【格付け】TradeViewの評判は最悪?6つの特徴・利用すべき人

TradeViewって名前だけ聞いたことあるけど、どんな特徴がある業者なの?

TradeViewはECN口座のスプレッドが超狭いので、中〜上級者の方ならかなり快適にトレード出来ますよ!

この記事を見つけたあなたは、TradeviewがどんなFX業者なのか気になっているのではないでしょうか?

一言で言うと、Tradeviewは「スプレッドや売買手数料が非常に安く、取引環境が快適な業者」です。

ILC口座のスプレッドの狭さは業界トップクラスで、スキャルピングの快適度は相当な高さを誇ります。

この記事では、編集長の私が実際にTradeviewを使用して体感したメリット、デメリットを解説しています。

最後まで読むことで、Tradeviewの魅力が分かり、あなたに合った業者かどうかがはっきりすることでしょう。

1. Tradeviewは取引コストが非常に安くプロトレーダーにも支持されるFX業者

Tradeviewは、取引コストが安く、信用できる取引所です。

日本では知名度が低めですが、スプレッドの狭さや約定力の高さで、世界的にはかなりの支持を集めているFX業者です。

Tradeviewの概要は以下の通りです。

運営会社Tradeview Ltd
所在地5階 Anderson Square, 64 Shedden Rd, PO Box 1105
金融ライセンスケイマン諸島金融庁(CIMA
設立2004年

審査が厳しいケイマン諸島の金融ライセンスを取得しており、非常に信頼度が高いと言えます。

Tradeviewは2004年創業で、現在運営機関17年間の老舗で海外では非常に高い評価を受け、世界中のトレーダーから愛されています。

日本でも有名なFX業者のXMは2009年創業なので、それ以上に運営機関が長い老舗です。

老舗であるにもかかわらずあまり有名でないのは、これまで日本のマーケットにあまり力を入れていなかったからです。

数年前までは、Tradeviewは取引画面は英語表示のみで、サポートも英語のみでした。

日本での宣伝も一切してなかったので、知る人ぞ知る業者だったのです。

しかし、現在はホームページやプラットフォームの日本語化や、日本人のサポートスタッフの採用などを行い、非常に使いやすくなっています。

今後、日本でも知名度がどんどん上がってくると思われます。

今すぐTradeViewで口座開設する

2. Tradeviewのメリット3選

Tradeviewをオススメできる理由となる、メリットを3つ挙げてみました。

2-1. ILC口座のスプレッドが驚異的に狭く、手数料も安い

TradeviewのILC口座は、スプレッドが驚異的に狭く、コストが非常に低いです。

Tradeviewではスタンダード口座とILC口座がありますが、スタンダード口座は平均スプレッドが1.9pipsと広いですが、ILC口座はスプレッドが非常に低く有利にトレードを進めることが出来ます。

海外FX口座にはスプレッドが狭い業者がf複数ありますが、その中でもTradeviewはダントツに狭く、USD/JPYだと平均0.1pips、EUR/USDだと0.2pipsです。

さらに驚くのが、スプレッドが0になることもあるという点です。

実際にリアルタイムでのスプレッドを見ればよく分かります。

以下を見ていただくと、実際に0になるタイミングが存在することが確認可能です。(一番右がスプレッド)

Tradeviewのリアルタイムスプレッド(ECN口座)

ECN口座なので取引手数料は発生しますが、こちらもかなり安いです。

ILC口座(ECN)の取引手数料は10万通貨あたり片道0.25pips(2.5ドル)、往復0.5pips(5ドル)です。

以下表を見ていただくと、他の有名業者と比べてもコストが低いのがよく分かります。

1lotあたりのECN口座の取引手数料

Tradeviewxm(zero口座)TitanFXAxioryHotForex
0.5pips0.8pips0.7pips0.6pips08pips

さらに、透明性が高いECN方式を採用しているため、約定力が非常に高く約定拒否も起こらずストレスなくトレードが出来ます。

2-2. 4つの取引プラットフォームから選択できる

Tradeviewでは4つの取引プラットフォームから選択できるのも嬉しいメリットです。

定番のMT4,進化版のMT5、プロトレーダーからの評判が高いCurrenex、そしてMT4を超えたとも言われるcTraderが利用できます。

この中で特にオススメなのはcTraderです。

c-Traderは「MT4を超えるトレードツール」とトレーダーの中で言われている通り、非常に使い勝手がいいです。

以下のような特徴があり、MT4やMT5には無い特徴を兼ね備えています。

  1. 複数ポジションの同時決済
  2. 板情報を見ることができる
  3. 直感的に操作できる
  4. 約定拒否一切無し

cTraderが使用できる海外業者はまだまだ少ないため、Tradeviewの大きなメリットの一つと言えるでしょう。

複数の口座を開設することもできるため、4種類全て試してみて、使い勝手がいいプラットフォームを利用するのもオススメです。

2-3. 資金管理が万全で、出金トラブルの心配が少ない

Tradeviewでは資金管理についても万全な体制を整えています。

まず、顧客から預かった資産は、Tradeview社の外部で分離して保管されます。

資金はトップティア銀行に分別保管されており、信託保全があります。

そのため、万が一Tradeviewが破綻しても資金は外部で守られてますし、35,000ドル(約400万円)のまでは利用客に補償されます。

会社が潰れてもお金が戻ってくるというのは、非常に心強いですね。

出金に関してもトラブルが起こったことが無く、2004年の創業以来、一度の出金拒否もありません。

海外業者は出金トラブルが問題になることがありますが、Tradeviewではこういったリスクは限りなく0と言えるでしょう。

今すぐTradeViewで口座開設する

3. Tradeviewのデメリット3選

Tradeviewはメリットが多いFX業者ですが、デメリットも存在します。

3つのデメリットをまとめてみました。

3-1. ロスカットの基準値が証拠金維持率100%以下と高い

ロスカットの基準値が高いのはデメリットになりうるでしょう。

海外のFX口座は、ロスカット基準が証拠金維持率50%以下に定められている業者がほとんどです。

一方Tradeviewでは、証拠金維持率100%以下でロスカットになります。

これは国内業者なみに高い設定のため、一時的な価格変動で強制決済されてしまいがちです。

また、マージンコールの基準値が証拠金100%以下と、ロスカット基準と同じ設定なのも気になります。

この設定だと、価格がマージンコールの基準値に達し、アラートが出るのと同時にロスカットされてしまいます。

メールが届いた時にはすでにロスカットされた後、、、という状況になるわけです。

そのため、チャートに張り付いてのスキャルピングをする場合は気になりませんが、ずっと見ていられない場合には不便に感じるでしょう。

3-2. ILC口座の最低入金額が1000ドル~と高額でボーナスがない

ILC口座の最低入金額が1000ドル(約10万円)と高額設定になっているのもデメリットかもしれません。

少額で「これからFXを試してみたい」という初心者の方にとっては、敷居が高く感じる可能性があります。

また、海外取引所は入金の際にボーナスが貰えることが多いですが、Tradeviewでは基本的にはボーナスはありません。

キャンペーン、ボーナスで集客をするよりも取引条件や、取引環境の開発に力を注いでいるためです。

そのため、まだ資金の少ない初心者の方にとっては、使いづらく感じてしまう可能性があります。

3-3. 日本語対応が弱い

Tradeviewには日本語対応のページが存在していますが、英語ページと比べると情報量が少ないです。

そのため、公式サイトから正確な情報を仕入れるには英語が必要になり、言語の壁が発生してしまいます。

サポートについても、日本語でのやりとりはメールのみで、ライブチャットや電話は利用できません。

そのため、日本語での電話対応など、手厚いサポートを求める方には不向きといえるでしょう。

今すぐTradeViewで口座開設する

4. Tradeviewの評判3つ

Tradeviewの評判を集めてみました。

4-1. スプレッドの狭さが素晴らしい

有名取引所のXMと比べてもスプレッドが狭く、スキャルピングしやすいという評判ですね。

4-2. Tradeviewは出金拒否の心配なし

数千万円以上の資金を運用するプロトレーダーも、Tradeviewを信頼して4000万円以上入金しています。

FX業者を熟知したプロが出金拒否の心配が無いと判断しているほど、信用できるということが言えます。

4-3. 様々なメリットあり

様々なポイントをきれいにまとめてくれているツイートです。

Tradeviewには様々なメリットがあり、非常に魅力的な業者であることがよく分かりますね。

今すぐTradeViewで口座開設する

5. Tradeviewをオススメできる人

Tradeviewをオススメできるのはどんな方か、まとめてみました。

5-1. 信頼できる業者を選びたい人

とにかく信頼できる業者を選びたい人には、Tradeviewはかなりオススメ出来ます。

tradevierは創業が2004年と歴史があり、15年以上の運営期間がありますが、出金拒否が一度も起こっていません。

他にもスリッページがほとんど起こらない、ゼロカットのはずが追証を請求される、口座凍結などのトラブルも全くありませんので、信頼性が非常に高いです。

資金管理も万全の体制のため、安心して入金や取引が可能です。

そのため、余計な心配をせずトレードに集中したい方は、Tradeviewを利用するのは賢い選択と言えるでしょう。

5-2. FXの中級者~上級者

FXの中上級者にもTradeviewはオススメ出来ます。

Tradeviewは、高い約定力、低コストでの取引など、ユーザーが快適なトレードを行うための環境整備に力を注いています。

高機能なc-Traderでの取引が可能なため、中級者以上のトレーダーであればきっと満足できるでしょう。

一方、初心者で経験が浅く、資金も少ない場合は他の取引所を選ぶほうがいいかもしれません。
Tradeviewは入金ボーナスが無いなど、初心者トレーダーにとって嬉しい要素はほとんどありません。

トレード環境重視の、FXの経験が豊富な方であれば、Tradeviewは非常に満足できる業者と感じるでしょう。

5-3. スキャルピングメインの方

スキャルピングなどの短期取引がメインの方にも、Tradeviewはオススメ出来ます。

Tradeviewは約定力が高く、全通貨の平均スプレッドが0.2pipsと非常に狭いので、スキャルピングと相性がいいです。

c-Traderを使えば約定拒否やスリッページも一切起こらないため、効率良く快適に短期売買を行うことができます。

また、両建禁止などの制限が一切無いのも嬉しいポイントで、効率よくスキャルピングが可能です。

今すぐTradeViewで口座開設する

まとめ|トレード経験豊富な中〜上級者ならTradeViewのICL口座で決まり!

Tradeviewは、資金管理が非常にしっかりしており信用できるFX取引所です。

ILC口座でのスプレッドや取引手数料の安さが業界トップクラスで、高機能なc-Traderのプラットフォームで透明性の高い、ECN方式でのトレードが可能です。

入金最少額が1000ドル、入金ボーナス一切無しのため、初心者には資金が高いですが、

中級~上級の方には非常にオススメできる取引所です。

快適な環境でトレードしたい場合は、この機会にc-Traderの口座を作りましょう。

今すぐTradeViewで口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です