【プロバイダ比較】@niftyよりも当サイトからBroadWiMAXで契約すべき唯一の理由

この記事は要するに…
  • @niftyではなく、BroadWiMAXのキャンペーンで契約すべき2つの理由とは
  • BroadWiMAXは最安値かつ確実に割引を受けられる。
  • @niftyで契約すべき人の特徴
  • 20社を超えるプロバイダの中でなぜBroadWiMAXのキャンペーンが最もおすすめなのか?

最新の正確なWiMAXキャンペーン比較、速報中!詳しくは、「全24社WiMAXキャンペーン比較、今日買うならここだ!」

「BroadWiMAXと@niftyならどっちで契約すべき?」

「BroadWiMAXで契約すべきではない旨の記事たくさんあるけど本当?」
「結局どこでWiMAXを契約するのが最もお得なの?」

WiMAXは約20社以上のプロバイダ(販売代理店)が存在していて、各社料金やキャンペーンの内容など様々です。

今回はそんなWiMAXのプロバイダの中で、大手2社であるBroadWiMAXと@niftyを比較して、BroadWiMAXで契約すべき理由について解説していきます。

またトレンドWi-Fi限定キャンペーンを利用することで、BroadWiMAXをどのプロバイダと比較しても最安で契約できますので興味ある方はご覧ください!

目次

【結論】@niftyと比較してBroadWiMAXをおすすめする2つの理由とは

出典: https://wimax-broad.jp/

後ほど詳しく解説をしていきますが、結論から先に述べさせていただきます。 @niftyよりもBroadWiMAXをおすすめする理由は以下の2つです。

①3年間の総合計金額が、BroadWiMAXの方がお得である。


それぞれの総合計金額は以下の通りです。

  • BroadWiMAX:134,352円
  • @nifty(キャッシュバック):158,240円

②WiMAXの契約とは別に@nifty会員になる必要がある。


@niftyで契約する場合、月額250円で@nifty会員になる必要があります。

WiMAXを解約のしても@nifty会員が解約される訳ではないので注意が必要です。

それでは上記で述べた事に対して、順を追って丁寧に解説していきます。

【徹底比較】@niftyよりもBroadWiMAXで必ず契約すべき2つの理由

ではここから詳しく確認していきましょう!

①3年間の合計金額がBroadWiMAXの方が安い

出典: https://setsuzoku.nifty.com/promo/ad/wimax_siyouken.htm

現在の料金表をご覧ください!

プロバイダ 契約年数 実質月数(キャンペーン込み) キャンペーン 3年総額
GMOとくとくBB(キャッシュバック) GMOとくとくBB(キャッシュバック) 3年 3,534円 キャッシュバック28,000円 130,769円
BroadWiMAX BroadWiMAX 3年 3,631円 月額割引 134,352円
GMOとくとくBB(月額割) GMOとくとくBB(月額割) 3年 3,581円 月額料金割引+キャッシュバック3,000円 132,494円
JPWiMAXJPWiMAX 3年 3,449円 月額料金割引 & Amazonギフト券10,000円 127,600円
BIGLOBE BIGLOBE 1年 4,228円 キャッシュバック15,000円 150,480円
@nifty @nifty 3年 4,277円 月額料金割引 158,240円
So-net So-net 3年 4,018円 月額料金割引 148,656円
UQWiMAX UQWiMAX 2年 4,608円 旧機種は3,000円キャッシュバック 161,856円
ビックカメラ ビックカメラ 3年 4,366円 最大20,000円割引(旧機種のみ) 161,560円
au au 2年 4,792円 月額割引 161,804円

ここからわかる通り、BroadWiMAXの方がお得であるということがわかりました。

@niftyと比較すると約数万円以上もの差があるということがわかりました。

②WiMAXの契約とは別に@nifty会員になる必要がある。

@niftyでWiMAXを契約する場合、月額250円を支払う@nifty会員にならなくてはなりません。

この金額は、WiMAXの月額料金に含まれていますがWiMAXを解約してもそのまま継続にありますので@nifty会員の解約を忘れないようにしましょう。

反対に、すでに@nifty会員の方はこの料金を支払う必要がありません。

以上の理由から、@niftyではなくてBroadWiMAXで契約すべきだということをお分かり頂けたと思います。

しかしながら@niftyにも1つBroadWiMAXよりも優れている点がございますので紹介します。

@niftyがBroadWiMAXと比較して優れている小さな1つのこと

@niftyにはBroadWiMAXよりも優れている小さなことが1点ありましたので解説します。

@niftyは有料オプションへの加入義務がない

@niftyは有料オプションへの加入義務がないので、解約を忘れて損をすることはありません

反対にBroadWiMAXは契約の際に以下3つの中から2つの有料サポートに強制加入させられます。

出典: https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAXのは上記の通り3つのサポートが存在しており、そのうちの2つに加入しないと初期費用が無料にならないので注意が必要です。

安心サポート(月額605円)


端末が故障した際のサポートサービス。

初月の605円はかかってしまいますが、必要なければ確実に解約しましょう。

MyBroadサポート(月額997円)


PCやスマホの相談ができるサービス。

契約後2ヶ月は無料ですので、費用はかかりません。

okaimoa(月額660円)


ネットスーパーを利用できるサービス

契約後2ヶ月は無料ですので、費用はかかりません。

ここからわかる通り、強いて言うなら「安心サポート」は加入する必要性はありそうですが、残り2つは無いと思います。

解約を忘れて、毎月1,000円程度の支払いが発生してしまっては勿体無いので注意しましょう。

契約直後に解約をすれば料金が発生することはないので安心してください!

あくまでこの1つは少々優れているだけなので、これだけでは@niftyはおすすめだとは言えません。

大半の人はBroadWiMAXの方がおすすめであるということをお分かりいただいたと思いますが、ここから分かる@niftyで契約すべき人は以下の通りです。

@niftyで契約すべき人

既に@nifty会員である人

既に@nifty会員の人は、月額250円分安くなります。

他の@niftyのサービス等を利用していて、既に会員の方は3年間で9,000円も安くなりますので、おすすめできます。

逆に@nifty会員でない方は、特に安い訳でもなく解約のリスクもありますので、おすすめすることはできません。

@niftyのキャンペーン詳細や注意点など、さらに詳しくは「niftyでWiMAXを契約するメリット・デメリット等を全解説 」をご覧下さい!

最後にBroadWiMAXを全てのプロバイダと比較してもおすすめできる理由を簡単に説明します。

WiMAXを契約するのであれば、@niftyではなくBroadWiMAX一択

出典: https://wimax-broad.jp

早速、業界大手でサポート体制等の評判も良いBroad WiMAXについて見て参りましょう!

メリット


  • 最もお得にWiMAXを利用できる。
  • 最短で即日発送。(「発送が遅い」等の評判はほとんど無かったです。)
  • 光回線等、他サービスへの乗り換え可能
  • 契約8日以内であれば解約金なしで解約することができる。

デメリット


  • 有料オプション(初月無料)への加入義務があるので、必要なければ契約直後に解約する必要がある。

BroadWiMAX(月額割引)補足情報


料金内訳:初期費用3,300円+1〜3ヶ月2,998円+4〜24ヶ月3,752円+25〜36ヶ月4,412円=3年間の合計金額143,958円

機種:WX06, W06, WX05, HomeL02, Home01

解約金:1カ月~12カ月(20,900円)、13カ月~24か月(15,400円)、25カ月以降(10,450円)、更新月(無料)

支払い方法:クレジットカードもしくは口座振替(口座振替だと初期費用に約19,000円かかります。)

※月額料金は割引を含んだ金額です。

BroadWiMAXをおすすめする人


  • 毎月お得な月額でWi-Fi使い放題のWiMAXを利用したい方
  • 他社サービスへの乗り換えの可能性もある方
  • 2年以上の利用をお考えの方

Broad WiMAXに関するさらに詳しい情報は以下のリンクより確認ください!

Broad WiMAXはおすすめできるのか、メリットデメリット全解説

まとめ

WiMAXを確実かつ最安値で契約するためにBroadWiMAXを利用すべき。

@niftyはキャッシュバック貰い忘れや会員の解除等のリスクがあるのでおすすめできない。

最もおすすめのプロバイダは、BroadWiMAX。

いかがだったでしょうか。この記事では、BroadWiMAXと@niftyどちらで購入すべきなのかを解説して参りました。結果としては、BroadWiMAXで契約すべきであるということが分かったと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる