips1.9pips1.4pips1.0pips
GemForex1.2pips1.4pips1.9pips1.6pips1.2pips
Exness0.8pips1.9pips2.0pips2.1pips1.0pips
TitanFX1.33pips1.74pips2.45pips2.12pips1.2pips
AXIORY1.5pips1.7pips2.7pips2.1pips1.3pips
Bigboss1.5pips1.9pips2.5pips1.8pips1.7pips
iFOREX0.9pips1.7pips2.5pips3.5pips0.8pips
HotForex1.7pips1.7pips3.0pips2.3pips1.2pips
TradeView1.8pips1.9pips2.3pips2.6pips1.7pips
FXsuit1.81pips1.95pips2.29pips3.27pips1.8pips
is6FX1.6pips2.3pips3.1pips2.9pips1.5pips
XM1.6pips2.6pips3.5pips3.0pips1.6pips
FXpro1.8pips2.4pips3.6pips3.0pips1.7pips
FBS2.0pips3.0pips4.0pips3.0pips1.1pips
TradersTrust2.0pips3.2pips3.7pips3.5pips1.8pips
FXDD2.3pips3.0pips3.8pips3.5pips1.8pips
iFC Mrkets1.8pips2.5pips5.5pips3.5pips1.8pips
※各社スタンダード口座で比較しています

USD/JPYEUR/USDEUR/JPYGBP/JPYAUD/JPYTRY/JPY
買/売 買/売 買/売 買/売 買/売 買/売
-5/-9-22/-28-40/-711/-13-31/27-2/-468
0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイント

※スワップポイントの単位は「円」(小数点以下切り捨て)

Exnessのスワップポイントは、調査した6通貨ペアの中ではEUR/USDの売りとTRY/JPYの買いのみスワップがプラスという結果になりました。

Exnessでスイングトレードや長期トレードをおこなう際には、マイナススワップに注意が必要でしょう。

一部CFD銘柄ではスワップポイントが発生しない

ExnessではFXの他にCFD銘柄のトレードが可能ですが、一部のCFD銘柄ではスワップポイントが発生しません。

スワップポイントが発生しない銘柄は以下の銘柄です。

  • XAUUSD
  • インデックス(指数)
  • 株式
  • 仮想通貨

また、条件は公開されていませんがFXのメジャー通貨ペアに関してもスワップポイントが発生しなくなる場合があります。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

1-3. ExnessをXM・iFOREXと比較

ExnessXMiFOREX
最大レバレッジ無制限888倍400倍
最低スプレッド(USD/JPY)0.3pips(スタンダード口座)1.5pips
(スタンダード口座)
0.7pips(スタンダード口座)
約定スピード△(指標時に決済できなかったとの報告あり)◎(140-179ミリ秒:公式サイトより)△(情報非公開のため不明。口コミは「普通」が多い)
ボーナス△(現在はないが、過去にボーナスキャンペーンを開催)〇(入金100%ボーナスキャンペーンなどを定期的に開催)〇(100% + 25%ウェルカムボーナス実施中)
日本語サポート◎(日本語ネイティブによるサポート)
ゼロカットシステム
信託保全なし(分別管理)上限無しの信託保全ありなし(分別管理)
取引プラットフォーム・MT4
・MT5
・独自ツール(Web版・スマホアプリ)
・MT4
・MT5
・cTrader
・独自ツール(Web版・スマホアプリ)
今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

2. Exnessの評判・口コミを8項目から評価【Twitter・2ちゃんねる・5ch】

Exnessの口コミ評価
信頼性・安全性
 (4)
レバレッジ
 (5)
スプレッド
 (2.5)
約定力
 (1)
サーバー強度
 (1)
CFD取引
 (4)
仮想通貨(ビットコイン)
 (3)
出金
 (2)

Exnessの口コミ・評判をTwitterにて丸一日かけて調査しました。

Exnessの利用を検討している方は、実際の利用者が感じた良い点・悪い点にしっかり目を通してきましょう。

2-1. 信頼性・安全性に関する評判

fxgtは毎月数件の出金拒否がでてる。規約違反が原因っぽいけど、基本的にはユーザーが規約違反できないようなシステムを作るべき。継続して出金拒否があるのはシステムが改善できてない証拠。Exnessはそれができてる。

Twitterから引用

hotforexは超優良ブローカーだと思うけどね

出金拒否とか心配する必要が無いレベル

exnessと同等ぐらいの安心感はありますよ

Twitterから引用

まぁ最近出てきたブローカーの中では

金融ライセンスと言う観点
日本人サポートと言う観点
実態を明確に把握した観点

この3秒子揃ってるのは

easy markets
exness

ですね

日本以外にもお客さんがいるから信頼度が違う

FXGTはまだキプロスの実態を見に行ってないので上記には含めてないです

Twitterから引用

ExnessはTwitterや2chなど日本人ユーザーから不当に出金拒否をされたという口コミは見当たりませんでした。

唯一、Forex Peace Armyにて外国人ユーザーから出金拒否・口座凍結されたという評判はありましたが真意は不明。

おそらく、入出金手段によっては一時的に出金差し止めになる可能性もあります。

むしろForex Peace Armyの口コミに対し、Exness側でもコメント対応をしていたので真摯な印象を受けました。

2-2. レバレッジに関する評判

7 :名無しさん@お金いっぱい。

exnessもっと流行っていいと思うんだけど。
入出金早くてゼロ口座だと約定強いしスプも狭い。

2ちゃんねるから引用

ボナスなしでレバとスプレッドと約定性能だけでガチで入金してトレードするなら?

Exness>Three>Titan>Axiory>FXGT>XM>Gem>Is6>

あくまでも個人的な意見。

Twitterから引用

Exnessはレバレッジ無制限で1万円で5ロット発射したり出来る。出来るか出来ないかで言ったら発射出来る。 可能だ。

けどそれはボーナスがない代わりのおまけみたいなもんでExnessの凄さはそこじゃない。

Twitterから引用

流行りのexnessに10万円入れてコソトレしてたらあれよあれよと+158万円

初手10万円で30ロット打って利確できたお陰なのエクスネス最高かよ(இдஇ; )

Twitterから引用

25 :名無しさん@お金いっぱい。

重要指標時間前後でレバ200に制限されるが

2ちゃんねるから引用

Exnessは指標前後などのレバレッジ制限を理解しないとだ。

証拠金不足で注文できなかったり、入金額のほとんどを証拠金で使い、エントリー直後に維持率100%になったりするから、危ない。

新規ポジションだけ制限がかかるので、事前に仕込むか、指標5分間はノーポジになったりと。。。

Twitterから引用

レバレッジ無制限の海外業者「EXNESS」 ポジり放題で最高 なんだけど

調子に乗って枚数増やし過ぎると 一瞬でちぬ。。。 自制心が大事

Twitterから引用

やはり、Exnessでは「レバレッジ無制限」という点で、少額から大きなリターンを狙いたいトレーダーに利用されている印象です。

ただし、Exnessのレバレッジは、

  • 経済指標前後は最大レバレッジ200倍まで制限
  • 口座残高(有効証拠金)によってレバレッジ制限

2つにより、レバレッジ制限がされる場合があるため事前にルールを理解しておく必要があります。

2-3. スプレッドに関する評判

普段スイングだからあんまりスプレッド気にしてないけどスキャやるとやっぱり気にしないといけない。

そうなるとexnessとミルトンはやっぱり使いやすい。

Twitterから引用

92 :名無しさん@お金いっぱい。:

かなり朝方は広がる。
他業者より広いね。
ただ昼間のスプは狭い(7~8)感じ。

2ちゃんねるから引用

95 :名無しさん@お金いっぱい。:

スワップが無くてスプ狭いのが取り柄だぞ
それがなきゃ他に移ってるわ

2ちゃんねるから引用

exnessがゴミみたいなスプレッドだから今日はやれないな

Twitterから引用

ドル円スプレッド

XM25~30プルプル

Exness 73

Twitterから引用

11 :名無しさん@お金いっぱい。

毎日9時過ぎるまでスプ広がってる

2ちゃんねるから引用

48 :名無しさん@お金いっぱい。:

5年以上前に使ってたけど
やたら朝方はスプ開いてたな

2ちゃんねるから引用

78 :名無しさん@お金いっぱい。

スプレッドが狭いと思って口座作ったが約定する瞬間に異常に開く

SL付近でも意味不明なくらい開く

とにかくスプレッドが安定せず10pは普通に動くのでXM以下

2ちゃんねるから引用

Exnessでは平均スプレッドが狭い事でも知られていますが「スプレッドが大きく開きやすい」という意見も多く見られました。

利用者からは「朝方などにスプレッドが開きやすい」という意見も多く見られたため、流動性の低い時間帯での取引は控えるべきでしょう。

2-4. 約定力に関する評判

7 :名無しさん@お金いっぱい。

exnessもっと流行っていいと思うんだけど。
入出金早くてゼロ口座だと約定強いしスプも狭い。

2ちゃんねるから引用

19 :名無しさん@お金いっぱい。

秒スキャとかやる奴にはあまり勧めない
値動きある時とにかく約定しない
チャンス逃すか滑ってマイナスになる
デイトレでの使い勝手は知らん
全額出金した

2ちゃんねるから引用

38 :名無しさん@お金いっぱい。:

利益出てるポジの約定はクソ遅い

損してるポジの約定は早いウンコ業者

2ちゃんねるから引用

58 :名無しさん@お金いっぱい。:

ここめっちゃリクオートなる

2ちゃんねるから引用

exnessのVPSも契約してるって

雇用統計後に10分くらい注文のキャンセルもできないんだぞ

とっくにレート通過してしまった逆指値がずっと残ってて、どのタイミングでいくらで急に執行されるかわからないとか怖すぎるだろ

前なんて画面上どんどん利益増えてたポジが急に消えて見たら数分前のレートで損切りされてたし

2ちゃんねるから引用

残念ながらExnessでは約定力に関する悪評が非常に多く見られました。

実際の利用者からは「とにかく滑る」「滑った分、後からエントリーされる」「キャンセルすらできない」

など、トレードに大きく支障をきたす約定トラブルが多発しているようです。

そのため、約定力が求められるスキャルピングやデイトレードでの取引にはリスクがあります。

実際の利用者の意見でもありますが、Exnessでは「約定力が重視されないスイングトレードに向いている」と言えるでしょう。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

2-5. サーバー強度に関する評判

3 :名無しさん@お金いっぱい。

リアルタイム出金は良いんだけど、鯖弱すぎ

2ちゃんねるから引用

37 :名無しさん@お金いっぱい。:

サーバーが弱いのだけが欠点、この間も止まった。
あとは文句なし。

2ちゃんねるから引用

28 :名無しさん@お金いっぱい。:

そうだよね

鯖弱いしちょくちょく繋がらなくなるし色々使いにくい

ここは少額ギャンブル専用にしたほうがいい

2ちゃんねるから引用

50 :名無しさん@お金いっぱい。:

ハイレバで10ロット以上利益確定させるとしばらく鯖落ちしやがる

2ちゃんねるから引用

88 :名無しさん@お金いっぱい。:

ゴールドで10ドル近く滑ったことある
サーバーが重いと注文受け付けないからキャンセルすらできない

2ちゃんねるから引用

Exnessの評判には特に「サーバーダウン」の悪評が多く見られました。

実際のユーザーからも「サーバーダウンが頻繁している」という声が上がっており、「サーバーの弱さNo.1」とも言われています。

そのため、短期トレードなどポジション管理を頻繁に行うトレードではリスクがあります。

「約定力・サーバーの弱さ」からも、やはりExnessではスイングトレードでの取引が安全でしょう。

2-6. CFD(ゴールド・原油)取引に関する評判

じゃあ海外FXブローカーでWTI原油をポジるならどこが良いかをツイートしていく

exnessプロ口座 スプレッドが3.9に下がったのにここ最近は5.9になってる
ただし、スワップフリーだからLもSスイングはしやすい

②スリートレーダーRAW口座
スプレッド2〜4+1LOT往復400円 Lはスワッププラス

Twitterから引用

ゴールドの新記事を作るとしたら

【海外FX】ゴールドでFXする人気ブローカー比較

って感じかね

内容は
XMとgem forex vsその他ブローカー

が一番わかりやすいかもしれないね

戦略上は長期スイングならexnessのスワップフリー
短期ならスリートレーダー
激ボラ時ならeasymarketsのvip口座

かな

Twitterから引用

久しぶりにブローカーの棚卸し。
通貨  :LandFX or Exness
指数  :XM or Exness
ゴールド:Exness

結論:Exnessのプロ口座が強すぎる。
ただ約定拒否があるらしいから使えるかはやってみないと分からない。

Twitterから引用

もうあまり無茶しないでちゃんと待つことにしました

しっかり狙って打つ。 打ったらいらんことしない。 Exnessで金のスキャルは危険

スプレッドがかなり広めで不安定。

Twitterから引用

20 :名無しさん@お金いっぱい。

俺も去年ゴールドで使ってたけど約定しなかったねぇw
速攻でxmに変えたけど

2ちゃんねるから引用

exnessの指数は8時30オープン

これは窓開けで安易にポジるなと言う事かもしれんな

いや、不便だから8時スタートが良いから言ってあるけど

Twitterから引用

exnessは原油のロットがgemの10倍でした、、、、、

Twitterから引用

exnessは原油のロットがgemの10倍でした、、、、、

Twitterから引用

exnessの原油、ロット当たりの単位が他のブローカーとは違ってて、1ロットで1000バレルだからな

Twitterから引用

ExnessのCFDは一部スワップフリーというメリットがあります。

スワップフリーの商品
  • XAUUSD(ゴールド)
  • インデックス(指数)
  • 株式
  • 仮想通貨

特に、Exnessの中でもゴールドは人気があり、スワップがフリーな事からスイングトレードでの取引に有利と言われています。

そのため、Exnessの効果的な使い方として「スワップフリーのCFDをスイングトレードする」という手法は試してみても良いでしょう。

2-7. 仮想通貨(ビットコイン)取引に関する評判

今レバポジは海外取引所のExnessを使っているんだけど、
何が良いってスワポが全くかからないこと。
ビットコインでもゴールドでもナスダックでもゼロカにならなきゃいつまで持っててもスワポ取られない。
スイングしたいので、ある程度含み益が出たら証拠金を全て別口座に移して別のペアポジってる。

Twitterから引用

朗報
FXGTのコイン通貨トレードは4時間おきに−スワップが発生しますが
exnessはスワップなし

ただしexnessの方がスプレッドが広い

月曜日からビットコインのスプレッド20%減の告知がありましたが、それでもFXGTのほうが狭い

スキャならFXGT
デイ、スイならexnessですかね

一長一短

Twitterから引用

なんかexnessのビットコインしょっちゅう固まってるんだけど。

Twitterから引用

8 :名無しさん@お金いっぱい。

BTCのスプは広すぎないか?
普段でも10000とか週末20000以上あったりして手を出す気になれない

2ちゃんねるから引用

79 :名無しさん@お金いっぱい。:

ここの仮想通貨ってどう?

80 :名無しさん@お金いっぱい。:

>>79
スプレッドが突然大きく開くのでスキャデイトレ不向き
スイング向け

2ちゃんねるから引用

Exnessの仮想通貨FXはスワップフリーなので、スイングトレードに向いていると言えます。

一方、Exnessのビットコインは「スプレッドが広い」「サーバーが落ちやすい」というデメリットがあるため、スキャルピングなどのデイトレードには不向きです。

スキャルピング・デイトレードなどの短期売買で仮想通貨FXをしたい人は、FXGTがオススメできるでしょう。

2-8. 出金に関する評判

63 :名無しさん@お金いっぱい。:

鯖弱いし融通効かないこともあるけど色々使いやすいよ

ここのメリットは土日でも出金や資金移動ができること
値落ちしても証拠金以外の金額なら移動できる
土日のニュースでヤバそうなら移動させれば損失を減らせる

2ちゃんねるから引用

exness即日着金

Twitterから引用

Exnessの入出金が変わったのは良いが出金スピードが激遅になったのは問題だ(;´・ω・)
今までは秒速で入金されてたのに・・・

Twitterから引用

exnessは銀行出金がまだ弱い

この解決方法は

ビットウォレットで入出金を管理
⬇️
TITAN、スリートレーダー、TTCMにビットウォレットで入金
⬇️
軽くトレードする
⬇️
銀行出金

これで解決します

Twitterから引用

exness入金分は出金できたが利益分出金かけても音沙汰なし。サポートもまったく反応してくれない

なぜだ?詳しい方いますか。

Twitterから引用

おいおい!

exnessで取引停止されてるよ!

なんじゃねんこれ。

サポートに問い合わせたら聞きたいことあるからメールするって。

サポートに話をして利益分出金してもええ?って聞いたら出金できない可能性あるって言われたけど、できひんわ。

こんなオッサン難しいインチキしてないど!

Twitterから引用
Exnessの出金ルール
  • 名義やメールアドレスが同一である必要がある
  • 入金時と同じ決済方法でのみ出金可能
  • クレジット・デビットカードでは利益分の出金が不可
  • Exnessの出金には優先順位がある
  • 複数の方法で入金した場合は、入金と同比率での出金が必要

Exnessでは上記のように出金ルールが複雑であり、ルールを無視して出金しようとすると拒否される可能性もあります。

そのため、Exnessを利用する際には出金を想定して、あらかじめ入金手段を統一するなどの対策をしておきましょう。

2-9. その他の評判

exnessの無制限レバレッジの真の活用術は、『ポジ持ってる最中でも資金移動で種銭を(+αも)逃がせる』という特徴を使ってのノーリスクトレード

これなら、プラスがマイ転したとしても安全に切ることができる

ちなみにオレは建値乙になるのが嫌で毎回握りまくって死んでる

Twitterから引用

Exnessの裏技

200倍規制ゾーン中でも少額でエントリーする方法があります。
例えば雇用統計の時など。 もどかしいですよね。

①レバレッジ無制限状態の時に両建て

②例えば雇用統計でも伸びると思った方向の逆ポジを切る

③エントリーしたのと実質同じ
※維持率0%まで死にません ※ロットは余裕を

Twitterから引用

先日EXNESSプロ口座作って見たけどいいな。

一番は取引手数料かからない!

ロット多いと手数料だけで相当持ってかれる。

去年半年EAで持ってかれた手数料よスプレッドもA社ナノスプレッドと同じかちょい狭位。

売買手数料取らずにこのスプレッドは凄いな。

Twitterから引用

Exnessは
レバレッジ高いから証拠金少なく済んで
ゼロカットまでロスカないし
ゴールドのスワップ0なのが
とてもいいんだけど
他の業者と比べて
4時間確定の基準時間が1時間ズレてたり、インジケータの数値違ったり
当然水平線なんかもズレたりするのが
最大の欠点。

これだけはなんとかならんかね。

Twitterから引用

EXnessの口座をMT4に紐付けたら

こんな感じで文字化けしたんですが、、、

同じような方いますか?

twitterからの引用

※Exnessの文字化けは英数字にすれば直るとの報告があります。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

3. Exness(エクスネス)のメリット6選

評判や他社との比較でわかったExnessのメリットを6つ解説します。

3-1. 海外FXで最もレバレッジが大きい(レバレッジ無制限)

レバレッジ無制限で取引できる銘柄
  • メジャー通貨ペア
  • マイナー通貨ペア
  • 金・銀

※無制限レバレッジは、FXのエキゾチック通貨、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス(指数)のトレードには使用できません。

レバレッジ無制限を利用する条件
  1. 取引口座の有効証拠金が1,000ドル未満であること
  2. 10ポジション(指値注文を除く)以上決済していること
  3. 5ロット以上決済していること

無制限レバレッジは、上記すべての前提条件が満たされた場合にのみロックが解除されます。

やはりExnessの最大の魅力は「レバレッジ無制限」を生かし、少額で大きな利益を狙えることでしょう。

実際に利用者の口コミでもExnessのレバレッジの高さを評価する声が多く見られました。

ただし、Exnessでは有効証拠金によって最大レバレッジが制限される条件もあります。

Exnessのレバレッジ制限

有効証拠金 利用可能な最大レバレッジ
0~999ドル※無制限
0~4,999ドル2,000倍
5,000~29,999ドル1,000倍
30,000ドル以上500倍

レバレッジ無制限を選択すると、口座の有効証拠金が一定額を超えるたびに最大レバレッジが自動的に変更となるため、レバレッジ制限には注意しておきましょう。

3-2. プロ口座は取引手数料無料かつスプレッドが狭い

Exnessのプロ口座は、取引手数料が無料かつスプレッドが狭いです。

今回の目視での確認では、日本人ユーザーに人気のドル円は平均0.7pips程度あり手数料も無料であるため、スキャルピングやデイトレードができるレベルの取引コストでした。

海外FX業者の中ではかなり取引コストが低いと思われるため、Exnessのプロ口座は短期トレードに有利であると言えるでしょう。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

ただし、Exnessではスプレッドが開きやすい傾向にあるため注意が必要です。(特に朝方など)

3-3. 一部の銘柄でスワップポイントが発生しない(スワップフリー)

ExnessではFXの他にCFD銘柄のトレードが可能ですが、一部のCFD銘柄ではスワップポイントが発生しない銘柄があります(スワップフリー)。

Exnessでスワップポイントが発生しない銘柄は以下です。

  • XAUUSD(金)
  • 全インデックス銘柄
  • 全株式銘柄
  • 全仮想通貨ペア

そのため、マイナススワップを気にせずスイングトレードや長期トレードをすることもできます。

また、条件は公開されていませんがFXのメジャー通貨ペアに関してもスワップポイントが発生しなくなる場合があります。

3-4.日本語ネイティブによるサポートが受けられる

サポート体制

日本語対応受付時間
電話なしなし
メールあり24時間365日
ライブチャットあり月曜日 から土曜日8:00から 00:00まで

Exnessでは、日本語ネイティブによるサポートを受けることができます。

日本語ネイティブによるサポートは、Exnessを利用する日本人ユーザーにとって安心できる材料になるでしょう。

海外FX業者の中には「日本語サポート」となっていても、日本語を学んだ外国人がサポートをおこなっていることがあります。

しかし、Exnessでは日本語ネイティブによるサポートを受けることができるため、やり取りもスムーズにできそうです。

3-5. グループ会社で複数のライセンスを取得しているため信頼性が高い

exnessって日本向けにはセーシェルライセンス持ってて、グループの親玉はキプロス、イギリスのライセンス持ってるのか

XMと似た運営形態なんだなあ

Twitterから引用

海外ブローカーは不透明な点や日本語での対応も不十分な場合が多く、信頼性について疑問を持たれる方が多いはずです。

そこで鍵となるのは、その業者が保有しているライセンスです。

信頼できるブローカーはライセンスを多く持っているだけでなく、ライセンス自体が信頼性のあるものです。

エクスネスはセーシェルやイギリス、キプロスなどを始め、3個のライセンスを所持しているので、海外業者の中ではそこそこ信頼性は担保されている印象です。

3-6. ロスカット水準0%【業界最小レベル】

Exnessはロスカット水準が証拠金維持率の0%以下と業界で最も低いレベルです。

海外FXでロスカット水準が0%の業者は「Exness」と「iFOREX」の2社しかありません

ロスカット水準が低いことで、証拠金ギリギリまでロスカットに耐えることができます。

特にExnessはレバレッジが高いためロスカットされやすい傾向にありますが、ロスカット水準が低いことでギリギリまで粘ったトレードができるでしょう。

4. Exness(エクスネス)のデメリット8選

Exnessは2022年3月に全商品ストップレベルが0になりました。

4-1. レバレッジが高すぎるためロスカットされるリスクが高い

Exnessは「レバレッジ無制限」という特殊なトレード環境であるため、無計画に大きなレバレッジをかすぎる、あっという間にロスカットされるリスクがあります。

特に「Exnessのレバレッジ無制限で大きく稼ぎたい」と思っている初心者の場合は、証拠金維持率やポジション管理も考えておかなければ危険です。

もちろん、Exnessではゼロカットシステムを採用しており追証(借金)はありませんが、強制ロスカットされると口座資金を全て失うことになるため、

初心者の場合はデモ口座で感覚をつかんでからリアル口座でトレードすることをオススメします。

4-2. レバレッジ制限でポジションを強制決済される場合がある

Exnessでは「土日・祝日の前後」「経済指標発表時の前後」などレバレッジが最大200倍に制限される場合があります。

仮に、指標発表時の前後のレバレッジ制限時に実行レバレッジ200倍を超えるポジションを持っていた場合は、強制的に決済されるため注意が必要です。

そのため、指標発表時を狙いゼロカット承知でハイレバトレードをすることはできません。

Exnessで200倍を超えるハイレバで取引しようと考えている方は、経済指標発表タイミングを理解しポジション管理をしましょう。

Exnessのレバレッジ制限について詳しく

4-3. 約定力が低い(利用者の体験談)

Exnessでは、大きな指標時など価格が大きく動きそうな時間帯のトレードには注意が必要です。

なぜなら、「指標時に利確できなかった」という口コミが何件か見られたからです。

ただし、原因はアメリカの消費者物価指数(CPI)発表時に一時決済エラーが発生したからであり、大きな指標前後のトレードをしないようにすれば対策は取れそうです。

4-4. スプレッドが大きく広がりやすい(利用者の体験談)

今日もエクスネスのビットコ動くとスプ広くなるな~💦 1200円とか。スキャ出来ない\(^o^)/オワタ

Twitterから引用

エクスネスはスプレッドが狭く、取引がしやすいことをお伝えしました。

しかし、実際のユーザーの体験談によると、時々大きくスプレッドが変動することがあり、時には1pipsから8pipsまで大きく広がった事例もあったそうです。

FXでは経済指標発表時などスプレッドが大きく開くタイミングもありますが、

平常時でもスプレッドの開きやすい業者はロスカットのリスクが高まり危険です。

なので、安全にFXで取引したい人はスプレッドの安定する業者を利用することがおすすめです。

したがって仮想通貨でのデイトレードなどを考えている方には、エクスネスはおすすめできません。

4-5. サーバーが弱くダウンしやすい(利用者の体験談)

Exnessでは利用者から「サーバーダウンが多発している」という意見が非常に多く見られました。

中には、「サーバーダウンが発生しすぎてワザとやっているのでは?」と疑う意見も多くあったことから、不信感を感じるレベルで被害を受けているようです。

そのため、スキャルピングやデイトレードなど、ポジション管理を頻繁に行うトレードでは致命的なデメリットになるでしょう。

4-6. 出金ルールが複雑なのでトラブルが発生しやすい

Exnessでは「出金ルールが複雑」というデメリットがあり、ルールを無視して出金しようとすると拒否される可能性もあります。

Exnessの出金ルール
  • 名義やメールアドレスが同一である必要がある
  • 入金時と同じ決済方法でのみ出金可能
  • クレジット・デビットカードでは利益分の出金が不可
  • Exnessの出金には優先順位がある
  • 複数の方法で入金した場合は、入金と同比率での出金が必要

特に、複数の手段で入金した場合には、入金比率と同様に出金手段を選ばないといけないので非常に面倒です。

正直、出金手段が複雑であるために出金拒否の評判が増えていると思います。

そのため、Exnessを利用する際には出金を想定して、あらかじめ入金手段を統一するなどの対策をしておきましょう。

4-7. ボーナスキャンペーンは一切実施していない

現在、Exnessには海外FX業者の大きな魅力と言える「ボーナス」がありません。

ボーナスがあれば、より大きな保有ポジションを取ることができるため早くボーナスを導入してほしいところです。

過去にはボーナスキャンペーンを開催していたこともあったため、今後に期待しましょう。

4-8. スタンダード口座以外では最低入金額が1,000ドルと高め

Exnessでは、スタンダード口座以外では最低入金額が1,000ドルと高めになっています。

スタンダード口座は1ドルから入金可能であるため、ハードルが非常に低いのに対して他の口座は1,000ドルから入金可能とハードルが高めです。

ただし、2回目からの入金は1ドルから可能になるため、ハードルは一気に下がります。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

5. Exnessでレバレッジ制限される4つの条件【要注意】

Exnessはレバレッジ無制限と非常に大きいですが、レバレッジ制限の条件も多くあります。

中には、レバレッジ制限によってポジションを強制決済される場合もあるので、Exnessで取引する場合は必ず理解しておきましょう。

5-1. 口座残高(有効証拠金)によるレバレッジ制限【2,000〜500倍に制限】

口座残高
(有効証拠金)
最大レバレッジ
0~999ドル※無制限
0~4,999ドル2,000倍
5,000~29,999ドル1,000倍
30,000ドル以上500倍

レバレッジ無制限を選択すると、口座の有効証拠金が一定額を超えるたびに最大レバレッジが自動的に変更となるため、レバレッジ制限には注意しておきましょう。

5-2. 経済指標発表の15分前〜発表後の5分間【200倍に制限】

Exnessでは「経済指標発表15分前〜発表後から5分後まで」レバレッジが最大200倍に制限されます。

仮に、指標発表時の前後のレバレッジ制限時に実行レバレッジ200倍を超えるポジションを持っていた場合は、強制的に決済されるため注意が必要です。

Exnessで200倍を超えるハイレバで取引しようと考えている方は、経済指標発表タイミングを理解しポジション管理をしましょう。

Exness公式の経済指標発表カレンダー

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

公式サイトではカレンダーも掲載しているので必ず把握してトレードしましょう。

5-3. 土日・祝日の市場の開始・終了前後の時間帯【200倍に制限】

タイミング日本時間(※)最大レバレッジ
金曜日のクローズ3時間前土曜日:午前3時〜午前7時200倍
月曜日のオープン直後の2時間月曜日:午前6時〜午前9時200倍
祝日の前後不明(メールでお知らせ)200倍

※サマータイムの時間帯で表記しています。サマータイム以外は1時間後にずれます。

レバレッジ制限時に実行レバレッジ200倍を超えるポジションを持っていた場合は、強制的に決済されるため注意が必要です。

5-4. ゴールド・シルバーは毎日の休憩時間30分前に制限がかかる【1,000倍に制限】

Exnessでは金・銀の取引限定で、午前6時29分〜6時59分までの30分間だけレバレッジが1,000倍制限されます。

※サマータイムの時間帯で表記しています。サマータイム以外は1時間後にずれます。

レバレッジ制限時に実行レバレッジ1,000倍を超えるポジションを持っていた場合は、強制的に決済されるため注意が必要です。

また、日本時間で6時59分〜8時の時間帯はゴールド・シルバーの取引はできません。(サマータイムの場合は1時間後にずれます)

レバレッジ制限は最大1000倍と比較的緩いので、ポジション管理だけは行うようにしましょう。

今すぐレバレッジ無制限を体感
Exnessで口座開設する

5. Exnessの使い方は「ハイレバ×スイングトレード」での取引がオススメ!

Exnessのメリット・デメリットを見比べると、結論「スイングトレード」での取引が一番有利にできると判明しました。

特に、Exnessでは一部のCFD商品でスワップが発生しないためポジションの長期保有に有利です。

  • XAUUSD
  • 全インデックス銘柄
  • 全株式銘柄
  • 全仮想通貨ペア

他社のCFDではマイナススワップが大きい業者も多いため、上記CFD銘柄をスイングトレードするのであればExnessがオススメできます。

一方、Exnessではデメリットとして「約定力の悪さ」「サーバーの弱さ」「スプレッドの拡大しやすさ」が挙げられます。

そのため、「Exnessのレバレッジ無制限を使って短期間で一攫千金を狙いたい!」という方も多いかもしれませんが、

スキャルピング・デイトレードでの短期売買では、スリッページやサーバーダウン、スプレッド拡大によって損するリスクもあります。

もちろん、Exnessでは「追証なしのゼロカットシステム」が備わっていることにより、大損しても追証(借金)は発生しませんが、

スリッページやサーバーダウンによってチャンスを逃すのは非常に不満を感じると思うので、「ハイレバ×短期売買」で一攫千金を狙いたい人は、以下スキャルピングに有利な業者の利用がオススメです。

スイングトレードで攻める
Exnessで口座開設する

5-1. Exnessでオススメのトレード手法は「ゴールドのスイングトレード」

Exnessのゴールドは「レバレッジ無制限」「スワップフリー」という2つのメリットを併せ持っています。

特にゴールドはマイナススワップが大きく、長期保有での取引で損する業者も多いです。

そのため、Exnessのゴールドはスワップフリーであるためにスイングトレードに最適と言えます。

ただし、ゴールドは価格変動が大きい商品なので、スイングトレードとなるとレバレッジやポジション管理に気をつけておかなければロスカットされるリスクも高まります。

さらに、Exnessでは「午前6時29分〜6時59分までの30分間だけ金・銀のレバレッジが1,000倍に制限される」

という注意点もあり、レバレッジ制限時に1000倍を超える実行レバレッジの場合は、超過分のポジションを強制決済されるため注意が必要です。

そのため、Exnessでのゴールドは実行レバレッジ1,000倍以下での取引がオススメできます。

まとめると、Exnessのゴールドは「実行レバレッジ1,000倍以下のスイングトレード」であれば最も有利にトレードできるでしょう。

CFDのスイングトレードなら
Exnessで口座開設する

6.【注意】Exnessでのスキャルピング・デイトレードはオススメできない!

特にExnessでは利用者の体験談から「約定力が低い」「スプレッドが広がりやすい」「サーバーダウンが多い」という、

スキャルピング・デイトレードにおいて致命的な弱点が見つかりました。

つまり、Exnessでスキャルピング・デイトレード等の短期売買をすると、

  • 細かいスリッページが損失を受ける
  • サーバーダウンによりポジション管理ができなくなる
  • スプレッドの広がりで損する

などのトラブルに巻き込まれるリスクが高いです。

そのため「Exnessのハイレバスキャルピングで短期的に大きく稼ぎたい」というユーザーも多いと思いますが、

スキャルピングで取引するなら「レバレッジ・約定力」が共に高い業者で取引する方が安全です。

特にMilton Marketsは以下3つの条件を揃えているため「ハイレバ×スキャルピング」でオススメの業者になります。

  • レバレッジ1,000倍
  • 豪華なボーナス
  • 高い約定力(スリッページ保証付き)

Exnessでスキャルピングをやろうと思っている方は、以下の記事でスキャルピングに有利な業者を探し直して見ることをおすすめします。

スキャルピング最強業者なら
MiltonMarketsで口座開設する