5つのポイントで簡単に文章の見栄えがよくなるライティングテクニック

ターゲットに何を伝えるのか目的を決めて文章を作っていきましょう

アフィリエイト参入者がまず一番最初にぶつかる壁で多いのがライティングです。

書く前は「出来るだろう」と参入して、いざ書いてみると全く書けなかったり、書いて読み返してみるとなんとも言えない文章になっていたり、アフィリエイトに参入してしまったが為に文書にコンプレックスを抱いてしまう方も少なくありません。

そこで今回は文章初心者でも簡単に見栄えの良い文章を書ける5つのライティングテクニックをご紹介したいと思います。

いきなり完璧を求めて1からライティングを学ぼうと思うととても大変な為、まずは5つのテクニックだけに集中して気軽に文章を書けるようになって頂けたらと思います。

簡単に見栄えが良くなるライティングテクニック

1.ターゲットと何を伝えなくてはいけないか明確にする

まずはターゲット像を明確化する必要があります。

ターゲット像がしっかりと明確化されていれば相手に刺さる記事を考える事が出来ますので、何の取っ掛かりがない状態より記事は書きやすいですし、書きあがった後に「これは誰に向けた記事なんだろう」なんて事にもなり辛くなります。

どんな文章にも『最終的に何を伝えたいのか』という部分が重要になってきますので、文章を作る際にはまずターゲット像を明確化してその後ターゲットに何を伝えるのかをしっかりと決めます。

2.起承転結を意識して目次は出来るだけ小分けにする

読みにくい文章の典型的な物で、『文章構成がバラバラで結局何が言いたいか分からない』『長い文章をひとまとめに書いて読みにくい』などがあります。

これらを解決する方法が『起承転結を意識する』事と『目次を付け出来るだけ文章を小分けにする』事です。

これだけでも十分に文章から受ける印象が変わるのですが、このテクニックには他にもひとまとまりとして文章を作るより簡単に文章を作れる事と、自然と文章のクオリティが上がり文章量も増える為SEO効果が高くなるというメリットがあります。

3.セミナー講師になったつもりで台本を考える

文章を考えるというやり方を捨てて、台本(セリフ)を考えるというスタンスで文章を作っていくと、文章だとどうしても片言になってしまう人や長文が書けない人でも意外とスラスラと文章を書けてしまったりします。

これは文章の見直しでも言える事で、普段文章を書かない方は自身で作った文章の悪い所を見つけにくいのですが、これを文章として考えずセリフとして認識して実際に言っている風景を思い浮かべると、語呂が悪かったり言い回しがおかしい部分に気付きやすくなります。

尚、台本として際には必ずターゲットを想定しターゲットにあったキャラクターを作り上げてから台本を作らなければなりません。

少し硬い口調にするのか、若年層に向けて少し砕けた口調にするのかなど、しっかりとキャラクターを作り上げてから文章を作るようにしましょう。

4.同じ語尾を連続して使わない

語尾は油断すると「です」「ます」などを連続して使ってしまう事があります。

これが2,3回程度であれば問題ありませんが、それ以上連続して同じ語尾を使用すると文章がブツブツと切れて音の流れが悪くなってしまい、文章全体の印象が幼稚になってしまう為、極力同じ語尾を連続して使わない様にする必要があります。

もし同じ語尾を何度も連続して使ってしまいそうになった時は、語尾を変える為に別の表現に変えれないか模索する様にしましょう。

5.誤字脱字チェックや文章の流れが悪くないか確認

最後の読み直しは必須事項です。

ただ、文章を作ってすぐ読み返すと自身の中で組み上げたイメージと実文章が入り混じってしまい、客観的に自分で作った文章をチェック出来ない場合があります。

その為、文章の最終チェックは『文章を作った直後』と『一晩寝かせて頭をリセットさせてから』の2回行い、客観的視点を持って誤字脱字やしっかり読んで文章の流れが悪くないかを確認すると良いでしょう。

まとめ:話している風景をリアルに想像すれば、綺麗な文章になる

普段文章を書いていない方は、どうしても自分の文章を読み上げた際の流れや語呂の悪さ、分かりにくさなどを認識する事が出来ません。

それは、文章を書くこと自体に一杯一杯になっていたり、最終チェックの際も文章全体で見るのではなく1文節1文節で区切って見直してしまう為です。

その為、文章作りにまだ慣れていない時期などはターゲットをしっかり決め、話す立場の自分がどういうキャラクターなのかを決め、ターゲットに何を伝えるのか目的を決めて、口頭で相手に説明している風景を想像して文章を作っていきましょう。

そして最終チェックの際は、人前でその文章内容を話している風景を想像しながら読み、何か違和感が無いかチェックするようにすれば自然と綺麗な文章になります。

文章作りに慣れていなかったり、苦手意識がある方は是非このテクニックを試してみて下さい!


kuramikku

Written by kuramikku

初めましてクラミックと申します。4年程システムエンジニアとして勤めた後、独立してツイッター専門アフィリエイターとして活動しておりました。現在は色々やってみたい性格もあってコンサル、ライター、ツール開発・販売とマルチに活動させて頂いております。

ここでは今までの培ってきた知識や経験をどんどんお届けしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

これダメなの!?出稿重視なら押さえるべき薬機法の言い換え表現と広告掲載基準のポイント

『稼げない』壁を突破する!トップアフィリエイターの特徴ベスト5