このサイトではXMのすべてを解説しています

【比較】FX初心者ならXMのマイクロ口座一択!スタンダード口座との違い

マイクロ XM

※XMは2022年6月14日に最大レバレッジが888倍から1,000倍に引き上げられました。

この記事を見ているあなたは、XMのマイクロ口座とスタンダード口座のどちらを使った方が有利か気になっているのでは。

結論から言うと、マイクロ口座はFXが初めての方でどうしても少額からリスクを抑えて取引してみてい方のみにオススメできます。

ただし、マイクロ口座は最大取引量が少なすぎるため実戦で利益を出すのは難しいです。

そのため、迷っている方はスタンダード口座の利用がオススメです。

※スタンダード口座でも最小1,000通貨から取引できるの十分かと思います。

ただ、XMでは1アカウント最大8口座まで開設可能なので、どうしても気になる方はマイクロ口座・スタンダード口座の両方を開設してもいいでしょう。

この記事では、海外FX業界を熟知するトレード歴8年の筆者が丸一日をかけ、マイクロ口座とスタンダード口座の違いを徹底解説しました。

さらにココだけの話、マイクロ口座でキャッシュバック額を大幅に増やせる裏技も発見しました。

最後まで読めば、XMでの取引を何倍もお得にできるマイクロ口座の使い方をマスターできるでしょう。

XM ボーナスキャンペーン

もくじ

1.XMのマイクロ口座とスタンダード口座を一覧比較

スタンダード口座マイクロ口座
注文方式STPSTP
最大レバレッジ888倍888倍
ロスカット水準20%以下20%以下
マージンコール50%50%
最大保有可能数200ポジション200ポジション
最低入金額5$5$
ロット単位1lot=10万通貨1lot=1,000通貨
最小取引量・MT4:0.01lot
・MT5:0.1lot
0.01lot
最大取引量50lot100lot
取引手数料無料無料
口座維持費基本無料基本無料
スプレッド平均1.7pips1.7pips
通貨ペア数57種類57種類
CFD銘柄数33種類33種類
貴金属数4種類4種類
複数口座開設
両建て
スキャルピング
自動売買
ボーナス・未入金ボーナス
・100%入金ボーナス
・XMPロイヤリティプログラム
・未入金ボーナス
・100%入金ボーナス
・XMPロイヤリティプログラム
オススメ口座タイプ初心者〜上級者初心者

2.XMのマイクロ口座とスタンダード口座の3つの違い

結論、スタンダード口座とマイクロ口座の違いは以下3つのみ。

上記3点以外、例えばスプレッドや最大レバレッジなどは全て同じになります。

2-1. 1ロットの単位の違い

  • スタンダード口座:1ロット=10万通貨
  • マイクロ口座:1ロット=1,000通貨

マイクロ口座はスタンダード口座に比べ、1ロットの単位が100分の1の「1,000通貨」に設定されています。

つまり「マイクロ口座での100ロット=スタンダード口座での1ロット」となり、1pipsあたりの利益にも100倍の差が出ます。

ロットあたりの取引通貨数

ロット数スタンダード口座マイクロ口座
0.01ロット1,000通貨10通貨
0.05ロット5,000通貨50通貨
0.1ロット1万通貨100通貨
0.5ロット5万通貨500通貨
1ロット10万通貨1,000通貨
10ロット100万通貨1万通貨
50ロット500万通貨5万通貨
100ロット10万通貨

2-2. 最小・最大ロット数の違い

スタンダード口座マイクロ口座
最小ロット数・MT4:0.01ロット(1,000通貨)
・MT5:0.1ロット(1万通貨)
0.01ロット(10通貨)
最大ロット数50ロット(500万通貨)100ロット(10万通貨)

マイクロ口座では1ロット=1,000通貨なので、0.01ロット=10通貨が最小取引単位となり、スタンダード口座の100分の1のサイズで取引可能です。

一方、マイクロ口座では100ロットまで取引可能なので最大ロット数は10万通貨となり、スタンダード口座に比べて50分の1の大きさになります。

ただし、マイクロ口座で1/100の少ロットで取引できるのは、FX通貨ペアとゴールド・シルバーのみになります。

それ以外のCFDはスタンダード口座と同様に最小1,000通貨になるため注意が必要です。

ドル円の場合、マイクロ口座の必要証拠金はいくら?

ロット数必要証拠金(※)
最小ロット数0.01ロット
(10通貨)
1.23円
最大ロット数100ロット
(10万通貨)
12,387円
1ドル=110円で計算しています。

※レバレッジ888倍での取引を仮定

2-3. 銘柄の表示方法の違い

スタンダード口座の場合
  • ドル/円:USDJPY
  • ユーロ/円:EURJPY
マイクロ口座の場合
  • ドル/円:USDJPYmicro
  • ユーロ/円:EURJPYmicro

マイクロ口座の場合はスタンダード口座とは違い、銘柄の表示に”micro”という表記がプラスされます。

microと明記されている場合はマイクロ口座を利用しているということを意味し、ロット単位は”1ロット=1,000通貨”となります。

microと表記してあることで初心者でも見分けやすいので、間違って取引することもなく安心して取引できるでしょう。

2. 【結論】XMで迷ったらスタンダード口座がオススメ

マイクロ口座は少額から取引できる事がメリットですが、実戦となると最大取引量が10万通貨までと小さいため中々使い勝手が悪いです。

そのため、マイクロ口座はFXが初めての方で少額からリスクを抑えて取引したい初心者の方であればオススメできるという感じです。

FXの経験があり、すぐにでも実戦で勝負ができるという人はスタンダード口座を利用することがオススメです。

スタンダード口座であっても最小1,000通貨で取引できるため少額取引も十分可能かと思います。

以下、マイクロ口座の具体的なメリット・デメリットをまとめたので、利用を迷っている方は詳しく見てください。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

実際、当ブログからマイクロ口座を開設した人は全体の17%程度です。8割以上の方がスタンダード口座を開設しています。

XMは最大8つまで追加口座ができる
  • XMでは1アカウント最大8口座まで開設可能なため、マイクロ口座が気になっている人はスタンダード・マイクロ口座の両方を開設することもオススメです。

2-2. マイクロ口座のメリットは初心者でも少額から取引を始められる事

XMのマイクロ口座のメリットは小額から取引ができるので、実戦経験が浅い初心者でも気軽に取り組めることにあります。

スタンダード口座と比較するとロット単位が100分の1とかなり小さいので、例え損出が出たとしてもかなり額は小さい。

そのためXMのデモ口座である程度取引の仕組みに慣れた方のステップアップ先としては、マイクロ口座が一番おすすめです。

小額から取り組めるので必要証拠金も少なくてすみますし、ローリスクローリターンで始められるので取引からくる精神的な負担等も全くありません。

2-3. マイクロ口座のデメリットは大きな利益は望めないこと

XMのマイクロ口座は1ロット1,000通貨と、かなりロット単位が小さいのが大きな特徴としてあげましたが、それは裏を返せばデメリットとしても捉えられます。

ロット単位が小さいということはそれだけ取引量も少ないということなので、レバレッジを効かせた大きな利益を出す事ができません。

また、取引量が少ないと利益と損出共に額が少なすぎてFX取引を行っている実感が感じられない、といったデメリットにも繋がります。

大きな利益を狙ってレバレッジを効かせた取引を行いたい方は、タイミングを見てスタンダード口座に切り替えた方が無難でしょう。

3. XMのマイクロ口座がおすすめな人【FXが初めての初心者にオススメ】

XMのマイクロ口座は主に小額から取引をしたい方や、FX初心者の方におすすめです。

スタンダード口座などの他の口座タイプと比較してリスクが低いため、初心者でも参入のハードルが極めて低く、効率的に実戦経験を積むことができます。

その他、マイクロ口座であれば必要証拠金も少なくて済むので、現時点で余剰資金に余裕がない方にもおすすめの口座タイプだともいえるでしょう。

3-1. 資金にあまり余裕がない人

マイクロ口座の場合はロット単位が1,000通貨なので、例え資金が1万円以下でも取引を不自由なく行うことができます。

実際にXMのマイクロ口座の初回入金額は5ドルとなっており、日本円で約500円入金すれば取引可能ということになります。

ただ、利益性はかなり低いので、大きな利益を狙って取引を行うということはできません。

3-2. リアル口座で実戦経験を積みたいひ人

XMにも大変便利なデモ口座が設けられいますが、実際に取引を行うのとデモ口座でシュミレーションするのでは、得られる経験値が全く異なります。

野球に例えるとバッティングの練習だけいつまでもしていても、試合に出て打席に立ちバットを振らなければリアルな実戦からの経験値は得られません。

FXも野球と同じで実際に身銭を切って取引を行ってみないことには、実戦から得られる経験値というものは取得できません。

とはいえ、実戦経験がない初心者がいきなりハイリスクでトレードするのは緊張すると思いますので、まずはローリスクで始められるマイクロ口座から始めるのが無難です。

3-3. 海外FX初心者で小額から取引したい人

XMの口座タイプには3つの種類がありましたが、その中でも初心者用として設けられているのが”マイクロ口座”になります。

XM業者側もFXをこれから始める人の参入障壁を少しでも低めようという試みがあり、初心者でも小額から始めやすい口座タイプとして、マイクロ口座が作られました。

また、“FX”と聞くとどうしても投機性が高いギャンブルみたいなものだと捉える人も少なくないため、まずは気軽に取引できる環境を作っているとも捉えられます。

4.【裏技】マイクロ口座はXMポイントのランクアップ用口座として使え!

XMには「XMポイント(ロイヤルティプログラム)」という、取引ごとにキャッシュバックがもらえるボーナスがあります。

XMポイントには取引日数に応じてポイント増加するランクが設けられています。

つまり、マイクロ口座の小ロットで毎日1回取引を行うことで、安全にランクアップすることが可能。

XMポイントのランクは「アカウントごと」に付与されるため、マイクロ口座で取引日数を稼ぎ、その後にスタンダード口座を開設して取引することで、

XMポイント最高ランクの「エリート」でトレードを始めることが可能になります。

安全かつ最速でエリートランクになるための方法

マイクロ口座を開設する

マイクロ口座なら小ロットで取引できるため、ランクアップに必要な取引も安全にできます。

ボーナス専用の口座として利用する

ボーナス口座とトレード口座を同一にすると、資金管理が複雑になります。

最高ランクの「エリート」になるまで、一般的なトレードは別口座で行うことをオススメします。

最も少額の0.1lotで取引をする

XMポイントのランクアップ条件は「取引日数」です。

安全にランクアップしたい人は最も小ロット(0.1lot)で1日1回、10分以上のトレードを行いましょう。

また取引日数には「ポジションを保有している状態」も含まれるので、資金管理をしながら100日間ポジションを保有するという方法も有効です。

マイクロ口座からスタンダード口座に乗り換え

XMポイントのランクはアカウント単位で共有されます。

マイクロ口座でランクアップした後、新たにスタンダードの口座開設することでランク維持したままトレードが可能です。

5. XMのマイクロ口座に関するQ&A

XMのマイクロ口座やスタンダード口座に関連するよくある質問を、初心者でも分かりやすくまとめてみました。

未然にトラブルを回避するためにもよくある質問にしっかりと目を通し、XMのマイクロ口座に関する理解を深めておくことも必要なことです。

また、取り上げていない内容で気になることがある方は、直接XMの公式サイトから問い合わせてみてください。

5-1. XMのマイクロ口座はスマホMT4でも画面表示されますか?

XMのマイクロ口座をスマホで確認したい方は、スマホ版のMT4(MetaTrader 4 FX取引)アプリをインストールすることで見ることができます。

Apple Store等で検索するとアプリが出てくるので、まずはアプリを入れてその後、ご自身のログインIDを入力してみてください。

5-2. XMのマイクロ口座は使い勝手が悪いと聞きましたが本当ですか?

基本的に海外FXにおける取引プラットフォームはMT4(もしくはMT5)に統一されており、XMのマイクロ口座だから使い勝手が悪いといったことはありません。

ある程度使ってみて取引に慣れれば問題ないでしょう。

5-3. XMのマイクロ口座でもMT5は利用可能でしょうか?

XMのマイクロ口座に限らず、用意されている他の口座タイプもMT5に対応しています。

ただ、現時点ではまだMT4の利用者が多いため、全くMT4を触った事がない初心者の方でなければそのままXMでもMT4を利用した方が良いといえます。

逆に、FX初心者の方でXMのマイクロ口座から始めようとされている方は、MT5から始めてみると良いでしょう。

5-4. 初心者にはマイクロ口座とスタンダード口座ではどちらがおすすめ?

マイクロ口座は他の口座タイプと比較してロット単位が小さいので、小額から取引ができローリスクで始めやすいのが大きな特徴です。

そのためFX初心者には、マイクロ口座から始めることをおすすめします。

また、ある程度マイクロ口座で実戦の取引に関して慣れてきてから、再度スタンダード口座を検討すると良いでしょう。

5-5. XMでマイクロ口座を開設したのですがMT4にログインできません…

既にマイクロ口座の開設ができている段階でMT4(もしくはMT5)にログインできない場合は、直接XMの公式サイトから問い合わせてみましょう。

XMでは日本語サポートが充実しているので、日本人が対応してくれます。

英語に自信がない方でも気軽に相談できるのも、XMの大きな特徴です。

5-6. XMのマイクロ口座でもボーナスは受け取れますか?

マイクロ口座でもスタンダード口座同様のボーナスが受け取れます。

ただしマイクロ口座の場合、最大取引量が小さいため取引ボーナスである「XMポイント(ロイヤリティプログラム)」のキャッシュバックは少なくなる傾向にあります。

XMポイントの還元率
  • スタンダード口座:1ロット=10ポイント
  • マイクロ口座:1ロット=0.01ポイント

XMポイントはスタンダード口座で1ロット(10万通貨)の取引で10ポイント付くため、

1ロット=1000通貨のマイクロ口座では100分の1のポイントになってしまいます。

5-7. マイクロ口座とスタンダード口座でスプレッド・レバレッジに違いはありますか?

マイクロ口座とスタンダード口座のスプレッドレバレッジは全て同じです。

ただし、スプレッドに関しては取引量が多くても少なくても同様にかかるので、少額よりも大口での取引のほうが利益は出しやすくなります。

XMではスプレッドがやや広いため、やはり利益を狙ってトレードするには最大取引量の大きいスタンダード口座を使ったほうが有利でしょう。

まとめ|XMのマイクロ口座は小額から始めたい海外FX初心者にオススメ!

結論をまとめるとXMのマイクロ口座は、小額からFXを始めたい初心者におすすめの口座タイプです

ただし、マイクロ口座は最大ロット数が100ロット(10万通貨)と小さく、大きな利益は望めないため、実戦で使うとなるとスタンダード口座がおすすめです。

そのため、XMでどの口座を使うか悩んでいる人はスタンダード口座を使うことがおすすめです。

スタンダード口座でも最小1,000通貨で取引できるため、少額取引も十分かと思います。

また、XMでは1アカウント最大8口座まで追加できるため、マイクロ口座・スタンダード口座の両方を開設するという手もありです。

さらに、マイクロ口座の裏技的使い方として、XMポイントのランクアップ用に使う方法もあります。

この記事を最後まで読み、スタンダード口座を利用する事に決めた人も、XMポイントのランクアップ用にマイクロ口座を使ってみる事をオススメします。