【次世代端末?】ポケットWiFiの端末『D1』を比較!おすすめのプロバイダは?

この記事は要するに…
  • D1はポケットWiFiの端末の一種である。
  • 正直端末ごとに優劣はあまりない!
  • D1は、『キャリアの4G回線が利用できる』『海外でも利用できる』
  • どんなときもWiFiにてD1という端末を利用できる

最新のポケットWi-Fi47プランからおすすめポケットWi-Fiを検索!詳しくは、「全40社からおすすめポケットWiFiを検索・比較できる限定サイト」へ!

ポケットWiFiは数ある端末が存在していますが、その中でD1とはどのような特徴を持った端末なのでしょうか?
D1等の端末をいくつか持っている筆者が以下のような疑問に回答していきます!

「D1は他の端末と比較してどのようなスペックなの?」
「D1のおすすめポイントは?」
「評判などを分かりやすく教えて欲しい!」

今回は、数あるポケットWiFiの端末からD1という機種にスポットライトを当てて解説していきます!
D1の特徴を掴んでから契約はおすすめできるのか確認してきましょう!

目次

【全機種まとめ】スペックを比較していこう!

ポケットWiFiの端末は様々な種類がありますが、その中でD1の立ち位置を確認していきましょう!
※D1に関しては、U2sという機種を『どんなときもWiFiで契約するときだけ』D1に名前を変えただけなのでスペックは同じです。

サービス名 H01 U2s D1 G4 P6 W06 WX06 FS030W G3000
発売日
2020年 2018年8月 2019年後半 2019年後半 2019年後半 2019年1月15日 2019年1月15日 2016年12月22日 2017年7月21日
最高速度(下り) 150mbps 150mbps 150mbps 150mbps 150mbps 1200mbps 1200mbps 150mbps 150mbps
最高速度(上り) 50mbps 50mbps 50mbps 50mbps 50mbps 75mbps 75mbps 50mbps 42mbps
充電持ち時間 10時間 12時間 12時間 13時間 15時間 9時間 9時間 20時間 8時間
同時接続台数 10台 5台 5台 5台 8台 16台 16台 15台 5台
回線 クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM クラウドSIM WiMAX WiMAX ソフトバンク クラウドSIM
特徴 海外利用可能 海外利用可能 海外利用可能 海外利用&地図翻訳&バッテリー機能 海外利用&地図翻訳&バッテリー機能 特になし 特になし 特になし 特になし
主な取扱プロバイダ ゼウスWiFi クラウドWiFi どんなときもWiFi ギガWiFi 限界突破WiFi
BroadWiMA

主なポケットWiFiの端末を比較するために表にまとめました!
注目すべき3項目に関して確認していきます!

【注意点①】最高速度は気にしなくていい!

結論から言いますと、端末の最高速度は当てにならないので参考にする必要はありません。
最高速度とは『理論上出る可能性がある速度なので、気にしなくてOKです』
重要なのは、実際に利用した際の速度なので筆者が実験を行ってみました。
最高速度の程の差が、実際に計測した速度以上にあるのでしょうか?

ポケットWiFi名 どんなときもWiFi WiMAX 固定回線
公式最高速度(上り/下り) 50/150 75/1,237 1,000/2000
実際の速度(上り/下り) 3.95/29 6.5/24.7 58.2/32.1

ここからわかる通り、端末の最高速度は特に気にする必要がないということが分かります。
端末の速度を宣伝しているポケットWiFiもありますが、特に気にする必要は特にないので、注意しましょう。
参考程度に、各サービスごとに必要な速度を掲載します!

サービス名 YouTube Amazon Netflix DAZN
最高画質 20mbps 15mbps 25mbps 9mbps
高画質 5mbps 3.5mbps 5mbps 9mbps
普通画質 2.5mbps 3mbps 3mbps
低画質 1.1mbps 0.9mbps 0.5mbps

※下り速度を参考にしてください!
基本的にポケットWiFiの回線でも、動画視聴等はできるということをお分かりいただけるかと思います!

②持続時間を念のため確認しておこう!

どのポケットWiFiでも10時間程度利用できますが、中には20時間も利用できる物もあります。
意外とあっという間に充電が切れるので、極度に短に端末は注意しましょう。

③同時に接続できる台数を比較する

ポケットWiFiを複数台で利用したいという方は、念のため同時接続台数を確認しておきましょう!
ただ、ポケットWiFiは固定回線のように複数人での利用を目的に作られていません。
すぐ通信制限にかかったり、速度の低下を招くので予め確認しておきましょう!

以上スペックに関してまとめていきましたが、筆者の結論は以下の通りです
端末の違いで優劣付かないので、あまり気にする必要はない!ということです。
次はD1の特徴や、評判を確認してきましょう!

D1の特徴や評判まとめ!

D1にはどのような特徴があるのでしょうか?評判と合わせて解説していきます!

3キャリアの回線を利用することができる

D1は従来のポケットWiFiの端末とは異なり、『クラウドSIM』という方式の通信です。
簡単に説明しますと、SIMカードをクラウド上で管理しています。
従来は、端末内でSIMカードを管理する方式でした。
この新機能によって、3つのメリットができます!

大手3キャリア(au.docomo.softbank)の回線から場所ごとの最適な回線に接続


従来のポケットWiFiでは挿入してあるSIMカードの回線しか利用できませんでした。
しかしながら、D1では3キャリアの回線からその場所にあったおすすめの回線に接続してくれます。
ポケットWiFiのSIMカードの種類によって、回線に差がある等がなくなります。

海外利用


海外利用ができる端末を利用しています。
海外旅行や出張の際にもD1を持参すればそのまま利用することができます。
高額な海外専用ポケットWiFiをレンタルする必要がなくなります。

田舎でも電波が届きやすい


キャリアの回線を利用しているということは、田舎でも電波が圧倒的に届きやすいです。
従来のポケットWiFiは、田舎では電波の届きにくい場所が多かったですが、それを解消してくれます!

以上がD1の特徴となっています!ただここまでは、あくまで端末のスペックや特徴を比較した上での解説です。
重要なのは実際にD1を利用している方の声になりますので、いくつか確認していきましょう!

D1の評判はどんな感じ?

D1を実際に利用している利用している方々の評判を掲載していきます!
※D1を利用するどんなときもWiFiにて大規模な通信障害が起こっているので評判が最悪となっています。
通信障害前後での評判の違いもしっかりと考慮しましょう!

悪い評判


良い評判
どんなときもwifi D1
9:00AM開始20:20PMまでで74GB使ってみた
テスト中常にsoftbank回線を掴んでいる模様
主にprime videoとYouTubeで消費してみた
現時点で速度制限なし
平均下り30Mbps、上り20Mbps出てる
WLAN 11n 72Mbpsリンク
おそらくBand1に繋がっていると思われる#どんなときもwifipic.twitter.com/1zspyQwc0f

— 芳文社® P20 Pro (@namori__)January 12, 2020

このように、最近の評判だと悪いものばかりでしたが、サービス開始当初はいいものばかりでした。
ただ、通信障害前に関しては良い評判が多数ありましたので、一旦は解決を待つ必要がありそうです。
次は、D1を扱っているポケットWiFiプロバイダを簡単に紹介して終えます!

D1を扱っているポケットWiFiプロバイダ

D1を取り扱っているポケットWiFiプロバイダは『どんなときもWiFi』だけになります。

どんなときもWiFi

おすすめポイント


  • 通信量が完全に無制限
  • 大手3キャリア(au・docomo・ソフトバンク)の回線利用で通信エリアが圧倒的に広い
  • 海外でも利用できる

また、どんなときもWiFiの通信障害等の最新情報に関しては、「【炎上】どんなときもWiFiはおすすめできない?なぜ?」で解説していますのでご確認ください!

全40種類以上がらあなたにおすすめのポケットWiFiを見つけたい方必見

今回は、ポケットWiFiの数ある端末の中でD1にスポットライトを当てました。
ただ、ポケットWiFiを契約する際は、端末の種類ではなくプランから比較して契約しましょう。
あなたにおすすめのポケットWiFiを『ギガ数』『料金』『こだわりポイント』で比較できるサイトを作成しました。
興味がある方は是非確認してください!

※上記のリンク先に検索機能があります。
例えば上記のように『無制限』を選択した場合、通信量が完全に無制限のポケットWiFiが検索結果として出るので是非活用ください!

まとめ

  • ポケットWiFiの端末のスペックはあまり気にする必要はない
  • D1は、U2sをただ名前を変えただけの機種
  • 通信障害によってD1の評判は悪いので、どんなときもWiFiの契約は一旦やめておこう。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる