【闇】AssassinFXで出金拒否!被害者の評判から詐欺の実態を暴露

コピートレードでSNSを中心に人気だった海外FX業者「AssassinFX」で2023年7月3日に一斉ロスカットによる詐欺事件が発生しました。

この記事では、詐欺事件の被害者や被害者団体のLINEオープンチャットからの情報をもとに、事件の全貌について解説します。

特に最近、SNSで話題になる新興の海外FX業者での詐欺事件が多発しています。

海外FXでの詐欺事件はFX会社の所在地が海外であることからも資金の回収が非常に難しいです。

そのため、これから海外FXを始めようと思っている方は「安全性の高いFX会社」を第一に選ぶようにしてください。

関連記事安全性の高いおすすめ海外FXランキング2023!20社比較・厳選TOP7

当サイトではシンガポール法人の運営会社から「海外在住の日本人」に向け情報発信を行っております。また、当サイトではあくまでも投資家への「情報提供」を目的としており、FX・投資に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。当サイトで発信する情報は全て専門家監修の元、信頼できる情報のみを発信しておりますが、正確性、安全性、合法性、道徳性等を保障するものではございません。当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いません。また、当サイトからリンクやバナーなどによって移動したサイトで提供される情報、サービス等についても一切責任を負いません。

FXを含め投資にはリスクが付き物のため、必ず余剰資金で取引することを強くおすすめ致します。

AssassinFXは2022年に誕生したコピートレードで有名な海外FX業者

AssassinFX

AssassinFXは2022年に登場した新興の海外FX業者です。

運営会社はセントビンセント・グレナディーン諸島というカリブ海の島国にあるASN FX。

AssassinFXは、投資家にお金を預ける事でその投資家と同じトレード手法で資産運用できる「コピートレード」という仕組みでSNSを中心に人気がありました。

しかし、運営会社が金融ライセンスを所持していないことや、歴史が浅いことからも、FX界隈では「怪しい」「危険」という声も上がっていました。

そんな中、2023年7月3日に「コピートレードでの一斉ロスカット事件」が起こり、資金を溶かす被害者が大量に出てしまいました。

AssassinFXで起こったコピートレード一斉ロスカット詐欺事件

AssassinFXのコピトレ詐欺の全貌
  1. SNS上でコピートレードの勧誘を行う
  2. LINEアカウントの追加をさせる
  3. AssassinFXの口座開設や資金の入金を促す
  4. グループチャットアプリ「discord」に誘導し収益報告を行う
  5. 2023年7月に突如異常な取引が頻繁に行われ、参加者の資金を次々に溶かす
  6. AssassinFXからの資金出金もできなくなる(現在も出金遅延が発生中)
  7. その後、勧誘を行った投資家アカウントが次々とネット上から消える

AssassinFXでは、SNS上でFXトレーダーを名乗るアカウントによる「コピートレードの勧誘」が頻繁に行われていました。

しかし、実際にコピートレードを始めて間もなく、投資家が異常なトレードを起こし参加者の資金を全て溶かす事件が発生します。

SNS上では様々な投資家がコピートレードの勧誘を行っておりましたが、驚いたことに全てのアカウントで一斉にロスカットが起こったのです。

さらに、AssassinFXでは出金拒否もおこり、現在でも残った資金が出金できない被害者も多くいます。

そのため、ネット上では集団詐欺事件を訴える声が集まっており、数千人規模の被害者の会も結成されています。

今回の事件では、数百万円もの資金を入金する参加者も多く、被害総額は数億円にものぼるとネット上では言われています。

AssassinFX利用者のリアルな口コミ・評判

FXFairの出金遅延が起こるまで

2023年7月3日〜
AssassinFXのコピトレで溶かされる被害が続出
コピトレ主達は一斉にアカウント削除で逃亡(画像1)

FXFairはAssassinFXのホワイトラベル元である事を公式で発表(画像2)
アサシンFXの運営とは関係ないと主張するが、取引サーバーがアサシンと一致との情報が出回る

7月9日
FXFairはMT5の導入

7月12日〜18日
80%ボーナス 上限60万円

7月14日
MT4の不具合発生

7月19日〜24日
80%ボーナス延長&上限リセット

7月25日
通常入金でいつでも40%ボーナス上限100万円が付与されるように

7月27日 
100%ボーナス 上限100万円何度でも付与
ここから出金遅延者が増え始める

7月28日 
MT4復旧

8月2日
70%ボーナス 上限100万円何度でも付与

8月10日 
111%ボーナス 上限111万円

8月11日
PAMMに関連する銀行口座が凍結される&PAMMの出金一時停止

8月15日
不正トレードが横行しているとの理由で出金日数が25営業日に変更

8月18日←イマココ!!!
Twitterでの着金報告はほぼ皆無

⚠️悪徳な海外FX業者はGEMFOREXのように飛ぶ前に資金集めのためにボーナスを連発します。このような被害を増やさないためにも、ツイートの拡散をお願いします。当アカウントでは海外FX業者の最新情報を発信し、危ない業者はいち早く発信して注意喚起していきます。ぜひフォローの方もお願いします。

AssassinFX(アサシンFX)の評判・口コミ・詐欺事件・闇
X(旧Twitter)から引用

【拡散希望】

ハスト、アサシン、ゲム
いずれも飛ぶ前に

出金を遅らせる
出金制限メール

100%以上のボーナス連打

そして今回のFX Fairの出金制限🚫
&ボーナス連打

もう分かるよな?

『完全に挙動が一致している』

多くの人に伝えるために
いいね&RTで拡散頼む🙏

AssassinFX(アサシンFX)の評判・口コミ・詐欺事件・闇
X(旧Twitter)から引用

アサシンFXの件で引用していた詐欺アカウントが販売されているので再度注意喚起⚠️
みんなのせんちょう、良質アカウント?違反警告なし?

AssassinFX(アサシンFX)の評判・口コミ・詐欺事件・闇
X(旧Twitter)から引用

ZAIXとアサシンのコピトレ全損は泣き寝入り(詐欺の立証が困難)。 ゲムとハストは負けてもないのに利益はおろか元金すら返さず、個人情報、時間をも奪うという極悪非道。 こいつらが無罪放免になれば詐欺、横領はし放題という事が確立してしまい海外FXは非常に危険な状態に。 関係者の逮捕を強く望む。

X(旧Twitter)から引用

ハストフォレックス、アサシンFX、ゲムフォレックス、FX fairで出金拒否騒動 日本の金融庁未登録で本社がなぜかカリブ海の小国、 客の金を分別管理してるかも怪しい こんなの「会社は倒産しました。お金は返せません」って言われたら終わり 詐欺だって騒いでるけど、どうやって証明するんだろ?

X(旧Twitter)から引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

AssassinFXのコピートレード詐欺で失ったお金を取り返せる?

※あくまでも体験談やネット上でのリサーチを元にした筆者見解になります。

結論から言うと、AssassinFXを含め海外FXでの詐欺事件では、資金を回収するのが非常に困難です。

そもそも、海外FXは海外のオフショア法人で運営されている場合が多く匿名性が非常に高いです。

※オフショア法人とは登記した国の外で事業を行う法人のこと。匿名性が非常に高く登記簿に運営者の名前や住所が載らない場合もあります。

実際、AssassinFXの詐欺で失ったお金を取り戻すには、訴訟して裁判をする必要がありますが、

海外法人に対して訴訟を起こすため、日本の弁護士が引き受けるのは非常に難しいと言えます。

そうなると、運営会社の現地にある弁護士に頼る方法しか無くなりますが、費用・言語・弁護士の腕など現実的に考えて非常に難しいでしょう。

もし取り返せる可能性があるとしたら、AssassinFXの運営者が日本人である場合です。

実際、日本人をターゲットとしている海外FXでは裏で日本人が運営している場合も多いので、日本人運営の実態を掴むことができれば訴訟の余地はあるかもしれません。

実際に日本人が勧誘した海外証券会社での投資詐欺の逮捕事例もあります。

そのため、筆者の見解まとめると

  • AssassinFXは海外法人なので訴訟が難しい
  • 日本の弁護士に依頼できないため、現地の海外弁護士を探すしかない
  • AssassinFXの運営者が日本人だった場合は訴訟できる可能性もあり

という結論になります。

海外FXで詐欺に遭わないためにはSNSでの勧誘に乗らないこと

AssassinFXの事件以外にも海外FXでは過去に様々な詐欺が起こっています。

詐欺の疑いのある海外FX業者
  • FXsuit
  • FX fair(BeyondFX)
  • Zaix
  • Gemforex
  • HastFX
  • IRONFX
  • instaforex
  • FXDD
  • virtu forex

上記は一例ですが、特に最近登場した新興のFX業者で詐欺が目立っている印象です。

最近ではSNSを通じて詐欺業者に勧誘されるケースが多いです。

しかし、FXは「投資」なので他人に誘われて始めるべきものではありません。

例えば、SNSで「FXが稼げる」と勧誘され、FXについて何も知らない人が始めたとしても、確実にゼロカットされてお金を全て失うだけです。

今回のAssassinFXのコピートレード詐欺事件のように「あなたの資産を運用してあげます」「投資するタイミングを教えてあげます」という勧誘を受けた場合、

そもそも、「金融商品取引法第29条に基づく登録」を受けずに、投資助言・代理業を行うのは違法です。

そのため、SNSからの勧誘でFXを含め投資を始めるのは危険なので絶対にやめるべきです。

もし、海外FXを始めるなら、投資についてしっかりと勉強をした上で始めるべきです。

海外FXは絶対に「安全性」で選ぶべき

海外FXを使うにはリスクがあります。

しかし、海外FXをトレーダーとして利用すること自体に違法性はないと言われているため、利用するかどうかは自己責任です。

もちろん海外FXにも、日本のFX会社より経営基盤の大きく評判が良い会社も存在するため、

海外FXを始めるなら「多くの人が利用しており、出金拒否や詐欺の口コミの少ない安全なFX業者」を使うべきです。

具体的に、海外FXの安全性については主に4つの軸で選ぶべきです。

海外FXの安全性の評価基準
  1. 金融ライセンスの有無(持っていない場合は絶対に利用しない)
  2. 資金保障制度の有無(有名な保険会社・信託銀行と契約していることが好ましい)
  3. サービス運営歴(運営歴10年以上が好ましい)
  4. 利用者の評判(利用者の評判で出金拒否や詐欺が起こっていないかチェック)

特に「XM」は海外FXで最も安全性が高いと言われており、4つの評価基準から見ても高く評価できます。

XMの安全性評価

金融ライセンス
セーシェルで取得
グループ会社は世界9つで取得
資金保障制度
最大100万ドルの資金補償あり
サービス運用歴
2009年から13年の運営歴
(一番歴史の長いiFOREXは27年)
ネット上での評判
出金拒否の噂もなし

実際に筆者自身も10年以上トレーダーとしてXMを利用していますが、今まで一度も出金拒否が起こった経験はありません。

そのため、現時点でXMは海外FXで一番安全性が高いと評価することができるため、

これから海外FXを始めるならXMでトレードすることをおすすめします。

XMに関する関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です