このサイトではXMのすべてを解説しています

XMで詐欺は起こる?口座凍結・出金拒否になる3つの原因・解決方法!

※XMは2022年6月14日に最大レバレッジが888倍から1,000倍に引き上げられました。

この記事を見ているあなたは、XMを利用しようと思っているがネット上で「XMは詐欺!」といった評判を目にして不安を感じているのでは。

結論から言うと、XMではサービス開始以来10年間、不当な詐欺や出金拒否は一切起こっていません。

しかし、ただ「XMが詐欺業者ではない」と言っても説得力が無いため、

なぜXMが詐欺と言われのかついて海外FX業界を熟知するトレード歴8年の筆者が徹底解説しています。

またXMでは詐欺は起こらないとは言え、知らなければ最悪、資金を全て失ってしまう口座凍結パターンはあります…

そのためこの記事ではXMを安全に使う方法についてどこよりも詳しく開設しています。

最後まで読めば、初心者でも安全にXMでの取引を始めることができるでしょう。

XM ボーナスキャンペーン

1.【結論】XMは詐欺業者ではない!サービス開始から出金拒否もナシ

XMで不当な出金拒否や口座凍結は起きませんが、規約違反だけには気を付けましょう。

XMで出金拒否されたとネット上で騒いでいる人も稀に見かけますが、規約違反意外に証拠がない物ばかりです…

結論から言うと、XMでは2009年のサービス開始から13年間、詐欺や出金拒否のトラブルは一切起こっていません。

もちろん、規約違反による口座凍結などのトラブルはどの業者でも共通して起こっていますが、

ネット上の評判を見ても無条件に「XMで不当に出金拒否された」「XMに詐欺られて資金を失った」などの噂はありませんでした。

事実XMでは、

  • 親会社、グループ会社が世界中の信頼性の高いライセンスを取得
  • ユーザーの資金に最大100万ドルの補償を設けている

2点からも、XMは信頼性・安全性が海外業者の中でもNo.1と評価されています。

実際、海外FXでは「is6com」「ironFX」「instaforex」など、詐欺の噂が絶えない業者も多いことから、

信頼性の低い業者を使ってしまうと、預けた資金が戻ってこなくなることや、レート操作で大きな損失を負ってしまうリスクもあります。

そのため、特に海外FXが初めての方は、詐欺のリスクが無いXMから始めることが最もオススメです。

2. XMに詐欺の噂がある6つの理由

2-1. 海外FXに対するイメージ・偏見

まず第一に、「海外FX=なんだか怪しい」というイメージから、XMは詐欺業者という噂が広がっていると思います。

実際、投資経験の無い私の友人に海外FXについて話した所、FX自体にも「怪しい」「危険」というイメージがあるらしく、

さらに海外という名前がつくと尚更、得体のしれない印象があるとのことです。

正直、海外FXについてある程度知識のある方であれば「海外FXはちゃんとした業者もあるし、詐欺業者もある」というのが結論だと思います。

今ではネット上で海外FXに関する情報も細かくリサーチすることができるため、リサーチすれば安全に利用できる業者を見つけることは可能です。

それをリサーチもせずに偏見から「海外FX=怪しい=全部詐欺業者」と一括に言うのは、リテラシーが低いと思います。

一部のリテラシーの低い人の偏見・噂により「XMは詐欺」という認識が広まっていると感じます。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

実際、私も同窓会で「FXのブログやってる」と知り合いに話した後、「怪しいことやってる〜」みたいなことを影で噂されていたみたいです…

2-2. 海外FXに対するポジショントーク

特に、国内FX業者に多い話ですが「海外FX=危険」というイメージを定着させ国内FXのユーザーを獲得するというマーケティング戦略が横行しているように思えます。

実際、日本の大手FX業者は海外FXの危険性を大々的に宣伝しています。

わざわざ海外FXを批判する理由としては、国内のユーザーを海外FXに流出させないことだと思います。

※もちろん注意喚起もあると思いますが

また、国内のFX業者だけでなく、国内FXの宣伝を行う大手メディアでも、

「海外FXは全て詐欺」「海外FXを絶対オススメできない」「海外FX業者を使うメリットなし」

といった表現で国内FXへの集客を行う記事を作成しています。

そもそも、日本の会社では世間体・会社イメージから海外FXをオススメするのはリスクがあるため、FX業界では「海外FX批判→国内FX勧誘」という体制が非常に多いです。

※私自身かれこれ3年以上、海外FXの記事を書き続けているため、こういったメディア業界の事情は熟知しています。

「信頼性の高い国内FX業者・大手メディアが言うことだから信頼できる」という気持ちはわかりますが、

事実、テレビや雑誌などでもステマやフェイクニュース等は日常的におこなわれているため、鵜呑みにするのは良くないです。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

実は私も、過去に日本の大手メディアで金融ライターをしていたことがありますが、その時に担当者から海外FXの批判記事をお願いされたことがあります…笑

2-3. 海外FX業者に対する日本の金融庁からの警告

日本には金融庁により「金融ライセンスの登録が無い業者が国内で営業活動を行うことは違法」というルールがあります。

そのため2011年頃から、金融庁はライセンス登録が無い海外FX業者に対して名指しで警告文を公表しています。

これにより海外FX業者の一部は日本国内から撤退をしています。

※当時、海外FXでも有名だったIronFXはこの警告により急遽撤退し多くの日本人トレーダーのポジションが強制決済されるという事件が発生しました。

ではなぜ日本で金融ライセンスを取得しないのかと言うと、

  • 国内のFX業者では最大レバレッジは25倍まで
  • 追証は必ず発生させる(ゼロカットシステムは適用できない)

など様々な厳しいルールがあり、「100倍を超えるハイレバ」「追証なしのゼロカットシステム」など海外FXの一番の魅力を全て捨てなければ行けないからです。

警告後はXMは日本の金融ライセンスを取得せずに「海外在住の日本人向け」のサービスとして、日本居住者に営業を行わない形でサービスを続けています。

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

引用元:XMTrading公式サイト

そのため金融庁に警告されたとは言え、現在では日本居住者を対象に営業は行っていない」ため違法性はありません。

また、XMの警告内容は「ライセンス無登録での営業行為」なので、XM利用するトレーダーに関しては過去も現在も全く違法性はありません。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

金融庁からの警告でイメージダウンしてますね…

ただ、警告されたのはほぼ全ての海外FX業者なのでXMに限った話ではありません。

2-4. 運営会社の金融ライセンス・所在地がマイナー国であるため

XMグループの会社取得ライセンス
Financial Instruments LimitedのTrading Pointキプロス証券取引委員会
XM Global Limited国際金融サービス委員会(IFSC)
Financial Instruments UK LimitedFinancial Conduct Authority(FCA)
Financial Instruments Pty Ltdオーストラリア証券投資委員会(AFSL)
Trading Point MENA Limitedドバイ金融サービス庁(DFSA)
Tradexfin Limited(日本人向けサービス)セーシェル金融庁(FSA)
モーリシャス金融庁(FSC)

日本人向けサービスを提供しているTradexfin Limitedはマイナー国ですが、グループ会社が取得している

  • Financial Conduct Authority(FCA)
  • キプロス証券取引委員会

などは世界の中でも取得が困難な非常に信頼性の高いライセンスになります。


XMの金融ライセンスは「セーシェル」「モーリシャス」の2ヶ国で取得しています。

※グループ会社も含めると合計7種類のライセンスを取得しています。

ただし、セーシェル・モーリシャスと聞いて「どこ?」と感じる方も多いと思いマイナー国です。

また、セーシェル・モーリシャスはタックスヘイブン国でもあるため、ややグレーな印象もあるかもしれません。

XMの金融ライセンスがマイナー国で取得している理由は、日本の金融庁からの圧力を逃れるためです。

海外FXでは多くの業者が日本の金融庁から警告を受けたことにより、従来のサービス提供が難しくなりました。

業者によっては日本から撤退するなど、サービスを提供し続けるには日本の金融庁からの圧力を回避する必要があります。

実際、XMに限らず海外FX業者のほとんどはマイナー国の金融ライセンスを所持しています。

そのため、詐欺を行うためにマイナー国のライセンスを取得しているわけではありません

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

裏を返せば日本人ユーザーにも安定的にサービス提供をするために、マイナー国のライセンスを取得しているとも言えますね。

2-5. XMの不正に関するがフェイクニュースが流れた

XM、ハイローなど5社が日本向けに不正価格操作していたことが判明

引用:FINANCE NEWS TOPIC

2021年1月25日、海外業者のXMに関する1つの記事が拡散されました。

この記事について簡単に説明すると、XMやTitanFXを含む5社の海外業者が、日本人ユーザーに対してレート操作を行ったという内容です。

そのため、ネット上では「やっぱりXMでは詐欺業者だ」という意見で業界は大騒ぎになりました。

ただし結論として、XM不正のニュースは事実無根のフェイクニュースであるとわかりました。

オンライン上において、弊社の信頼を損ねる記事の掲載を確認しています。

誰もがブログや記事を投稿することが可能な昨今においては、すべてのサイトの信頼性、及び情報源を見極めることが非常に重要となっております。

該当記事の内容は、 事実無根 でございます。

一方的に虚偽の内容を喧伝することは、断じて許される行為ではありません。また、このような行為には、誠実な意図はなく、弊社がお客様やパートナー様と分かち合ってきた信頼性を損ねる行為に他なりません。

弊社といたしましては、信頼性を保護するために、虚偽の内容の喧伝には、あらゆる適切な措置で対応していく所存でございます。

該当記事によって、ご心配をお掛けしました皆様には、深くお詫び申し上げます。

弊社は、お客様、及びパートナー様と築き上げた信頼関係の維持に努めて参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

引用:XMTRADING.com(メールより引用)

引用文通り、XMの公式サイトではフェイクニュースに関して「事実無根」であると対抗の意思を示しています。

ただし、フェイクニュースであっても真実と誤解してしいる人は現在でもいるため、「XM=詐欺業者」と間違った認識をされています。

2-6. 他社詐欺業者によるイメージダウン

SNS上で多いのが「海外FXで詐欺業者を使ってしまった被害者が、海外FX=詐欺という評判を流している」という事例です。

XMは詐欺業者ではありませんが、残念ながら海外FXには詐欺業者も多く存在します。

特に、SNS上では詐欺業者への勧誘も非常に多く、

「この業者を使えば絶対勝てる」「この業者を使って不労所得を得た」「この業者を使って◯◯万円稼ぐ方法を教えます」

など、様々な怪しい勧誘が行われています。

海外FXで詐欺業者を使ってしまう人の多くが、こういったSNSでの勧誘によるものです。

※実際、詐欺業者は紹介報酬が高い場合が多く、報酬目的でSNSから勧誘する人も多いです。

自分自身で海外FXを始める人は、自身でしっかりリサーチし様々な情報をみて業者を見つける行動傾向にあります。

しかしSNS上から勧誘を受けて始める人は、自分でリサーチする事なく他人の話を鵜呑みにするからです。

こうして詐欺業者でお金を溶かした被害者は「海外FXは全部詐欺業者。なぜなら私が騙されたから」という噂を流しているのを沢山見ました。

何度も言いますが、「海外FXにはちゃんとした業者も詐欺業者も存在します」。

安全に海外FXを始めるためには自分自身で使う業者を深くリサーチする必要があります。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

XMもしっかりリサーチしてもらえれば詐欺業者ではないことがわかると思います。

当サイトでは「海外FX業界を熟知するトレード歴8年の筆者」がXMを徹底的にリサーチしてますので是非参考に見てください

3. XMでも休眠口座・口座凍結になる場合はある!【理由・原因・条件】

XMでは不当な出金トラブルは起こらないと言えども、ルールを守らなかった場合には口座凍結のリスクもあります。

特に、取引での禁止事項に触れてしまった場合には、口座凍結され資金を全て失ってしまう恐れもあります。

そのため、XMで安全に取引するためにも、3つの条件について理解しておきましょう。

3-1. 取引を90日間しなかった場合(休眠口座)

XMでは、90日間取引をしなかった場合、休眠口座となってしまいます。

休眠口座になると、口座維持費として毎月5ドル口座残高から差し引かれる事になります。

3-2. 口座残高0の状態が90日間続いた場合(口座凍結)

XMでは、

  • 口座開設しただけで90日間入金しなかった
  • ゼロカットされたまま口座を放置していた
  • 休眠口座になり口座維持費が引かれ残高が0になった

などの理由で、口座残高が0の状態で90日間放置すると、口座凍結になってしまいます。

口座凍結になってしまうと再度、同じ口座で取引することができなくなってしまうので注意が必要です。

口座凍結にならないためには、口座残高を長期間0にしないことを心がけましょう。

3-3. 取引での禁止事項に触れてしまった場合(口座凍結)

XMでは具体的に7つの禁止事項が定められています。

  1. XMと他業者間での両建て
  2. XM内での複数口座での両建て
  3. 組織的に数人が別口座間で行う両建て
  4. 窓開け、窓埋め狙いだけの取引の禁止
  5. 裁定取引(アービトラージ)を狙った取引
  6. 接続遅延・レートエラーを利用した取引の禁止
  7. ボーナスやXMポイントを不正に取得する行為の禁止

これら禁止事項に触れてしまうと最悪の場合、即時、口座凍結され預けていた資金が戻ってこなくなるリスクもあります。

そのため、XMで取引する前に禁止事項に絶対触れないように注意すべきです。

4. XMで休眠口座になった場合の対処法(最短1分)

XMで90日間取引を行わず、休眠口座になってしまった場合は、

  • 新規取引をする
  • 追加入金をする

2つどちらかの方法で解除できます。

ただし、資金移動では休眠口座は解除できないので注意が必要です。

休眠口座にならないためには、最小取引量0.01lotでも構わないので、少なくとも3ヶ月に一回は取引を続けることが好ましいでしょう。

休眠口座を放置し続けると、無駄に口座維持費を払う羽目になる他、最終的に口座凍結になってしまうので注意が必要です。

5. XMで口座凍結になった場合は新規口座開設するしかない

XMでは一度、口座凍結になってしまうと解除することができません。

そのため、再びXMで取引するためには新たに新規口座開設する必要があります。

口座凍結になってしまうと、利用していた口座からの出金はできなくなります。

そのため、規約違反で口座凍結された場合は、資金が戻ってこなくなる可能性も高いので十分注意が必要です。

新規口座開設でボーナスはもらえる?

XMで口座凍結され新規口座開設し直す場合、ボーナスは一部制限されることになります。

  • 未入金ボーナス → 無し
  • 入金ボーナス → 前回の口座で受け取ったボーナスを差し引いた額
  • XMポイント → 0からスタート

そのため、新規口座開設だからといって再びお得なボーナスがもらえるわけではないので注意しましょう。

6. XMの口座凍結・休眠口座に関するQ&A

Q1. XMでスキャルピングをすると口座凍結になる?

なりません。

XMではスキャルピングでの取引が禁止されていません。

そのため、スキャルピングで取引したからと言って、口座凍結になるリスクはありません。

Q2. XMでは稼ぎすぎると口座凍結になると聞いたけど?

ありません。

XMで口座凍結になるのは、

  1. 禁止事項に触れる取引をした場合
  2. 口座残高0の状態が90日間続いた場合

2点のみです。

確かに、2chなどの掲示板では「稼ぎすぎると出金拒否にされる」との噂もありますが、それは悪徳業者に限ります。

XMではそのような事例は一切ないので心配はいりません。

Q3. XMで休眠口座・口座凍結になった場合はボーナスはどうなる?

全て消滅します。

XMで休眠口座・口座凍結になると、保有していたボーナスは全て消滅してしまいます。

Q4. XMで口座凍結された場合、確定申告で必要な年間取引報告書は取得できる?

サポートに問い合わせましょう。

XMで口座凍結された場合、MT4やMT5の口座にログインできなくなるため、確定申告で必要な年間取引報告書をダウンロードできなくなります。

そのため、年間取引報告書はXMのサポートへ直接連絡することで作成してもらえます。

  • メールサポート:support@xmtrading.com

メールサポートは平日24時間、日本語で問合せ可能です。

Q5. XMの自動売買で詐欺はありえますか?

SNS上で無料で配られているタイプの自動売買(EA)は危険です

XMは詐欺業者ではありませんが、XMを使った自動売買ツール(EA)の詐欺はあります。

詳しく説明すると、XMでは紹介したトレーダーの取引量に応じて紹介者に報酬が入る「IB」という仕組みがあります。

このIBの仕組を利用し、XMの紹介リンクからの口座開設を条件に、大ロット数で取引させる自動売買ツール(EA)を使わせる手口があります。

大ロットで取引させることにより紹介者には多額の報酬が入りますが、トレーダー側は強制ロスカットされるリスクが高まるので危険です。

そのため、SNS上でのXM自動売買の勧誘は詐欺のリスクがあるので手を出さないように気をつけましょう。

まとめ|XMは規約違反さえ気をつければ安全に取引できる!

結論から言うと、XMでは2009年のサービス開始以来から、詐欺や出金拒否などのトラブルは起こっていません。

XMの運営に関しても、

  1. 親会社・グループ会社が信頼性の高いライセンスを多数取得
  2. XMユーザーの資金に100万ドルの資金保証を設けている

2点からも、他社と比べてもかなり信頼性・安全性が高いと評価されています。

ネット上の評判を見ても「XMで詐欺があった」という意見はなく、悪評も少ないことからユーザーの満足度も高いことが伺えます。

実際、海外FXでは詐欺を行う悪質な業者も多いことから、信頼性の低い業者を利用して不当に出金拒否されたという声も多くあります。

そのため、海外FXで安全に取引したい方はXMのように信頼性・安全性が高く、ユーザーからの評判も良い業者を選ぶべきです。

この記事を最後まで読んだあなたが、XMの出金トラブルを全て理解し、資金を溶かさず、安全に取引することができれば幸いです。