このサイトではXMのすべてを解説しています

XMでの取引やアフィリエイトは違法?金融庁警告2点・弁護士見解【アウトな事例】

XMでの取引やアフィリエイトは違法?金融庁・弁護士の意見から結論を導く

この記事を見つけたあなたは、海外FX業者である「XM(XMTrading)」で取引することや、アフィリエイトを行うことは違法であるか気になっているのでは。

結論から言うと、XMで取引やアフィリエイトを行うことは金融庁自体も違法とは断言できておらず、今まで罰則を受けた人もいません。

そのため、2021年現在では安心してXMを利用することは可能です。

とは言え、XMのアフィリエイトに関しては注意しておかないと法律違反になってしまう2つのパターンあります。

この記事では、XMでの取引やアフィリエイトに違法性があるのかどうか、「金融庁」や「弁護士」の意見を含め明らかにしていきます。

これから、XMで取引やアフィリエイトを始める方で、不安に感じている方は最後まで読むべきです。

XMでの取引やアフィリエイトは違法なの?
  • XMで取引やアフィリエイトは、金融庁や弁護士の会見からも違法性は断定できていません
  • その上、今まで逮捕者が出たこともないので、現状は安心して利用することができます。

※クリックで読みたい所へジャンプする

1. 日本の金融庁が海外FXを警告する2つの理由

海外FXが違法なのではないかと疑われる理由は、金融庁が2009年頃から海外FXに関する規制の強化が大きく影響しています。

実際、XMを含むほとんどの海外FX業者が金融庁から警告を受けました。

海外FXの違法性についての議論をするには、まず金融庁が海外FX業者に警告を行なった2つの理由について知っておくべきです。

2-1. 日本の金融ライセンスを取得していないから

通常、FX業者が日本でサービスを提供するためには、金融庁から「金融ライセンス」(第一種金融商品取引業登録)が必要になります。

金融ライセンスとは、金融業を行うために必要な営業許可証のようなもので、日本でFXサービスを提供している会社は法律で取得を義務付けられています。

そのため、金融ライセンスを取得していない海外FX業者が日本居住者向けに営業をすることは禁止されています。

しかし、海外FX業者が日本の金融ライセンスを取得できないことには理由もあります。

日本の金融ライセンスでは取得に厳しい条件が課せられており、

  • レバレッジ倍率は最大25倍まで
  • 顧客への損失補填(ゼロカットシステム)は禁止

など、海外FXのメリットと言える部分を全て捨てなければ取得できない仕組みとなっています。

そのため、XMを含む海外FX業者では「日本居住者を対象にサービスでは無い」というスタンスをとっています。

実際には、海外FX業者は第一種金融商品取引業者の登録は行っていないが、これは海外FX業者は(日本語のサイトを有しているものの)日本の居住者を勧誘しているわけではなく、単に日本語のサイトを載せたら、日本の居住者が口座開設をしにきている、換言すれば、日本では営業していないと整理している(勿論金融庁はこの整理を許しておらず、警告書を発出しているわけだが、海外に拠点を有する海外FX業者には何等の効果はないわけであるが・・・)。

引用元:弁護士によるFX/仮想通貨等の投資ブログ

実際、弁護士の方が解説する投資ブログでも、XMはあくまでも日本語サイトを有しているだけであり、営業は行っていないという見解をしています。

つまり、XMでは日本居住者にサービス提供をしていないので、日本の法律上では違法にはならないと言えます。

2-2. 海外FXには詐欺を行う悪質な業者も多いから

海外FXには詐欺を働く悪質な業者が多いことから、金融庁は投資家保護の観点から警告を行なっています。

XMに関しては長年のサービス提供実績やユーザーの評判から信頼性・安全性が高い業者と言われていますが、

海外FXでは不当な出金拒否や口座凍結を行う業者も多く、信頼性の低い業者を選んでしまえば詐欺に巻き込まれるリスクもあります。

もちろん、国内外問わず、良い業者・悪い業者はあるので、業者選びの際には信頼性や安全性の高さで選ぶことが大事です。

3. XMでトレードすることが違法では無い理由

XMでトレードすることが違法では無い理由
  1. 海外FXを利用するかどうかは投資家の自己責任
  2. 仮に違法扱いされた場合は海外FX業者が処罰の対象

結論から言うと、トレーダーとして海外FXを利用するのであれば、違法や罰則を受けることはありません。

あくまでも、金融庁の警告は海外FX業者を対象にしているからであり、利用した顧客が違法性を問われる心配はありません。

実際、海外FXの無登録業者でトレードをした人を罰する法律自体が存在しないので違法性・罰則はありません。

ただし、金融庁は詐欺を行う悪質な業者に関しても警告をしているので、業者選びには注意が必要です。

3-1. 海外FXを利用するかどうかは投資家の自己責任

金融庁では、無登録の海外FX業者が日本居住者に営業することを禁止していますが、

投資家が無登録の業者を利用することに関しては罰則がありません。

そのため、投資家自身の判断で海外FXを利用することに関しては違法ではありません。

ただし、海外FXの中でも悪質な業者を利用して詐欺に巻き込まれた場合には自己責任となってしまうので、業者選びには注意しましょう。

3-2. 仮に違法扱いされた場合は海外FX業者が処罰の対象

仮に、海外FX業者が日本の金融庁から違法とみなされ処罰を受けた場合には、

海外FX業者が処罰対象になるのであって、利用したトレーダーが罰せられるわけではありません。

そのため、XMを利用したからといってトレーダー全員が被害を受けるリスクはないので安心して利用できるでしょう。

公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

4. XMのアフィリエイト(ib)が違法ではない理由

XMのアフィリエイト(ib)が違法ではない理由
  1. 金融庁ではアフィリエイトを違法と断言できない
  2. 実際に海外FXのアフィリエイトで逮捕者が出た例が無い

XMを含む海外FXのアフィリエイトを行うことは違法かどうか。

結論としては、XMのアフィリエイトに関しては、金融庁でも違法であるとは断言できていません。

その上、これまで海外FXのアフィリエイトは10年近く行われていますが、過去に一度もアフィリエイトをして逮捕された人はいません。

そのため、XMのアフィリエイトはグレーゾーンとも言われていますが、

金融庁自身も違法と断定していない他、今まで罰則を受けた人もいないので過度に心配する必要は無いと言えるでしょう。

もちろん、リスクが完全に0というわけではありません。

投資家にとって悪影響を及ぼすようなアフィリエイトの仕方をすると、そもそもトレーダーから裁判沙汰になる可能性だってありますし、

リスクはまったくのゼロではありません。大切なのは、「出金拒否されるヤバい取引所」を紹介することなく、読者にとって誠実な情報発信に努めることでしょう。

4-1. 金融庁ではアフィリエイトを違法と断言はしていない

金融庁自体は海外FXのアフィリエイトについてどのような見解を持っているのか。

実際に、金融庁に直接XMのアフィリエイトの違法性を問い合わせた人の意見では、次のような結論に至ったそうです。

・海外FXのアフィリエイトは違法なのだろうか?

→違法であるとは断言されませんでした。アフィリエイトは広告とも捉えることができ、現状では該当する法律が存在しないと思われます。

・海外FXのアフィリエイトをしたいけど、大丈夫なのだろうか?

→海外FX会社は警告を受けても普通に営業していますし、野放しの状態です。違法状態ならアフィリエイト行為も止められておかしくないですが、野放しです。不安がある人は無理してやらなくていいと思います。

引用元:OOKAMI-海外FXのアフィリエイトは違法なのか?金融庁に聞いてみた。

つまり、アフィリエイトに関しては金融庁の管轄外なので、違法であるとは断定できない上、

金融庁が警告を行なっても特に罰則を受けた事例がないので、実害は無いと考えられます。

4-2. 実際に海外FXのアフィリエイトで逮捕者が出た例が無い

もし、海外FXのアフィリエイトと違反とみなされば、国内FXのアフィリエイト全ても違法という扱いになってしまいます。

その理由は、アフィリエイトによる勧誘行為に関しても金融ライセンスが必要という条件があるからです。

しかし、アフィリエイトに関しても金融ライセンスが必要となると、海外FXだけではなく国内FXにも該当します。

それでは、アフィリエイトとは一体どのような行為なのかというと、大手ASPのA8ネットでは、このような説明がされています。

アフィリエイトとは「成果報酬型のインターネット広告」を指します。
そして、自分のWebサイトやブログに、企業(広告主)の商品やサービス(商材)を紹介して広告を掲載することで広告収入を得るネットマーケティング手法のひとつです。広告を掲載しているサイトは、成果が発生した分だけ利益を得ることができます。

引用元:A8ネット-アフィリエイトとは?仕組みと報酬振込までの流れ

つまり、アフィリエイトは勧誘行為ではなく、あくまでも不特定多数に向けた「広告」という意味に該当します。

そのため、金融庁では金融ライセンスを持っていないアフィリエイターによる勧誘行為は禁止されていますが、

『広告』は不特定多数の人に情報を拡散させる目的であり、特定の人に対し直接取引を持ちかける「勧誘行為」とは違います。

そのため、アフィリエイト自体が「勧誘行為」に該当せず、今までXMのアフィリエイトでも逮捕者が出たこともないため、違法性を問われるリスクは低いと言えます。

公式サイト:https://partners.xmtrading.com/jp

XMアフィリエイの報酬・実績

XMアフィリエイトの近況報告をチェック

【2022年6月】今ならアフィリエイトリーグ開催中で報酬UP!

5. 【やったらアウト!】XMのアフィリエイトで違法になる2つのパターン

海外FXのアフィリエイトは違法では無いとは言え、注意しないと罰則を受けるリスクもあります。

XMのアフィリエイトを始める場合には、2つの危険なパターンについて理解しておきましょう。

5-1. 日本居住者に直接勧誘行為を行うとアウト

金融庁では、無登録の海外FX業者が日本居住者向けに営業行為をすることを禁止しています。

XMのアフィリエイターに関しても、日本居住者に直接勧誘をすることは違法です。

そのため、個別や電話での勧誘は違法に当たる可能性は高いので注意が必要です。

ブログでのXMのアフィリエイトに関しても、『当サイトではは日本居住者を対象としたものではありません』という表記を入れておくことが好ましいと言えます。

勝部 泰之 弁護士
東京 港区

関東財務局が作成した「海外に所在する無登録業者によるFX取引等の勧誘等に注意!」という書面によると、「「口座開設をサポートします」、「キャッシュバックリベートを提供します」いった内容のものを含め、アフィリエイト広告や雑誌等で海外無登録FX業者の広告をみかけることがありますが、こうした広告行為についても、店頭デリバティブ取引の媒介行為に該当し、金融商品取引法違反行為(無登録営業)に該当する可能性があります。」とされています。

海外FX業者は日本で営業活動をすると日本法に抵触してしまうので、日本語のページを用意しながらも日本での勧誘はしていない旨の表示を出しています(顧客が自分の意思で海外に資産を持ち出して海外で取引をしているという形にしている)。

しかしそれでは顧客が集まらないので、日本での勧誘をアフィリエイトに頼っているわけです。どこからが違法になるかの線引きは難しいですが、下手に関与すると広告行為や勧誘行為をしていると認定される可能性もあります。また、海外FX業者が投資金を持ち逃げした場合などに被害者から訴えられる危険性もあります。

https://www.bengo4.com/c_8/c_1839/b_640457/

高橋 淳 弁護士 東京渋谷 

1金融アフィリエイトを行う場合、具体的な方法によっては金商法上の媒介に該当する可能性があります。
その場合、金融庁への登録が必要になりますので、無登録で行えば違法になる可能性があります。
2 金商品取引法に造詣の深い弁護士に相談することをお勧めします。

https://www.bengo4.com/c_23/b_851639/

5-2. 投資助言するとアウト(サロンや個別チャットでのFXコンサル)

ブログ等で単にXMのアフィリエイトをするのであれば問題はないと思いますが、口座開設者等に投資助言をすることは違法です。

正直にいうと、稀にブログやSNSでXMでの投資タイミングを教えるサロンや個別チャットの勧誘を行っている人も見かけます。

しかし、投資助言を行うには投資助言・代理業の登録が必須になります。

万が一、無登録で投資助言業務を行った場合には、

「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」

という罰則が課せられる可能性もあります。

そのため、無登録で安易に投資助言を行うことは注意が必要です。

公式サイト:https://partners.xmtrading.com/jp

まとめ|XMでのトレード・アフィリエイトは安全に行える!

結論から言うと、XMはトレーダー・アフィリエイターとして安全に利用することができます。

実際、無登録の海外FXでトレードしたとしても、違法になる法律自体が無いので安心して取引できます。

また、XMのアフィリエイトに関しても2点のルールを守れば基本、違法を問われる事はありません。

  • 日本居住者に直接勧誘をしない
  • サロンや個別チャット等で投資助言をしない

実際にXMのアフィリエイトで逮捕された例は無いので、過度に心配する必要はないと言えるでしょう。

この記事を最後まで読んだあなたが、XMの違法性や注意すべきパターンについて理解し、安全に利用据えることができれば幸いです。

公式サイト:https://partners.xmtrading.com/jp