【注意】ミルトンマーケッツはやめとけ?14の特徴・評判から辛口評価!

この記事の筆者
この記事の筆者

桜木ジョン

  • 海外FX歴8年のシンガポール在住投資家
  • 金融ライター歴5年(過去大手メディアでも執筆実績あり)
  • ミルトンマーケッツは3年の利用歴あり
  • この記事では筆者や利用者の体験談、ミルトンマーケッツのスタッフからの情報を元に安全性・評判・使い心地など包み隠さず公開します。
MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)の評判・スペック評価

この記事を見つけたあなたは、「スプレッドの狭さ」や「ボーナスキャンペーン」でミルトンマーケッツについて知り、どういう業者か気になっているのでは。

結論から言うと、ミルトンマーケッツはスキャルピングでのトレードに超オススメです。

というのも、ミルトンマーケッツではスキャルピングで有利な条件が揃っているからです。

更に、ミルトンマーケッツではレバレッジが1000倍と高いことや、ボーナスキャンペーンがお得なこともメリットです。

そのため、メリットを合わせるとボーナスを利用したハイレバ×スキャルピング」で少額でも短期間に大きな利益を狙うことができる業者です。

この記事では、海外FX業界を熟知したトレード歴8年の筆者が、ミルトンマーケッツの評判を丸一日かけて調査し、合計14つのメリット・デメリットを徹底解説しました。

唯一、残念な事にミルトンマーケッツでは出金拒否ではないものの「利益取り消し」が発生しているのも事実。

この記事を最後まで読めば、ミルトンマーケッツの安全性や具体的にどのようなトレード手法でオススメなのか詳しく知れるでしょう。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

1. ミルトンマーケッツ(Milton Markets)は狭いスプレッドと高い約定力を武器に注目を集める業者

ミルトンマーケッツは2015年に設立された業者です。

狭いスプレッドと高い約定力を武器に注目を集めており、スペックの高さに定評があります。

運営歴は浅いため、まだ実績が少ないので信頼性や安全性は高いとは言い難いです。

しかし、2020年7月に新しいサービスの導入や公式サイトのリニューアルをして、ユーザーの利便性を考慮したサービスを提供できるように改善しながら進化しています。

こうしたユーザーを第一に考えた姿勢は、多くのトレーダー達から高く評価されており、注目を集めているのです。

今後は、実績を付けて知名度を上げていくと期待できる業者でもあります。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

1-1. ミルトンマーケッツの口座タイプ・スプレッド一覧【スペック比較】

FLEX口座SMART口座ELITE口座
注文実行環境STP・DMASTP・DMASTP・DMA
最大レバレッジ500倍1000倍200倍
取引ツールMT4MT4MT4
取引手数料無料無料無料
マージンコール50%100%100%
ロスカット水準20%50%50%
最小取引通貨1000通貨
(0.01Lot)
1000通貨
(0.01Lot)
1000通貨
(0.01Lot)
最大ロット数50ロット50ロット50ロット
最大ポジション数100100100
最低入金額1万円3万円100万円
取り扱い銘柄・FX:43種類
・貴金属・エネルギー:5種類
・株式指数:11種類
・FX:43種類
・貴金属・エネルギー:5種類
・株式指数:11種類
・FX:43種類
・貴金属・エネルギー:5種類
・株式指数:11種類
スプレッドの狭さ
ボーナス
基軸通貨円・米ドル・ユーロ円・米ドル・ユーロ円・米ドル・ユーロ

他社STP口座と比較

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル
Milton Markets
(ELITE口座)
0.5pips0.4pips0.7pips0.7pips0.3pips
Milton Markets
(SMART口座)
0.7pips0.7pips0.9pips1.0pips0.6pips
LANDFX0.8pips1.5pips1.8pips1.6pips0.8pips
Milton Markets
(FLEX口座)
1.2pips1.1pips1.9pips1.4pips1.0pips
GemForex1.2pips1.4pips1.9pips1.6pips1.2pips
TitanFX1.33pips1.74pips2.45pips2.12pips1.2pips
AXIORY1.5pips1.7pips2.7pips2.1pips1.3pips
Bigboss1.5pips1.9pips2.5pips1.8pips1.7pips
iFOREX0.9pips1.7pips2.5pips3.5pips0.8pips
HotForex1.7pips1.7pips3.0pips2.3pips1.2pips
TradeView1.8pips1.9pips2.3pips2.6pips1.7pips
FXsuit1.81pips1.95pips2.29pips3.27pips1.8pips
is6FX1.6pips2.3pips3.1pips2.9pips1.5pips
XM1.6pips2.6pips3.5pips3.0pips1.6pips
FXpro1.8pips2.4pips3.6pips3.0pips1.7pips
FBS2.0pips3.0pips4.0pips3.0pips1.1pips
TradersTrust2.0pips3.2pips3.7pips3.5pips1.8pips
FXDD2.3pips3.0pips3.8pips3.5pips1.8pips
iFC Mrkets1.8pips2.5pips5.5pips3.5pips1.8pips

他社ECN口座・低スプレッド口座と比較

※ミルトンマーケッツ・GemforexではECN口座が存在しないため2社だけSTP口座として比較しています。

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル手数料(往復)
Gemforex
(ノースプレッド口座)
0.3pips0.3pips1.0pips0.6pips0.3pipsなし
MiltomMarkets
(ELITE口座)
0.5pips0.4pips0.7pips0.7pips0.3pipsなし
TradeView
(ILC口座)
0.6pips0.9pips1.0pips1.0pips0.6pips5ドル (0.5pips)
AXIORY
(ナノ・テラ口座)
0.8pips1.0pips1.3pips1.3pips0.8pips6ドル (0.6pips)
LANDFX
(ECN口座)
0.59pips1.5pips1.8pips1.6pips0.8pips7ドル (0.7pips)
FBS
(ECN口座)
0.9pips1.1pips1.7pips1.1pips0.6pips6ドル(0.6pips)
TradersTrust
(VIP口座)
0.7pips1.2pips1.4pips1.3pips0.7pips3ドル (0.3pips)
FXpro
(cTrader)
1.3pips1.3pips1.6pips1.3pips0.9pips9ドル (0.9pips)
XM
(ゼロ口座)
1.1pips2.1pips1.1pips1.3pips1.6pips10ドル (1.0pips)
TitanFX
(ブレード口座)
1.03pips1.44pips2.15pips1.82pips0.9pips7ドル (0.7pips)
HotForex
(ゼロスプレッド口座)
1.0pips1.6pips2.2pips2.2pips0.9pips8~12ドル (0.8~1.2pips)
Bigboss
(プロスプレッド口座)
1.2pips2.0pips1.8pips1.65pips1.4pips9ドル (0.9pips)
FXDD
(プレミアム口座)
2.3pips3.3pips5.3pips4.0pips1.4pips6ドル (0.6pips)
上記スプレッドは取引手数料(往復)を含んだ数値で表記
ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

2. ミルトンマーケッツの安全性を7つの基準で評価【結論:★★★☆☆】

ミルトンマーケッツの安全性評価

金融ライセンス
バヌアツで取得
資金管理体制
分別管理のみ
サービス運用歴
運営歴6年
金融庁からの警告
警告あり
FAPでの評価
レビュー数2件・評価なし
ネット上での評判
2件のみ「利益取り消し」の意見あり
筆者の体験談
出金スピードのみやや遅め

海外FX業者の安全性は主に7つの観点でチェックできます。

結論から言うと、ミルトンマーケッツの安全性は「中レベル」と言えます。

資金管理体制や金融ライセンスなど信頼性に関しては並の印象です。

ただし、ユーザー側の不正利用の可能性もありますが「利益取り消し」が2件のみ発生している点には注意が必要です。

また、ミルトンマーケッツでは過去に親会社だった「Gallant Capital Markets Ltd」が破綻しており、オーナーが詐欺・マネーロンダリングの疑いで逮捕されるという大きな事件が起こっています。※参考:ReapRate.com

現在では運営会社も変わり、過去の事件は問題ないとも言われていますが若干不安は残ります。

一方、ネット上での日本人ユーザーからの評価はかなり良好で「トレード環境」を評価する声が多くありました。

実際に筆者もミルトンマーケッツを3年利用していますが、安全性に問題を感じたことなく、むしろトレード環境で多くのメリットを持つ業者だと感じています。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

①金融ライセンスはバヌアツで取得

VFSCの公式サイトではグループ会社の登録のみ確認
運営会社Milton Markets Limited
設立2015年12月
登録住所バヌアツ共和国
2nd Floor, Transpacific Haus
Lini Highway Port Vila, Vanuatu
金融ライセンスVFSC:バヌアツ金融サービス委員会
(登録番号:40370)

2022年10月にVFSCの公式サイトをリサーチすると、日本人向けサービスを提供するMilton Markets Limitedの登録は確認できませんでした。(以前は登録を確認できました。)

現在は、グループ会社の登録のみある状態です。

ミルトンマーケッツは2022年にリニューアルし、拠点や運営会社が変わったためライセンス変更・申請中である可能性もあります。

ミルトンマーケッツはバヌアツ共和国という南太平洋に浮かぶ島国のライセンスを所持しています。

海外FX業者は世界中にトレーダーを抱えているため、他国の金融庁からの警告を防ぐためにマイナー国家でライセンスを取得するケースが多くあります。

そのため「バヌアツのライセンスって本当に安全なの?」と疑問に感じる方も多いと思いますが、海外FXでは金融ライセンスの有無だけでも信頼性は大きく変わります

長年、海外FXを見てきた筆者としては以下の基準で信頼性を捉えています。

【高】有名国の金融ライセンスを所持している(イギリスFCA、ニュージーランドFCA等)

【中】有名国ではないものの金融ライセンスを所持している(セーシェル、キプロス、ベリーズ等)

【低】金融ライセンスすら所持していない

そのため、ミルトンマーケッツはマイナー国ではあるものの、2ヶ国の金融ライセンスを取得しているための信頼性は「中の上レベル」と言えます。

もちろん、海外FXの中でも安全と言われている業者XMTradingでも、セーシェル等のライセンスを所持しているため、一概に金融ライセンスの取得国だけで信頼性が高いとは言い切れません。

ただし、金融ライセンスの有無に関しては大きく信頼性が異なるため、必ず保有している業者を利用することをおすすめします。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

金融ライセンスを取得していない業者の中には、詐欺を働く悪質な業者も多いので注意しましょう!

信頼性の高い金融ライセンスを取得する海外業者
  • XMTrading:親会社がイギリスFCAのライセンスを保持(その他複数所持)
  • FXpro:イギリスFCAを含む世界5ヶ国のライセンスを保持

信託保全はナシ・分別管理のみ

ミルトンマーケッツで実施されている資金管理方法は分別管理のみ。

分別管理とは顧客から預かった資金と運営資金を別々に管理する方法です。

正直に言うと、海外FX業者の資金管理のほとんどが「信託保全はナシ・分別管理のみ」という状態です。

そのため、ミルトンマーケッツでの資金管理の安全性については「中レベル」と言えます。

その中でも、信託保全や資金補償を設けている業者があれば、安全性が高いと感じるレベルです。

※信託保全とは、顧客から預かった資金を銀行等の第三者へ信託することで保全する方法。万が一業者が倒産した場合でも、顧客の資金が差し押さえられることが無く、確実に返却されます。

もしあなたがミルトンマーケッツの安全性に不安を感じているのなら、信託保全・資金補償を設けている安全性の高い業者の利用がオススメです。

信託保全や資金補償のある安全性の高い海外業者

③サービス運営歴は6年(2022年時点)

ミルトンマーケッツは2015年から6年間の運営歴があります。

海外FXで6年となると若干短い部類に入るので、残念ながら運営歴から見る信頼性はやや低いです。

(実のところミルトンマーケッツは今まで運営会社が何度も入れ替わりリニューアルされているため、実は2015年以前にも別名義で存在はしていましたが…)

海外FXでは運営歴がながければ長いほど信頼性が高いと評価できます。

特に、海外FXでは新興の業者での詐欺が多いため、安定的に長年サービス提供をし続けている運営歴は信頼実績として評価できます。

筆者の体感ですが、海外FXは10年安定的にサービスを続けている業者であれば信頼性は高いと言えます。

事実、人気の高い大手業者のほとんどが10年以上の運営歴を持っています。

運営歴の長い人気業者
  • iFOREX:海外FXで最も長い26年の運営歴(1996年〜)
  • TradeView:18年の運営歴(2004年〜)
  • FXpro:16年の運営歴(2006年〜)
  • AXIORY:15年の運営歴(2007年〜)
  • XMTrading:13年の運営歴(2009年〜)

※2022年1月時点

④金融庁からの警告はあり

Milton Marketsは日本の金融庁から警告されている
トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

大前提として金融庁の警告とは「詐欺の可能性のある悪質な業者に対する警告」という意味ではありません!

日本国内では金融庁の許可(金融ライセンス)無しにFX業者が国内在住日本人を勧誘・営業することは禁止されています

海外FX業者の多くは日本の金融ライセンスを取得することなく、日本人向け公式ページを設置しているため国内在住日本人向けに勧誘・営業しているとみなされ金融庁から名指しで警告をされました。

Milton Marketsでも運営会社である「Milton Markets Ltd.」で警告をされています。

それでは「海外FX業者も日本のライセンスを取得すればいいのでは?」という議論になるかと思いますが、海外FX業者がライセンスを取得しないのには大きく2つ理由があります。

そもそも、日本の金融ライセンス取得には金融庁が定める条件を満たす必要があり、海外FX業者にとって大きな関門となるのが以下2つです。

  • 最大レバレッジは25倍までに制限
  • 追証無しのゼロカットは撤廃

つまり、日本の金融ライセンスを取得するために海外FXの大きな魅力である「高いレバレッジ」「追証が発生しないゼロカットシステム」2つを捨てなければなりません。

現に、海外発のFX業者で日本に進出している業者もありますが、金融庁の定めたルールにより特別利用するメリットの無い業者になってしまっています。

そのため、海外FX業者の多くは日本の金融ライセンスを取得しない状況となっています。

⑤海外FXの大手掲示板「Forex Peace Army(FAP)」での評価

Forex Peace Army(FAP)は海外のFX大手口コミサイトで、主に海外の利用者の評判が確認できます。

Milton Marketsのページを見ると、口コミ2件のみで評価もされていない状況でした。

ミルトンマーケッツは2015年に誕生したばかりであることや、海外向けサイトは別で運営されていることからFAPでの評価が少ない事に繋がっている印象です。

具体的な評判に関しては賛否両論あり、特に出金が遅い事について不満があるようでした。

No problem so far. Good trading condition.

I have been using it for about 3 years, but there is no problem.
Certainly I have felt that withdrawals are a little late, but
You can withdraw money properly every time.

Spreads are narrow and commissions are zero, which helps reduce transaction costs.
I also use other brokers, but recently my main focus is Milton.

訳)今のところ問題ありません。取引状況良好。

3年ほど使用していますが、問題ありません。

確かに出金が少し遅いと感じたことはありますが、

毎回きちんと出金できます。

スプレッドが狭く、手数料がゼロであるため、取引コストの削減に役立ちます。

他のブローカーも利用していますが、最近はミルトンがメインです。

引用元:Forex Peace Army

この会社は入金ははやいが出金となると

規約がとか難癖をつけてくる

たしかにボーナス利用してるのでボーナス規約があるが

出金を行う場合はボーナス残高を 上回ってる必要があるとかいている

わたしは25日に申請しました

そしてその時点ではボーナス残高を割り込んでしまいました

しかし29日になっても処理されません

引用元:Forex Peace Army

ただし、出金拒否されたわけではなく実際に着金したという評判もあるため大きな問題ではないでしょう。

⑥ネット上の評判では数件「利益取り消し」あり

海外FXで口コミを調査する際に参考にするのが主に3つのサイトです。

  • Twitter(日本人ユーザーの口コミが確認できる)
  • 2ch(辛口意見やデメリットに関する意見が多い)
  • 5ch(2chの進化版サイトで辛口意見やデメリットに関する意見が多い)

結論、3つのサイトで口コミを見た結果、出金拒否(実質利益取り消し)されたという評判は2件のみ見当たりました。

#ミルトン出金拒否

トレードで勝った分は一切いただいてません!!

一方的に不正と決めつけられて入金分だけ返金されて私は納得できません! 負けたらそのままで勝ったら出金させないんですか!?

私だって下手なりに考えてトレードして何とか勝てたんです!

なのにミルトンFXは本当ひどい業者です

Twitterから引用

ミルトンマーケッツ で口座凍結されました(泣) 一日で900万抜いて

300万出金依頼したら

不正行為が発見されたので一時的に口座使用ができないってメールが来た

なんでだ!なんでだ!

ミルトンから連絡きたら追って報告します。

Twitterから引用

ただ、この評判に対しミルトンマーケッツ側も回答をしており、「不正利用があったたため出金拒否では無く、利益取り消しをして入金額を返金した」と返信しています。

ただし、具体的にどのような取引が不正利用に当たったのかは明かされていません。

そのため、結論ユーザー側の不正利用が問題なのか、ミルトンマーケッツ側の問題なのかはわかりません。

ただし、評判の中には「出金が遅い」「出金時に規約がある」などの悪評は複数見られました。

調査した所、出金拒否に関してはこの1件のみだったためミルトンマーケッツが特別危険というわけでなありませんが、

同様に不正利用と疑われないためにも利用規約にはしっかり目を通しておくべきでしょう。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

この1件の出金拒否以外、ミルトンマーケッツの評判はかなり良好です。

その他、評判の良い大手業者

⑦筆者の体験談

筆者の私自身、ミルトンマーケッツは3年間利用していますが、出金拒否や利益取り消しの経験もなく安全に利用できています。

「出金スピードの遅さ」に関しては私も気になった事がありますが、それ以外の部分で安全性に問題を感じたことはありません。

出金拒否や利益取り消しになる人の多くは「規約違反」が原因である場合が多いので、以下の禁止事項には触れないように注意が必要です。

ミルトンマーケッツでの禁止事項
  • リベートの獲得目的や詐欺的な行為が疑われる場合
  • 口座が第三者によって管理されている場合
  • 複数口座間でのヘッジ取引及び疑わしい取引
  • 特定グループ内でのヘッジ取引及び疑わしい取引
  • システム欠陥や市場の構造を利用した取引及び疑わしい取引
  • レバレッジ、ボーナス等を悪用した投機的な取引
ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

2. ミルトンマーケッツの評判・口コミを5項目から評価【Twitter・2ちゃんねる・5ch】

ミルトンマーケッツの口コミ評価

スプレッドの狭さ
非常に狭く取引手数料も無料!
約定力の高さ
ユーザーから高評価!
ボーナスのお得さ
口座開設・入金ボーナスあり!
出金スピード
かなり遅い…
サポートの手厚さ
24時間サポート!

ミルトンマーケッツに関する評判をネット・SNS上から丸一日かけてリサーチし、特に声の大きかった5つの項目で口コミをまとめました。

良い評判・悪い評判どちらも包み隠さずに掲載しているので、ミルトンマーケッツの利用を考えている方は利用者の意見に耳を傾けてみましょう。

2-1. スプレッドに関する評判

良い評判

これまで、色んなFXブローカー使ってきたけど、スプレッドや対応含めて1番使い勝手がいいのは、ミルトンマーケッツかな。

2番目はtradeviewで、こっちは資金移動が遅く、プラットフォームがちょっと特殊、他社での取引制限が全くないメリットがある。

Twitterから引用

MiltonMarketsに口座つくって、50ドルボーナスをゲットした。

これをいかに安定して増やすかチャレンするぞ。

is6はスプレッド広すぎて、リスク高いEA設置してしまったが、

ミルトンはスプレッド狭いので、破綻しないEAを選びたい。

どちらにしても、大統領選終わったら。

Twitterから引用

TTCMやミルトンはシステムトレーダーに重宝されてるイメージ

なぜならスプレッドが狭いから

システムトレーダーほどスプレッドはシビアなんだよね

そして上級者〜専業ほどボーナスは気にしないでトレード環境などを気にする

わかる??

Twitterから引用

Landfx、ゴールドのスプレッドな100超えか、、、

ミルトンの11とか、まじ奇跡だな

Twitterから引用

普段スイングだからあんまりスプレッド気にしてないけどスキャやるとやっぱり気にしないといけない。

そうなるとexnessとミルトンはやっぱり使いやすい。

Twitterから引用

ミルトンマーケットって知名度低いけどゴールドのスプ0.1(滑り、約定は知らん)はじめスプ狭めだし、bitwallet使えるし、もう少し人気出ても良さそうな気はするな。肝心の出金のところは未知数だけど

Twitterから引用

良い評判

ミルトンはカタログ上のスプレッドとエントリー後の実際のスプレッドが違いすぎるんだよなぁ。。。

エントリーした途端にスプレッド拡がるイメージ

Twitterから引用

ミルトンマーケッツのゴールドのスプレッドがゴミ並みに広がってる。

1.3pipから5pip前後。 トレビューに移動や。

Twitterから引用

ミルトンマーケッツはスプレッドが非常に狭く設定されています。

その上、すべての口座タイプで取引手数料が無料。(ただし全てSTP口座)

口座タイプによっては最低入金額が高額ですが、STPタイプ口座でとにかく狭いスプレッドで勝負したいならミルトンマーケッツがおすすめです。

2-2. 約定力に関する評判

良い評判

ミルトン、スプ狭いし約定拒否ないしtp/slをask/bidから近いところに置いてもエラーにならないから、非常に使い勝手は良い。これで、ポジ持った状態での出金処理、出金拒否さえなければいいんだけど。

Twitterから引用

ゴールド利確の理

1万円入金からの慎重トレード

ミルトンのゴールド約定力ハンパないわ

ミルトンマーケッツには  

奇跡も  
高約定力・狭スプレッドも

あるんだよ!

てか、エクスネスのゴールド切られたのが涙杉

Twitterから引用

良い評判

ミルトン悪くないけど、mt4のレートと実際約定するレートに差違があるのがいただけない。1pips以上ズレることも結構多いなぁ。

Twitterから引用

ミルトンマーケッツ滑るのどうにかしてほしいな〜 指値より上で買い注文刺さってるしSL入れても前後してるし…

Twitterから引用

約定力に関してはネット上では「約定スピードが早い」という意見が多く見られましたが、

SNS上で利用者の評判を探すと「滑る」「約定レートにズレがある」という意見もいくつか見られました。

ただし、約定力に関する口コミはそもそも数が少なく、SNSの性質上デメリットの方が声として上がりやすいので、

私が調べた体感でいうと、特に約定力に大きな問題は無いというイメージです。

どの業者でも「滑る」という意見はあるので、一般的なレベルかなという印象です。

約定力の高さが評価されている業者

2-3. ボーナスに関する評判

良い評判

キャンペーン利用で最低入金額の10000円まで引き下げ!

口座開設ボーナス5000円+入金ボーナス5000円=20000円分でスタート!

ミルトンを利用してみて解ったことは、スプレッドが優秀すぎて他を使う気が失せました。

マジで神キャンペーンやん❗

Twitterより引用

ミルトンマーケッツ、口座開設ボーナスついてたのでハイレバ

Twitterより引用

ミルトンマーケッツがボーナスやってるので久々に入金したけどここ使いやすいね
日本人のサポートも充実してるし安心
ボーナスも頻繁にやっていて資金力がありそうだし今度からメインはここにしようかな

2chから引用

ミルトンのボーナスってクッションありなんですね

初めて使いましたがスプ狭めでいい感じかも

2chから引用

ミルトンマーケッツは「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」の両方を実施しており、ボーナスがお得な業者として認知されています。

実際、ボーナスを使ってどれだけ資金を増やせるかチャレンジしているトレーダーも多くいました。

最近では、TradersTrustやFBSなど「金額はお得だがクッション機能が無いボーナス」を提供している業者も多いですが、

ミルトンマーケッツのボーナスにはしっかりとクッション機能もあります。

これまで様々な業者でボーナスを使い漁った方は、次はミルトンマーケッツを使ってみてもいいでしょう。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

2-4. 出金スピードに関する評判

良い評判

ボーナスを提供している海外FXブローカーは出金時にコンプライアンス部門で一度審査にかけられます

なのでビットウォレット出金であろうが即時じゃありません

例、vantage FX やミルトンなど

逆にボーナスを提供してないexnessなんかは2秒です

Twitterから引用

多分。 ミルトンマーケットさんはbitwalletの入金時の反映が即時でない。

出金時に最大5営業日かかることがいまのところの最大のデメリット。

ポジが維持率ヤバイ時に一万だけでも入金したいのに!!ってなっても、入金三万~って枠もネックで、ゴールドレバ1000倍でみんな死んでいく‥‥‥と。

Twitterから引用

ミルトンマーケッツさん 入金分、利益分、共に無事出金できました。

ビットウォレット出金で3営業日でした。

スプレッド狭いし、約定力良いし、着金がもう少し早ければ最高なんだけどな。

#ミルトンマーケッツ

Twitterから引用

ようやく出金された…長すぎる…

もうミルトンマーケッツは使わない

Twitterから引用

ミルトンマーケッツでは出金スピードの遅さに関する悪評が多く見られました。

また、出金スピードだけでなく出金手段も限定されており、非常に出金しにくいこともネックとなっているようです。

2-5. サポートに関する評判

良い評判

ミルトンマーケッツさんで神対応を頂きました↑↑
先方のシステムに不具合があり質問をしていた間にアカウントを溶かしたのですが、相談すると損失分を返金頂きました!改めて信頼できるFX業者と思いました。感謝!
さぁ8万円+クレジット6万円が残った。
FXどうやら奥が深い。1から勉強して大逆転だ。

Twitterから引用

ミルトンマーケッツを最近使ってるけどなにがすごいって24時間日本語サポートしてるのとこんな時間までそれをツイートしてるのがすごい。

Twitterから引用

ここ3日間、いつもスイングで使っているミルトンの担当の方に口座の件で相談に乗っていただきました!結果的に僕のわがままは叶わなかったけど、こんなに丁寧に対応してもらえたのは初めてです!感謝。

Twitterより引用

ミルトンマーケッツはサポートにもかなり力を入れおり、最近ではTwitterの公式アカウントからの問い合わせも可能となっています。

おそらく、Twitterの公式アカウントは日本人スタッフが担当していることからも、非常に積極的に情報発信したり利用者に自らリプライを行ったりもしていました。

2-6. その他の評判

良い評判

ミルトンマーケッツが 今週中にガラッとリニューアルして、

◎超極狭スプレッド新取引口座タイプを新設
◎レバレッジ最大1000倍
◎全ての口座取引手数料無料
◎常時入金ボーナス

を新しく設けるみたいです

もちろん、口座開設ボーナスもあので、それで試してみるのもありですし、放置するのもありです

Twitterから引用

良い評判

ミルトンマーケッツ、30日間未稼働で口座閉鎖とか短気すぎだよね。

Twitterから引用

ミルトンマーケットのエリート+めっちゃ内容いいのですが入金条件1000万

軽いスポンサーレベル というか、たぶんそういう事ですよね

Twitterから引用

「新興業者辛口批評」

Milton Markets:頑張っているが出金速度がIS6FX並み
Bitterz:レバレッジ調整金額が低すぎ
Exness:サーバーが弱い、止まりすぎ
FXGT:スプが広いしクパクパ開いて不利な価格で約定される
easyMarkets:メール送っても返事が来ない
ExclusiveMarkets:ボーナスクッション無し

Twitterから引用

cxc markets MILTON markets マイページの仕様が瓜二つ

やはり関連あるのでしょう。 cxcで口座開設した頃、届いたメールだったか、ホームページだったかでcxcが自社を「ミルトン」と表記してた。

そのときは新興だからとスルーしてたが、今思えば。

gemforex とis6com とで関連あるのと同様。

Twitterから引用
ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

3. ミルトンマーケッツ(Milton Markets)のメリット8選

ミルトンマーケッツの一番のメリットはスプレッドが業界最狭水準なこと。

その上、約定力が高いことやスキャルピングに制限が無いことなど、スキャルピングでの取引で非常に有利です。

またボーナスキャンペーンも「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」2種類実施しておりお得なため、

スキャルピングをメインに取引したいトレーダーなら、まずは口座開設ボーナス5000円を使って取引を体感してみる事をオススメします。

3-1. レバレッジは最大1000倍で取引可能

ミルトンマーケッツでは最大レバレッジ1000倍で取引可能。追証なしのゼロカットも適用されます。

レバレッジ1000倍となると海外FXでは比較的大きい部類に入るので、少額から大きなリターンを狙いたいトレーダーにおすすめできるでしょう。

レバレッジの大きい海外FX業者ランキング

FX業者最大レバレッジロスカット水準レバレッジ制限
Exness(※1)無制限0%口座残高999ドル以上
Gemforex(※2)5000倍20%
FBS3000倍20%口座残高2万円以上
Milton Markets1000倍20%口座残高50万円以上
HotForex1000倍10%口座残高300,000ドル以上
Bigboss999倍20%口座残高200万円以上
XM1000倍20%口座残高200万円以上

※1 Exnessでレバレッジ無制限で取引できるのは有効証拠金999ドル以下の場合のみです。
※2 Gemforexで5000倍で取引できるのは期間限定・数量限定で募集される「レバレッジ5000倍口座」のみ。

3-2. スプレッドが非常に狭く取引コストが安い

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル
ELITE口座0.5pips0.4pips0.7pips0.7pips0.3pips
SMART口座0.7pips0.7pips0.9pips1.0pips0.6pips
FLEX口座1.2pips1.1pips1.9pips1.4pips1.0pips

ミルトンマーケッツは口座タイプが3種類ありますが、全てスプレッドが狭く設定されており、取引手数料も全口座タイプで無料です。

実際に他社と比較しても、ミルトンマーケッツのスプレッドは業界最狭水準と言えます。

ただし、ミルトンマーケッツにはECN口座が無く全てSTP口座になります。

※ECN口座とは市場(インターバンク)で直接取引できる海外FXの中でも透明性が高い取引方式です。ECN口座ではスプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生する場合がほとんどです。

そのため、他社ECN口座と比べると取引の透明性はやや落ちますが、これだけ狭いスプレッドを取引手数料ナシで使えるのは非常に珍しいです。

まさにミルトンマーケッツは狭いスプレッドで取引するために作られたと言っても過言ではないでしょう。

ただ、最もスプレッドの狭いELITE口座は最低入金額が 100万円と高額すぎて、一般のトレーダーには手が届かないと思いますが、

SMART口座であれば3万円から利用できるため、ミルトンマーケッツを利用する際はSMART口座を選ぶことをオススメします。

3-3. 約定力が高くスリッページの保証制度まである

ミルトンマーケッツの評判では約定力を評価する口コミが多くありました。

実際、ミルトンマーケッツ公式サイトでも約定力を売りにしており、約定スピードは驚愕の0.1秒と高いスペックを誇っています。

約定力が高い理由として、エクイニクス社が運営するロンドンデータセンター内に設置することで高速約定を可能としています。

更に、ミルトンマーケッツはスリッページ保証制度もあり、

例えば、「スリッページ幅が1pips以上」や「約定時間が500ms以上」など条件を満たした場合に差分を返金してもらえる制度です。

正直、スリッページ保障制度は他業者では聞いたことが無いので、約定力に自信を持つミルトンマーケッツならではのサービスとして評価できます。

スプレッドが狭い点も合わせると、ミルトンマーケッツはスキャルピングで非常に有利な業者と言えるでしょう。

3-4. スキャルピングに制限が一切ない

ミルトンマーケッツなら制限なしでスキャルピングが可能となります。

例えば、以下2社はスプレッドが狭いですが、スキャルピングでの取引に一部制限があります。

スキャルピングに制限がある業者

せっかくスキャルピングをするなら、取引制限など気にせず思う存分トレードしたいでしょう。

その点、ミルトンマーケッツでは「スプレッドが狭い」「約定力が高い」「スキャルピングに制限がない」

という3つの条件が揃っているためスキャルピングで非常に有利になります。

さらにボーナスキャンペーンもお得なので、ミルトンマーケッツでスキャルピングをすれば最高の環境かつお得に利益が狙えるでしょう。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

3-5. ボーナスキャンペーンがお得【口座開設+入金ボーナス】

ミルトンマーケッツで実施中のボーナス
  • 口座開設ボーナス:5000円
  • 入金ボーナス:10万円までの入金で「入金額の50%」+ 225万円までの入金で「入金額の20%」
例)20万円入金した場合のボーナス額

20万円の入金をした場合、「10万円に50%」と「残り10万円に20%」となり、合計7万円のボーナスが付与されます。

更に新規口座開設者の場合+5000円のボーナスも付与され証拠金は合ボーナスと合わせて合計27万5000円まで増やせます。

ボーナスキャンペーンについて詳しく

ミルトンマーケッツは、現在2種類のボーナスキャンペーン中です。

特に「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」の2種類を提供しているのは珍しく、

試しにミルトンマーケッツを使ってみたい人から、入金ボーナスで資金を増やしガッツリトレード人まで便利に使えます。

海外FXにはボーナスキャンペーン狙いのトレーダーも多いことから、今まで様々な業者でボーナストレードをしてきた方なら、次はミルトンマーケッツを使ってみる事をオススメします。

3-6. 日本語サポートが手厚い【Twitterの公式アカウントが便利】

ミルトンマーケッツはサービスページの日本語化が完璧に行われており、サポートも全て日本語での対応が可能です。

特に注目すべき点が、Twitter運用に非常に力を入れていることです。

実際にTwitterでミルトンマーケッツの公式アカウントを覗いてみると、24時間体制でのマーケット情報の発信やTwitterからの問い合わせも行っているようでした。

どうやら、公式アカウントは日本人女性が担当者のようで、日本の時事ネタを含めたユーモアのあるツイートもよく見かけました。

またエゴサーチをしているのか、ミルトンマーケッツ関連のツイートに対して積極的に返信したり、有名トレーダーと絡んだりしている一面も見れました。

とは言え、何か問題が起こった際にTwitterから気軽に質疑応答できるのは便利なので、フォローしておくことをオススメします。

恋愛(FX)が上手くいかない原因5選

共通点多し

1.傷つくことを恐れて前に進めない(ポジ入れられない)
2.高望みしすぎ(無理な取引)
3.勝負ポイント間違えてる(エントリー場所間違える)
4.デート場所がイケてない(ブローカーがイケてない)
5.イケメン|美女|イケポジを獲得した瞬間調子乗る

Twitterから引用

非常にユーモアのあるツイートをよく見かけます。

『ミルトンSNSを救いたい』 こんにちは。

初めまして。 シバタ―ことミルターです。

嘘です。本名は佐藤直美です。ミルトン中の人です。

今年からSNS担当になりました。

何を書けばいいのやら。 皆様よろしく。

私の素顔を見たい人は「イイネ」を。

Twitterから引用

Twitterの担当者はどうやら日本人女性のようです。(本名まで出して大丈夫でしょうか…?)

ウクライナ危機。。。心配ですね。 日経含め世界的に株価は下落

こんな時はCFDにてコモディティ(金、原油)取引もお勧めです。ファンダメ、テクニカル、両方考慮し、賢く取引がおススメです。 ミルトンピック15%ボーナスも残り4日

Twitterから引用

しっかり時事ネタも取り入れて情報発信しています。

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

ミルトンの公式アカウント、ユーモアがあって面白いのでフォローしておくことをオススメします笑

3-7. 最新のコピートレードMAMが利用できる

MAMとはプロトレーダーの取引手法に合わせて、自分の資金を運用してもらう仕組みです。(コピートレードとも言われています。)

MAMを使えば優秀なトレーダー取引に合わせて自分の口座資金も運用してもらえるので、何もしなくても自動で儲けることができます。

ただし、ミルトンマーケッツのMAMは運用をお願いするトレーダーを自分で探す必要があるため、知り合いにトレーダーがいなければ始めるのは難しいでしょう。

一方、BigbossTradersTrustなど他社のMAMでは、運用をお願いするトレーダーまで探すことができます。

人脈0でもMAMを利用したい方は、BigbossTradersTrustの利用がオススメできるでしょう。

ミルトンマーケッツでのMAMの始め方

自分自身で運用してもらうトレーダーを探す
運用をお願いするトレーダーから口座開設リンクをもらう
MAMの利用開始

3-8. bitwalletで利益出金ができる

通常、海外FXではマネーロンダリング防止の観点から「bitwalletでは入金額以上の出金ができない」業者が多いです。

※bitwalltetで利益出金ができない業者では、利益出金は手数料の高い国内銀行送金等を利用する必要があります。

一方、ミルトンマーケッツではFXで稼いだ分も利益まで全てbitwalletで出金できるため手数料が格安です。

海外FXで一般的な国内銀行送金での出金は、送金手数料等で合計4000円近くものコストがかかりますが、

bitwalletでは一律824円なので大幅にコスト削減が可能です。

bitwalletで利益出金ができる業者一覧
ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

4. ミルトンマーケッツ(Milton Markets)のデメリット6選

ミルトンマーケッツでは最高スペックのELITE口座の利用ハードルが非常に高いことが大きなデメリットです。

また、入出金に時間がかかることやボーナス消滅条件など細かいルールもあるので、利用前にデメリットを十分理解しておくことをオススメします。

4-1. 過去に親会社が破綻したことに対しての印象が悪い

ミルトンマーケッツは2015年に設立されたFX業者ですが、2022年現在まで運営会社が何度も変わっています。

※2015年以前にもミルトンマーケッツは別会社で運営されていたという情報もありますが。

その中で、2017年にミルトンマーケッツの親会社だった「GCM」が破綻し、オーナーが詐欺の疑いで逮捕される不祥事が発生しました。

そのため、ミルトンマーケッツでは現在でもネガティブなイメージを持たれています。

ただし、現在ミルトンマーケッツは親会社とは別に独立しており、公式サイトでも「親会社の破綻は当社の運営に影響なし」と明記し、今後も親会社とは独立した経営を維持すると発表しています。

ネット上では過去の親会社の不祥事の情報が未だに出回っておりますが、親会社が破綻しても相変わらずサービス提供を続けていることと、

現在では別会社として独立している点からも安全性に大きな問題は無いと感じます。。

4-2. SMART口座・ELITE口座のロスカット水準が50%とやや高め

海外FXではロスカット水準が証拠金維持率の20%以下というのが平均です。

ミルトンマーケッツでもFLEX口座はロスカット水準は20%以下ですが、SMART口座・ELITE口座は50%以下なのでやや高い印象です。

(リニューアル前のミルトンマーケッツでは、ロスカット水準は100%だったため企業努力も感じますが…)

ロスカット水準は高いほど、ロスカットされるリスクも高まるため低い方が有利です。

証拠金ギリギリまでロスカットに耐えられる業者が良いという方は、ロスカット水準が低い以下3社がオススメです。

ロスカット水準が低い業者

4-3. ELITE口座は最低入金額が100万円と超高額

業界最狭水準のスプレッドで取引できるELITE口座ですが、最低入金額が100万円と高額すぎるためプロトレーダーでなければ使うのは難しいでしょう。

ミルトンマーケッツを使って狭いスプレッドで取引したい方は、最低入金額3万円で利用できるSMART口座がオススメです。

SMART口座であれば最大レバレッジ1000倍かつ、狭いスプレッドで取引できるためミルトンマーケッツのメリットを一番活かしてトレードできるでしょう。

※口座タイプ比較を確認する

4-4. 口座残高50万円以上でレバレッジ制限がかかる

海外FX業者のレバレッジ制限一覧

FX業者最大レバレッジレバレッジ制限制限後レバレッジ
Exness無制限口座残高999ドル以上2000倍まで
FBS3000倍口座残高2万円以上2000倍まで
Gemforex1000倍口座残高200万円以上500倍
Milton Markets1000倍口座残高50万円以上500倍まで
HotForex1000倍口座残高300,000ドル以上最小75倍まで(※)
Bigboss999倍口座残高200万円以上555倍まで
XM1000倍口座残高200万円以上200倍まで

※ HotForexは口座タイプや取引銘柄によって最小75倍にまで制限される可能性があります。

ミルトンマーケッツのレバレッジは1000倍と驚愕ですが、証拠金残高が50万円を超えると最大500倍まで制限されてしまいます。

他社のレバレッジ制限は口座残高が数百万円を超えると発生する場合が多いので、50万円で制限がかかるミルトンマーケッツはやや厳し目な印象です。

海外FX業者でレバレッジ制限がかかる理由は、トレーダー保護が目的とされていますが、

ゼロカット承知でハイリスク・ハイリターンな取引をしたいトレーダーはガッカリしてしまうでしょう。

50万円以上の証拠金でもレバレッジ1000倍で取引したい方は、レバレッジ制限の緩いGemforexHotForexでの取引がおすすめできるでしょう。

4-5. 入出金に時間がかかったという評判が多い

ミルトンマーケッツの評判を調査すると「出金が遅い」という悪評を多く見かけました。

そもそも、ミルトンマーケッツでは他社に比べて入出金手段が限定出来で、「bitwallet」「海外銀行送金」の2つのみしか選択できません。

その中でも、ミルトンマーケッツではbitwalletでの入出金がメインのようす。

通常bitwalletでの入出金反映は即時と言われていますが、ミルトンマーケッツでは入出金に時間がかかるという意見が多く、

「入金が即時反映しないから追証が入れられない」「出金に最大5営業日かかった」などの悪評も見られました。

入出金の頻度が多いトレーダーにとってはストレスや不安を感じてしまうでしょう。

4-6. 30日間取引無しでボーナスは消滅する【60日間取引なしで休眠口座に】

ミルトンマーケッツでは、30日間取引がなければ獲得していたボーナスクレジットは全て消滅します。

更に60日間取引がなければ、休眠口座となり毎月3000円の口座維持費が引かれる事になります。

※残高が不足している場合は口座は無効化されます。

そのため、最低でも30日に1回はトレードすることを心がけると良いでしょう。

また、ミルトンマーケッツで取引をしなくなった場合は60日以内にトレード資金を出金しておくことをオススメします。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

5. ミルトンマーケッツをオススメできる2人のタイプ

結論から言うと、ミルトンマーケッツはスキャルピングでの取引に最もオススメです。

更に、ボーナスキャンペーンやレバレッジが1000倍と高いことも考えると、

ボーナスを利用した「ハイレバ×スキャルピング」で少額でも短期間に一攫千金を狙うことも可能でしょう。

5-1. スキャルピングで取引したい人

ミルトンマーケッツでは4つの特徴からもスキャルピングで非常に有利な業者です。

特に、スプレッドが狭く全口座タイプで取引手数料が無料なので、取引コストを圧倒的に削減できます。

ただし口座タイプは全てSTP方式なので、他社のECN方式の口座に比べると約定力や透明性では若干劣ってしまいます。

※海外FXではスプレッドが狭く設定されているECN口座がありますが、ほとんどが取引手数料が発生する仕組みになっています。

ただ、利用者の評判では約定力の高さを評価する意見も多かったので、ECN口座と比べた際のデメリットはカバーされていると言えるでしょう。

さらに、約定力に関しては業界初の「スリッページ保障制度」もあり、万が一、約定が滑った場合はサポートに問い合わせることで補填してもらうことも可能です。

正直ここまで約定力に力を入れている業者は珍しく、企業努力も大きく感じます。

また、スキャルピングでの取引制限もないので自由なスタイルで思う存分トレードできる点も快適です。

ミルトンマーケッツではレバレッジが1000倍と高いメリットもありますが、それと合わせてスキャルピングでも有利というのは珍しいです。

※例えば、Gemforexでは「レバレッジ1000倍」「低スプレッド」ですがスキャルピングに一部制限があるため向いていません。

そのため「ハイレバ×スキャルピング」で短期間に大きな利益を狙うことも可能でしょう。

5-2. ボーナス×ハイレバで大きなリターンを狙いたい人

現在実施中のボーナスキャンペーン

現在では2種類のボーナスキャンペーンを実施しており、最大50万5,000円のボーナスがもらえます。

さらに、ミルトンマーケッツでは最大レバレッジ1000倍まで取引可能な事を考えると、

ボーナスで資金を倍増させハイレバで取引すれば、少額でも非常に大きなリターンが狙えます。

もちろんミルトンマーケッツでは他の海外FX業者同様に「追証なしのゼロカット」が採用されているため、ハイレバで大損しても追証(借金)は全てチャラにしてもらえます。

今まで「多くの海外業者でボーナスを使ってきた」という方は、次はミルトンマーケッツを試してみる価値はあるでしょう。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

6.【利用歴3年】ミルトンマーケッツを実際に使ってみた筆者の体験談・率直な感想

桜木ジョン
桜木ジョン

海外FX歴は8年。ミルトンマーケッツの利用歴は3年あります!

ミルトンマーケッツを口座開設したきっかけは、5,000円の新規口座開設ボーナスに魅力を感じたからです。

また、スプレッドが狭いという評判を目にしたので試しに使ってみようと思いました。

実際にミルトンマーケッツを使ってみて感じたメリットは「約定力の高さ」「スプレッドの狭さ」2点です。

一方、「強制ロスカット水準が50%」「最低入金額の高さ」に関してはデメリットと感じました。

また、入出金手数料は無料ですが、月2回目以降の出金には出金手数料3,000円が発生することも注意した方がよいでしょう。

まとめると、ミルトンマーケッツはやや癖はあるものの、トレード環境は非常に優れており特に短期売買でかなり有利になると感じました。

6-1. ミルトンマーケッツを実際に使ってみて良かった点

ドル円やユーロドル、ポンド円、豪ドル円といった日本人ユーザーに人気のある通貨ペアのスプレッドが、評判通り狭くてトレードしやすいです。

加えて、スリッページが発生することが少ない面もメリットになります。

ミルトンマーケッツでは条件はあるものの、スリッページが発生した場合は差額分を返金してもらえることから約定力に対して自信があることが分かります。

また、スワップポイントも海外FX業者の中では悪くなく、スイングトレードにも対応可能です。

定期的に100%入金ボーナスキャンペーンなどの豪華なキャンペーンを開催していることもミルトンマーケッツの大きな魅力です。

6-2. ミルトンマーケッツを実際に使ってみてイマイチだった点

海外FX業者の中では悪くないミルトンマーケッツのスワップポイントですが、国内FX業者と比べると見劣りするため、長期投資では流石に使いづらいです。

また、スプレッドが狭いSMART口座では最大レバレッジが1,000倍と高いものの、強制ロスカット水準も50%と高くなっています。

スプレッドが広いFLEX口座では20%と海外FX業者の中では平均的ですが、SMART口座を利用する際は資金を多めに用意するなど強制ロスカットされないための対策を取らなくてはなりません。

公式サイトでマーケット情報やニュースが提供されていないため、他のサイトを見なければならず手間がかかります。

60日以上トレードしていないと、毎月3,000円の口座維持手数料が発生してしまう点もデメリットです。

6-3. ミルトンマーケッツで利用している口座タイプ

SMART口座を利用しています。

強制ロスカット水準が50%と高いものの、最大レバレッジは1,000倍と高く、海外FX業者の中では狭いスプレッドのSMART口座は魅力的です。

スプレッドが広いFLEX口座では強制ロスカット水準が20%となりますが、総合的に考えるとSMART口座の方が優れていると思います。

ただし、強制ロスカット水準が高いため、口座に資金を多めに入金するようにして強制ロスカットをされないように気を付けています。

6-4. ミルトンマーケッツのオススメ通貨ペア・CFD銘柄

ミルトンマーケッツの評判・リアルタイムスプレッド
ミルトンマーケッツのリアルタイムスプレッド

ドル円やユーロドル、ポンド円、豪ドル円といった通貨ペアはスプレッドが狭くおすすめになります。

6-5. ミルトンマーケッツと相性の良いトレード手法

ミルトンマーケッツは約定力が高いという特徴があり、細かい価格変動で利益が大きく左右されるキャルピングに適しています。

加えて、スプレッドが狭いことからもスキャルピングには有利です。

また、海外FX業者で提供している低スプレッド口座では、高い取引手数料がかかる場合がほとんどですが、ミルトンマーケッツでは取引手数料が無料というメリットがあります。

具体的なトレード手法としては、スプレッドの狭いユーロドルを東京時間に逆張りでスキャルピングするのがおすすめです。

なぜなら、ユーロドルは東京時間ではあまり値動きがないため、FX初心者の方でも落ち着いてトレードしやすいからです。

ミルトンマーケッツの評判・トレード手法
ユーロ/ドルの東京時間

逆張りでスキャルピングする方法はいくつかありますが、ボリンジャーバンドを使うと簡単に逆張りをすることができます。

ボリンジャーバンドとは、米国の投資家ジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル指標です。

基本的に、センターライン(中央の移動平均線)とその上下2本ずつの標準偏差からなる線の計5本の線でチャート上に表わされます。

ミルトンマーケッツの評判・トレード手法
ボリンジャーバンドを表示

上下の線はセンターラインに近い順に1σ(シグマ)、2σと呼ばれており、それぞれのバンド内に価格が「統計学上」収まる確率は以下のようになっています。

標準偏差バンド内に価格が収まる確率
±1σ68.27%
±2σ95.45%

高値側の標準偏差にローソク足が近付けば「売り」、安値側の標準偏差にローソク足が近付けば「買い」というように逆張りで使いましょう。

あまり値動きがない東京時間では5〜10pips程度で利確することをおすすめします。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

7.【毎月更新】ミルトンマーケッツで実施中のボーナスキャンペーン

ミルトンマーケッツでは不定期でボーナスキャンペーンが実施されています。

2022年10月現在、入金ボーナスが1種類実施されています。

ボーナス①:週ごとに入金パーセンテージが変わる「フラッシュ入金ボーナス」

ボーナス上限額10万円 / 週
(上限額まで何度も利用可能)
対象口座・SMART口座
・FLEX口座
・プレミアム口座
※PAMMインベスター口座は、フラッシュボーナス対象外で一律30%
獲得方法プロモーションコードと共にご入金後、
Twitterをお持ちの方は、弊社公式Twitterをフォロー&リツイート。
Twitter DMにて口座番号をお知らせください。
入金方法・銀行入金
(銀行入金の場合はお名前・口座番号・キャンペーンコードの入力が必要。)
・ビットウォレット入金
(ビットウォレット入金の場合はキャンペーンコードの入力が必要)
キャンペーンコードさんま

ミルトンマーケッツでは10月31日まで、週ごとで%が変わる「入金ボーナス」を実施しています。

入金ボーナスは約1営業日(週末を除く24時間)以内にお客様の口座にクレジット付与され、証拠金の一部としてお取引に使うことが可能です。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/

8. ミルトンマーケッツの口座開設方法【2ステップ】

さっそく初めてみたいという方のために、ここでは口座開設の流れを紹介します。

開設までの流れは大きく分けて2つです。

それぞれ見ていきましょう。

8-1. お申込みフォームで各種情報の入力

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

まずは上のボタンからミルトンマーケッツの公式サイトへアクセスします。

いますぐ口座開設」をクリックしてください。

以下の基本情報を入力していきます。

  • 姓と名(ローマ字)
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • パスワード
  • 言語
  • 居住国

入力が完了したら「送信」ボタンをクリックします。

次に、より詳しいお客様情報の入力をしていきましょう。

  • 口座情報
  • 口座名義人
  • 住所
  • 本人確認の質問

各種設定が完了したら「申し込み完了する」をクリックして口座開設の申し込みは完了です。

8-2. 本人確認の手続き

公式サイトへログインしましょう。

その際は、先ほど登録した「メールアドレス」「パスワード」が必要になります。

忘れないように注意してください。

ミルトンマーケッツは「本人確認」と「住所証明書」の2つを提出する必要があります。

ログインしたら、それぞれのボタンをクリックして提出しましょう。

  • 写真付き本人確認書類の提出
  • 住所確認書類の提出

写真付き本人確認書類の提出」にて提出できるものは以下の書類です。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

上記のうち1つを提出します。

現住所確認書類の提出」にて提出できるものは以下の書類です。

  • 銀行明細書
  • クレジットカード明細書
  • 公共料金の明細書
  • 固定電話の明細書

上記のうち1つを提出します。

各ページの指示に従って写真をアップロードすれば本人確認は完了です。

すると「証明種類確認の手続きが完了しました」というメールが送られてきます。

これで一通りの設定は終わりです。

あとは入金すればトレードできるようになります。

公式サイト:https://miltonmarkets.com/ja/