【体験談】FBS利用者の評判は最悪?7つのデメリットを徹底解説!

FBSってどんな業者なの?評判はどうなの?

FBSのレバレッジ3,000倍は業界トップクラスで有名です。

この記事を見つけたあなたは、FBSのレバレッジ3,000倍やボーナスについて気になっているのではないでしょうか。

レバレッジ3,000倍は確かに魅力です。また、FBSの各種ボーナスにも興味があるのは当然です。しかし、期待と裏腹な面もあるかもしれません。

この記事ではFBSのレバレッジ3,000倍にどのような制約があるか、FBSのボーナスとは、なにかについて解説します。

これらの事実を知ったうえで、口座開設について検討し効率のよいトレードに活かしてみてください。

FBSの口座開設方法・入出金について、おすすめの方法もまとめています。

結論から言うと、FBSは少額資金で稼ぎたい人、トレード資金を稼ぎたい人にはおすすめできます。

最後まで読めばFBSの上手な使い方をマスターした人になれるでしょう。

1.FBS(エフビーエス)とはグループで4つの金融ライセンスを持つ海外FX会社

公式サイト:https://jpfbs.com/

FBSは、グループ会社4社がそれぞれ4つの金融ライセンスを取得し、世界150ヵ国に為替(FX)取引・CFD(指数取引)などのサービスを提供している大手FXグループ会社です。

1,600万口座にサービスをしており、この口座数は世界最大級でXMTradinngの10倍以上です。

4つの金融ライセンスをグループ会社4社で取得しています。

FBSの取得金融ライセンス
・IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
・CySEC(キプロス証券取引委員会)
・ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
・VFSC(バヌアツ金融サービス委員会

但し、日本居住者へのサービスは、日本向けのグループ会社が対応しており、FBS本社が取得している金融ライセンスの信託保全制度による分別管理の対象ではあるものの、

上記の各委員会に付属する保証団体が日本の居住者に100%保証しているとは客観的にはいえないので、注意が必要です。

例えば、IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)は、許可している業者には信託保全を義務付けていません

CySEC(キプロス証券取引委員会)は、日本居住者に対する信託保全は管轄外になります。

ASIC(オーストラリア証券投資委員会)、VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)も同様です。

トレードマネーはリスクオンマネーとして、必要最小限の範囲で扱いましょう。

今すぐFBSで口座開設する

2. FBSの特徴・メリット6選

FBSは、口座のバリエーションの多さににメリットがあるといえます。

但し、最大の特徴であるレバレッジ3,000倍が選択できない口座やボーナスが一切ない口座などもありますので、確認しておきましょう。

  1. 3,000倍のレバレッジで追証ナシの取引が可能
  2. 5種類の口座タイプが選択できる
  3. 3,000倍のレバレッジで追証ナシの取引が可能
  4. 約定拒否・リクオートがない
  5. FBSでボーナスキャンペーンが実施されている
  6. コピートレード(PAMM)が使える(有料)

2-1. 3,000倍のレバレッジで追証ナシの取引が可能

FBSは、業界2位のレバレッジ3,000倍です。

海外FX会社の高レバレッジベスト5は下表のとおりです。

FX業者最大レバレッジロスカット水準
Gemforex5000倍20%
FBS3000倍20%
Milton Markets1000倍20%
HotForex1000倍10%
Bigboss999倍20%

2-2. 5種類の口座タイプが選択できる

FBSの注文実行方式は全ての口座で、信頼性の高いNDD方式(STP方式)です。

プロのディーラーが取引に介入してくることはありません。

また、取引ツールは、全ての口座で、相場分析に優れたMeta Trader-4(MT4)・MT5が選択できます。

特にMT5については、現在開発元のメタクォーツ社が、最新の分析インジケーターや自動売買ツール(EA)をサポートするなど力を入れており、描画速度も向上しレートの細かな動きも再現しています。

FBSでは、資金量や取引手法に応じて下表の口座が選択できます。なお、選択できる5種類の口座は、1人に一口座づつ開設することができます。

口座種類スタンダード口座マイクロ口座セント口座ゼロ・スプレッド口座ECN口座
注文実行環境NDD/STPNDD/STPNDD/STPNDD/STPNDD
通貨ペア数    35     (+4金属+指標+33株式)    35     (+4金属+指標)    35     (+4金属+指標+33株式)    35    (+4金属)25
取引ツールMT4・MT5MT4・MT5MT4・MT5MT4・MT5MT4・MT5
  取引手数料(Lot/片道)  米ドル無料無料無料206
   取引手数料     (pips換算:片道)0.000.000.001.001.20
スプレッド種類変動原則固定※1変動原則固定※1変動
  最小スプレッド   pip0.503.001.000.00−1
   平均スプレッド  pip2.003.002.000.003.00
米ドル/円 トレードコスト合計(最小)  取引手数料(往復)   +スプレッド(最小)pip2.003.001.002.003.40
米ドル/円 トレードコスト合計(平均)  取引手数料(往復)  +スプレッド(平均)pip2.003.002.002.005.40
最大レバレッジ1:3000(倍)1:3000(倍)1:1000(倍)1:3000(倍)1:500(倍)
約定力95%以上が0.3~0.4秒以内に約定95%以上が0.3~0.4秒以内に約定95%以上が0.3~0.4秒以内に約定95%以上が0.3~0.4秒以内に約定95%以上が0.3~0.4秒以内に約定
最低取引通貨1000通貨(0.01Lot) (最大500Lotまで0.01刻み)1000通貨(0.01Lot) (最大500Lotまで0.01刻み)1000通貨(0.01セント)(最大1000セントLotまで0.01刻み)1000通貨(0.01Lot) (最大500Lotまで0.01刻み)1000通貨(0.01Lot) (最大500Lotまで0.01刻み)
  最大ポジション数     (予約注文含む)200200200200無制限
    最低入金額     (USドル)100515001000
ボーナス   100%入金     キャッシュバック    100%入金     キャッシュバック    100%入金     キャッシュバック    100%入金     キャッシュバック なし
選択可能な口座通貨円・米ドル・ユーロ円・米ドル・ユーロ米ドル円・米ドル・ユーロ米ドル・ユーロ

レバレッジは、50倍~3000倍まで自由に選択できます。資金量、トレード手法の期待値に応じた、レバレッジ倍率を決めましょう。スプレッドは変動制です。円建ての入出金を選択できます。

他社で、5000倍レバレッジが存在するものの、限られたトレーダーへの制限付きであり、誰でもいつでも選択できるレバレッジ3000倍はFSBだけです。

また、スタンダード口座は、用意されている通貨ペア取引・CFD取引のすべてで取引できることと、取引ごとに加算されるキャッシュバック、100%入金ボーナスなど、ボーナスが充実しています。

自己資金の最低入金額はUSドル建て口座で100ドルユーロ建て口座は100EURO円建て口座は1万円です。

自己資金を少なくはじめたい、FXだけではなくCFDトレードも勉強したいという初心者に最もおすすめなのが、スタンダード口座です。

最大の特徴は、スプレッド(手数料)が固定制(早朝・重要経済発表時は変動することがある)であること、最低入金額が5USドルであること、スタンダード口座同様にボーナスが充実していることです。円建ての入出金が選択できます

要人発言など、スポットで3000倍のレバレッジを活用して取引したい、取引する時間帯に影響されてスプレッド(手数料)が変化することが気になるという方には、おすすめの口座です。

デメリットは、33銘柄の海外株式銘柄のCFD取引ができないことですが、FXだけで十分だという方は検討してみてもよいでしょう。

FSBの取引口座の中で最もユニークなのがこの口座です。他社には類をみません。最低入金額はなんと1USドル。USセント単位で取引できます。取引できる通貨ペア数は、スタンダード口座同様に、フルスペックです。

但し、円建ての入出金は選択できないのとレバレッジは1000倍がMAXになります。

スプレッドなどトレードにかかるコストは、ECNを除く全口座のなかでも最安ですが、変動制なので取引時間帯には気をつけましょう。

これからFXやCFD取引を勉強したいという初心者の方、とにかくスプレッドなどの手数料が気になるという方、レバレッジよりも細かい資金・利益管理を行いたいという方にはおすすめの口座です。

なお、ボーナスは、他口座同様につきますので問題ありません。

この口座を含め、残り2つの口座には手数料がかかります。

但し、名前のとおり、ノースプレッドです。ただ、手数料は片道で20USドルがかかりますので、小さなLotでの取引では、手数料倒れしかねません。円建ての入出金を選択できます

最大レバレッジは、3000倍で、取引できる通貨ペア数は、FXの35通貨ペアとCFDの4金属のみ。

最低入金額はUSドル建て口座は500USドルユーロ建ては500EURO円建ては50,000円です。

大きなLot数で、数pipsなどの小さな値動きを何度も獲る、スキャルピングに最適といえますので、専業の中・上級者トレーダー向きの口座といえます。

ボーナスは他口座と同様につきますので、問題ありません。

初級者から中級者にレベルアップし、期待値の高い手法を獲得した方にもおすすめの口座です。

市場でオークション形式により取引を行うのが、ECN取引です。つまり、プロの集まりのなかで、凌ぎを削ります。

そのため、スプレッドは変動制で、最小 −1USドルということもありますが、手数料は片道6ドルかかります。レバレッジは、市場に合わせ500倍です。円建て入出金は選択できませんUSドル建て口座かユーロ建て口座のみです。

通貨ペア数はメジャーを中心に、FX25通貨ペアに絞られ、最低入金額は、USドル建て口座が1,000USドル(ユーロ建ては1,000EURO)。

最大ポジション数は無制限です。正にFXに特化したプロ級トレーダーがもつ口座といえます。

他の口座のなかで、最も取引コストは安くなりますので、FXに特化し取引コストを抑えたい方には、おすすめです。

なお、他口座と違い、100%入金ボーナスとキャッシュバックサービスはつきませんので、注意が必要です。

2-3. 3,000倍のレバレッジで追証ナシの取引が可能

レバレッジが 3000倍なのは、少額資金から取引をはじめるうえで、大きなプラスです。

しかし、逆にその分リスクもついて回ります。

日本のレバレッジ 25倍は、そういう意味では安全なのですが、ゼロカットシステムが採用できない仕組みになっており、実は多数の破産者を出しています。

また、大きな資金を運用できる人にしか、利益をあげるチャンスがないのも、日本の仕組みです。下表をご覧いただければ一目瞭然と思います。

海外FX会社STP口座ECN口座証拠金維持率
GemForex1:5,000(倍)1:1000(倍)20%
FBS1:3,000(倍)1:500(倍)20%
HotForex1:1,000(倍)1:500(倍)10%
Miltonmarkers1:1,000(倍)1:200(倍)50%
XM 1:888(倍)1:500(倍)20%

初心者の方は、相場のシナリオを想定したあと、先ずエントリーポジションを模索しがちです。

実は相場のシナリオ想定後は、ロスカットポイントから決定するのがセオリーです。ロスカットコストから逆算してエントリーポイントを導き出せるようになると、レバレッジが何倍でもトレードコストはいつも一定に制限できるのです。

このことにより、無駄な負けトレードを減らすメリットもあります。加えて、トレードコストは資金の2%までと決めます。

トレードをギャンブルではなくビジネスに近づけるため、期待値がぶれずに資金管理ができる最も大切な要素の一つですので、覚えておきましょう。

2-4. 約定拒否・リクオートがない

トレーダーが注文し売買が成立することを「約定する」といいます。この約定がトレーダーの意思どおりに執行されないのには、主に以下のケースがあります。

①約定拒否 
トレーダーの注文を受付けない。結果、エントリーチャンスを逃す、利益が確定できないなどの問題になります。 

②リクオート
トレーダーの注文に対し、即座に受付けず、これなら受付けるよとレートを変えてくることをいいます。たいていは、トレーダーに不利なレートを提示してきますから、エントリーしても利益がでにくい、利確しても利益を削られるなどの問題がおきます。

FSBには、これらの問題はないといえます。

しかし、日本ではよくあるケースのように、ネットの書き込みをみかけます。

2-5. FBSでボーナスキャンペーンが実施されている

FBSのボーナスは3種類用意されています。

加えてキャッシュバックサービスもありますが、本当にメリットのあるサービスはどれかを次節のFBSのデメリットも確認して把握しておきましょう。

ボーナス1):クイックスタートボーナスで 100USドルをゲット

FSBでは、前述したボーナス以外に、クイックスタートボーナス口座という、モバイル用FBS Traderアプリに限定した口座を開設するとその口座に100USドルが支払われるキャンペーン実施中です。

アプリに従って、トレードツールの使い方などを学ぶなどして、リアル口座を開設するとこの100USドルは5種類のリアル口座に移動できます

ボーナス2):Level upボーナス 140USドル

次に、Level upボーナスを申請すると、Meta Trader5をダウンロードし所定のFXに関するレッスン動画(英語)が観られるようスマホ上で起動し、自動的に次の項目がはじまります。

① アプリがEメールアドレスの 確認をしてくる

② アプリがFacebookアカウントを接続;するよう求めてくる

 ③ クイック取引テスト(日本語)受ける

これらをクリアしテストに合格すると、ダウンロードしたスマホのMT5口座に140USドルが振り込まれます。

テスト内容は、変わるかもしれませんので、ここでは明かしても意味がないので明かしませんが、出題された問題の答えが分からないときは、「FX~」とググれば簡単に答えられるレベルですからご安心ください。

このボーナスは、証拠金140USドルで、トレードをはじめ、20日営業日以内に5Lotの取引を決済まで完了するミッションがあります。このミッションをクリアすると、(ウェルカム)口座にある資金が、FBS Traderアプリ内のリアル口座で資金化されます。

前述したリアル口座を5つの中から選んで開設し資金移動すれば、140USドルを上限に出金も可能です。

つまり、ボーナスで得た資金で5Lot分トレードして、残った資金がリアル口座の資金に変わるとご理解ください。

ボーナス3):100%入金ボーナス(最大10,000USドル)

自己資金を、ECN口座を除く、4口座に入金した際に、個人管理ページから100%入金ボーナスを申請すると、入金した口座に、入金額同額がクレジットとして振り込まれます。口座残高ではなくクレジットです。

この100%入金ボーナスには、デメリットもありますので、必ずデメリットも確認してください。

4):キャッシュバック

FSBでは、トレードごとに支払われたスプレッドや手数料に対し、最大20%のキャッシュバック制度を採用しています。

キャッシュバックには、デメリットもありますので、デメリットでも解説していますので、あわせてご確認ください。

2-6.コピートレード(PAMM)が使える(有料)

コピートレード(PAMM)とは、プロのトレーダー(ここでいうプロとはFBSの口座をもつ人)を選び、口座資金の運用を任せる仕組みです。

選ぶトレーダーによっては、損失がでるリスクもありますが、任せた以上は自己責任となってしまいます。

任せてトレードしてもらった利益の5%が手数料としてチャージされます。しかし、損失は補償されません。

このコピートレードについては、後述しているQ&Aにも説明がありますので、ご参照ください。

今すぐFBSで口座開設する

3. FBSのデメリット7選

FBSには、デメリットもあります。それは当然のことですが、残念なのがメリットと思われている要素の裏にデメリットが存在することです。

期待をもち、あとでガッカリしてしまう前に事実を認識しておきましょう。

  1. スプレッドが広い
  2. 日本の銀行を使った送金手段がない
  3. 日本の金融庁から警告を受けたことがある
  4. 100%入金ボーナスとキャッシュバックに問題あり
  5. FX取引でスワップ金利は殆どの通貨ペア・CFDでマイナス設定
  6. スイングトレードでは高レバレッジはロスカットコストが高い
  7. FBSのカスタマーサポートは日本語が通じにくい

3-1. スプレッドが広い(手数料が高い)

FSBのスプレッドは業界のなかでは、狭い方ではありません。

ECN口座などみられるようにスプレッドの他に手数料が加算されるとむしろ、広い方に入ります。

ある程度の値幅を狙うトレードでは許容範囲ですが、スキャルピングなどの超短期取引ではストレスになるかもしれません。

ノン・スプレッド口座は手数料が片道20USドルと高く、大きなLotでの取引にしか使えません。

3-2. 入出金に日本の銀行を使った送金手段がない

bitwalleなどのオンラインウォレットには積極的に対応しているのですが、日本の銀行への送金には対応していません。

ただ、海外送金の銀行手数料は高いので、海外送金手段がないのはそれほど負担にはならないかもしれませんが、高額な資金を扱いたい場合には、不安もあります。

なお、海外FX口座を開設する場合には、FBSにかかわらず、なるべく円建てを選択することをおすすめします。

とにかく日本円ではなく外貨を保有したいなどの理由があれば別ですが、USドルやユーロ建てにすると、日本からFBS口座に入金する際と日本の口座へ出金する際に、往復で両替手数料が発生するからです。

例えば、bitwalletなどのオンラインウォレットでは送金手数料は無料や低額ではあるものの、両替手数料は日本の銀行並みに取られますから注意しましょう。

3-3. 日本の金融庁から警告を受けたことがある

下表のとおり、FBSは日本の金融庁から無登録業者として警告を受けたことがあります。現在もこの警告は継続中です。

ただ、金融庁の下表のリストを全て確認しましたが、海外のオンラインFX会社の全てがこの警告を受けています

日本の金融庁がルール化しているレギュレーションの方が、世界的にはむしろ特殊といわざるを得ません。

金融リテラシーが、低いとされる我々日本人の課題が、こうした金融庁のルールに含まれているのかもしれません。

本件を事実としてデメリットにあげてはいますが、個人的には、日本は投資教育を義務化すべきと考えます。

出典:金融庁ホームページ

3-4. 100%入金ボーナスとキャッシュバックに問題あり

よく調べたところ、この100%入金ボーナスとキャッシュバックには以下の問題点がありました。

1) 100%入金ボーナスの問題

100%入金ボーナスの実態
・このクレジットの資金は、実際の自己資金が入金額の30%を割り込むと消滅していまいますので、入金した自己資金の30%以上が残高に残った状態を維持する必要があります。

・必要な取引量を30日以内に決済までこなさないと、このボーナスは消滅します。
・30日後の口座残高が、初回入金額よりも少ないとこのボーナスは獲得できません。資金が減ってしまったら、資金を追加して維持する必要があります。追加した資金にもボーナスはつきますので、30日以内では、勝ち続られない限り、いたちごっことなりますから煽られまくりです。

・100%入金ボーナスを申請した後、口座のレバレッジは 500倍に下がります。レバレッジ3,000倍が最大のウリなのに、これではFBSを選択する意味がありません。

・上記条件をクリアしてからでないと、100%ボーナス資金は証拠金として反映されず、出金もできません。

本来入金ボーナスとは、もし自己資金を失った場合の安心材料として存在すべきものです。

これだけの前提条件をクリアしないと、証拠金としても使えないし、出金もできない、30日後に消滅するとなると、これを「100%入金ボーナス」と名乗って良いのかどうか疑問です。「100%入金チャレンジ!」、「100%ボーナスチャンス!」などの方がしっくりきます。

2) キャッシュバック制度の内容が分かりずらい

キャッシュバック制度は、一見合理的で、すべてのトレーダーにメリットがあるようにみえます。しかし、調べてみると以下の内容が判明しました。

キャッシュバックの実態
・キャッシュバックはいちいち申し込まないと受けられません。個人管理ページで、申し込みボタンをみつけて、ボタンをオンにしないと適応されません。
・キャッシュバックはパートナーIBになると受けられません。パートナーIBとは、FBSのパートナーとして登録すると例えば他のトレーダーを紹介した場合ポイントがもらえたりする仕組みを指します。パートナーIBに登録するとキャッシュバックは受けられません。
・1Lot以上の取引で、特定の口座タイプの通貨ペアのみにしか適応されません。ECN口座以外が対象です。また、FX取引のみが対象です。
・取引では、始値と終値の差が、勝ち負けにかかわらず59pips以上の差をつけた決済でないと適応されません。・ ウエルカム口座とECN口座には適応されません。
・キャッシュバックは、5%から20%まで4段階のレベルに分けられており、5%のレベルは過去30日間に5lotから14.99Lotの取引をした人に適応されます。20%のレベルになると、60Lot以上の取引を過去30日間の間に取引しないと適応されません。

この複雑なボーナスやキャッシュバック制度を取り入れるくらいなら、問題の広いスプレッドを狭くする努力をしてほしいものです。

この仕組みだと、100%入金ボーナスやキャッシュバックを取り逃した人は少なくない筈です。

3-5. FX取引でスワップ金利は殆どの通貨ペア・CFDでマイナス設定

FBSのスワップポイント(金利)は、殆どの通貨ペアで、マイナス金利(金利がかかる)です。例えば、米ドル円でみてもロングスワップ(買い)が -2.31、ショートスワップが、-4.34です。

FSBのスワップ金利は、業界でも高い方の部類に入ります。しかも、殆どの通貨ペアでマイナス金利ですから、オーバーナイトトレードには、トレーダーに不利です。

通貨ペアで金利の高い通貨を買い保有すると金利が安い方との金利の差額がスワップポイントとして、トレーダーに入るというのがフェアなFX会社のスワップポイントです。

往復で金利を取られるのは、腑に落ちません。誰が金利の差額を得ているのでしょうか?

また、FBSの各口座の説明欄に、スワップフリーで提供しているとの記述がありますが、一方スワップ一覧がしっかりと別ページに用意されています。矛盾するので質問してみると、「イスラム教徒のお客様には申請いただけるとスワップフリーで提供しています」とのこと。

それなら、口座説明ページに「スワップフリー」との記述で留めずに、そのように脚注説明するようカスタマーサポートに伝えました。

3-6. スイングトレードでは高レバレッジはロスカットコストが高い

スイングトレードでは、ポジションを保有する時間が長い分、ロスカットコストを大きくとらないと、ノイズに引っかかり易いです。そのため、ロスカットの値幅を大きくとる傾向があります。

高レバレッジ環境下でのスイングトレード1回あたりのリスクは大きく、資金を失いかねませんそもそも高レバレッジでの取引は、ロスカットコストが低いスキャルピング向けです。

スキャルピングは、薄利を狙って期待値の高い手法で取引回数を重ねて収益をあげる手法で、初心者向きではありません。

期待値が高く確信がもてる手法をもっている人がチャレンジする領域です。

3-7. FBSのカスタマーサポートは日本語が通じにくい

FBSの公式サイトの日本語に大きな問題は感じません。しかし、カスタマーサポートに方には、日本語ではニュアンスが伝わりにくいように感じます。英語は問題ありませんでした。

複雑なボーナスやキャッシュバックの仕組みがあるので、カスタマーサポートはきちんと日本語で説明できるサポートスタッフが必要です。

今すぐFBSで口座開設する

4. Q&A

Q1. レバレッジ3000倍は口座残高がいくらまでですか?

A1.口座残高が、200USドル(200EURO)を超えると自動的にレバレッジ倍率が、自動的に2000倍に下げられます。

レバレッジ 2000倍は、口座残高2,000USドル(2,000EURO)までです。また、CFD取引のレバレッジは、下表のとおり、3,000倍では取引できません

取引種類レバレッジ 証拠金の上限 
  USドル   EURO
FX通貨取引1:3,000(倍)200USドル200EURO
1:2,000(倍)2,000USドル2,000EURO
1:1,000(倍)5,000USドル5,000EURO
1:500(倍)30,000USドル30,000EURO
1:200(倍)150,000USドル150,000EURO
1:100(倍)・1:50(倍)無制限
指数取引1:33(倍)
NDK取引1:10(倍)
株式取引1:100(倍)
金・銀取引1:333(倍)
パラジウム・プラチナ1:100(倍)
仮想通貨1:5(倍)

Q2. 両建て取引は禁止ですか?

A2. FBSでは複数の口座間での両建て取引を認めていますが、あくまでFBSの中での複数口座だけです。

他のFX会社の口座とFBSの口座間での両建て取引は禁止しています。もし、このケースでの両建て取引が発覚すると口座凍結と残高は没収される規定となっていますので、ご注意ください。

また、FBSで複数口座を所有した両建て取引で、ゼロカットシステムを悪用したアービトラージ(サヤ取り取引)が発覚すると、得た利益のすべてが没収されますので、あわせてご注意ください。

両建て取引で口座凍結される例
レバレッジ3,000倍のA口座に500USドル、B口座に500USドルを入金、ボラティリティが大きく動く瞬間に、A口座とB口座で同時に同じ通貨ペアの両建てエントリーをしたとします。

そして、A口座がマイナス500USドルとなるがゼロカットで残高 0USドルに、B口座がプラス1,500USドルの残高になったとします。

・A口座 500 − 1,000 = − 500USドル → ゼロカットで残高 0USドルに戻る

・B口座 500 + 1,000 = 1,500USドル →利益の1,000USドル没収

この場合、B口座で得た1,000USドルの利益は没収され、結果500USドルのマイナスとなります。

Q3. コピートレードはどういうものですか?

A3. FBSでは、成功したトレーダーをプロと認め、FBSのCopyTradeコミュニティーを設けております。

CopyTradeは、トレード成績がよい、プロのトレーダーにご自身の資金運用を任せる仕組みです。成果報酬型で、利益の5%を選んで任せたプロのトレーダーに支払っていただくルールとなっています。

複数のプロトレーダーがトレード成績をオープンにしており、CopyTradeコミュニティーには、FBSの口座をお持ちの方は参加できます。

参加されたい場合には、弊社の公式サイトの画面右上にあるメインメニューの「プロモーション」→「FBS CopyTradeプロモーション」の欄の「リスクフリー投資」をクリックしてください。

FBSCopyTradeのページが開いて、ページ下にスクロールしていただくと、スマートフォンでプロのコミュニティーページを開くためのバーコードが用意されています。

スマートフォンのバーコードリーダーで読み取ってエントリーして頂くと、コミュニティーページにショートカットできます。

5. FBSの評判・口コミ

FBSの気になる評判について、調べてみました。100%入金ボーナスやキャッシュバックサービスに対する戸惑いやカスタマーサービスで言葉が通じないことなどが目立ちました。

海外FXのFBSを使っています。1lot取引するごとに1600円分のボーナスがもらえるそうですが設定できません。
業者に問い合わせましたが、カスタマーサポートの方が外国の方らしく日本語がきちんと伝わっていないようです。
入金ボーナスはもらえたんですが取引ごとに貰えるボーナスは貰えません。
何故でしょうか?

やはり、キャッシュバックで不明な点があるようですね。また、カスタマーサポートがうまく機能してないことが分かります。

FBSのボーナスは危険ですよ あってないようなボーナスなので質問はボーナスではなくキャッシュバックの事ですかね?

1ロットで最大15ドルのキャッシュバックされるサービスチャットで申し込みするとダッシュボードのキャッシュバックボタンがクリック出来るようになったはずです

私が申込んだ時は日本語対応出来る方がいたんですが それが2年前なので辞めたかもしれないですね

引用先:Yahoo知恵袋

この方は、最近はFBSを使ってないのかもしれません。

1回答

FBS fxという海外のfxについて質問です。

最近口座開設して入金して100%ボーナスを受け取ったのですが有効証拠金にはならないらしいです。 有効証拠金にならないのなら100%ボーナスの意味ないですよね?

ベストアンサー

はい、ないです。

引用先:Yahoo知恵袋

やはり、FBSの100%入金ボーナスへの不満を持つ人は多いようです。

海外FXの FBSの出金方法なのですが、日本円口座が作れないのにどうやって

bitwalletへ出勤するのでしょうか?

bitwalletへ出金依頼すると、その時のレートで勝手に日本円に変換されるのでしょうか?


ベストアンサー

bitwallet内でドルから円に両替ができますのよ

ナイス!

引用先:Yahoo知恵袋

やはり、FBSの出金の方法が分かりにくいようですね。現在は円口座が3種類の口座で開けるようになってますから、そちらに変更された方がよさそうです。

海外FX業者のコピートレードは、信用できるものでしょうか?

FBSがその気になったらどうでもできてしまい、どうしようか。悩んでます。

投資初心者です。詳しい方おられたら指導宜しくお願いします。

回答(1件)

コピーは止めた方が良いでしょう 確実に勝てる訳でもありません

前に一度FBSでお試しで1週間コピートレードしましたが 全く運用されてませんでした

引用先:Yahoo知恵袋

コピートレードは、信用するかしないかではなく、一種競馬の到着順を当てるようなものと捉えたほうが、いいです。会ったこともない人に資金運用を任せる訳ですから、やるからには割り切りが必要です。
よりも、自身で一つでよいので、勝率のよい手法を研究して、同じことを繰り返し行う癖をつけた方がよいと思います。

全体的には、ボーナスやキャッシュバックに関する質問や不満が多いですね。約定拒否や出金拒否に関する口コミは今回は、みられませんでした。

今すぐFBSで口座開設する

6. FBSをおすすめできる4人のトレーダー

スキャルピング・EA・CDF・ボーナスの活用の仕方など、参考になりますので、是非ご一読ください。

6-1. レバレッジ3000倍口座をスキャルピングで取引したい人

レバレッジ3000倍を活かして、ノン・スプレッド口座で、三角保ち合いのブレイクを狙います。3~4pipsを狙ってトレード回数を重ねるのがおすすめです。資金も1万円も入れれば勝率が高いので、直ぐに2000倍まで落とされますが、それでも2,000ドルまであるから続ければ1週間くらいで到達できる。

5-2. EA(自動売買ツール)を使って取引したい人

レンジ相場に強いEAを使って、日本時間の朝からロンドンタイムまでのレンジ相場狙いがいい。ロンドンタイムには、欧州の経済指標が発表されるため、トレンド相場になりやすいのでEAは止める。期待値高いよ!

5-3. 株式指数・商品先物取引(CFD)の取引もしたい人

ドル円が下落しているときは、金が上昇しやすいので分かり易く、ロングで入ってます。但し、FBSはオーバーナイトは、スワップに食われるので厳禁。

5-4. ボーナスを活用してお得にスイングトレードしたい人

クイックスタートボーナスで、140ドルをゲットして、5Lot決済まで取引したら自己資金にできるのがいい。初心者にもおすすめかな。ただ、レンジのときポジションを長くもたないで、利益があるなら、さっさと決済した方がいい。ロスを出すともったいないから。140ドルの利益までしか出金できないから。

今すぐFBSで口座開設する

6. FBSの口座開設

FBSの口座開設はいたって簡単ですが、ボーナスを獲得する目的のある方は、迷うかもしれませんので、順に解説していきます。

※240ドルのボーナスなど要らないという方は、本項 3)におすすみください。

今すぐFBSで口座開設する

6-1. クイックスタートボーナスから100ドルをゲットする

FBSの公式サイトの「プロモーションを」をクリックします。

「クイックスタートボーナス」をクリックします。

 「ボーナスを獲得」をクリックします

    
スマホのバーコードリーダーで読み込んでログインしましょう。

ログイン後は、アプリに従い進めていくと、リアル口座を開設し、ボーナスが入金されるところまで、エスコートしてくれます。

6-2. Level upボーナスで140USドルをゲットする

公式サイトの「プロモーション」をクリックします。


「今すぐスタート」をクリックします


「レベルアップの準備はできましたか?」をクリックするとバーコードが表示されますので、スマホのバーコードリーダーで読み込んでログインしてください。

あとは、アプリのエスコートに従って、進めていただければ、最終のテスト問題まで進みます。

テスト問題は、日本語でググれば回答できるものばかりが、5問ほど出題されるだけなので、分からないときはググって調べて答えてください。

6-3. リアル(本口座)口座開設

公式サイトの「口座開設」をクリックします。

Gmailアドレスをお持ちで、本名で登録されている場合は、「トレーダーとして登録」の下のGmailアイコンをクリックすれば、記入を省略できます。

そうでない場合は、赤枠内を記入します。氏名とありますが、ローマ字で名前・名字の順に記入します。

「トレーダーとして登録」をクリックします。

スペルを確認して問題なければ「進む」をクリックします。

jpy(円口座)、1:3000、「口座開設」をクリックします。MetaTraderバージョンは、MetaTrader5しか選べなくなっているので、何もしません。

おそらく、口座開設時のクイックスタートボーナスが、MetaTrader5にしか対応してないからだと考えます。口座開設後にもMetaTrader4はダウンロードできます。

全てコピペできたら、「個人エリアへ進む」をクリックします。

登録したメールアドレス、パスワードが自動表示されない場合は、入力してください。

まず、「電話番号登録」をクリックします。

①上記の例のとおり、頭の0は抜き、ハイフンなしで入力し最後に「コードを取得」をクリックすると、コード入力画面に変わります。

②登録電話番号に「5ケタの数字」がSNSで届きますので、コード入力画面に記入してください。

次に「ご本人確認」をクリックしてください。
パスポート又は運転免許証、或いは、写真付きマイナンバーカードの何れか一つを用意してください。

今回はパスポートで説明します。

・名前・名字の順にローマ字で入力します。

・パスポートの写真付きのページ右上のアルファベットから始まっているの、パスポート番号です。

・生年月日はクリックするとカレンダーが表示されるので生まれ年から選択してください。

記入できたら、スマホでパスポートの写真を撮ります。

パスポートは写真があるページと隣のページの全てが綺麗に写る画角で撮影してください。光の加減で、文字が読めない、写真がみずらいのはNGになりますので、注意しましょう。

次にパスポート最終ページにある住所と署名のページを撮影します。

パスポートの最終ページに、住所と署名欄がありますので、こちらも隣のページ一緒に住所・署名ページが全て入る画角で撮影します。

撮影できたら、本人確認ページのファイルのアップロードエリアにドラッグアンドドロップするか、ファイルを参照して、アップロードしてください。

運転免許証の場合も表裏、マイナンバーカードの場合も表裏の写真が必要です。

これで、数時間から1営業日以内に登録メールに回答がきます。本人確認証明書の写真に問題がなければ、これで口座開設の作業は完了です。

後は、指定されたメールアドレスに回答がきますので、メールの中のリンクをクリックして下図の中から口座を選択して入金するだけで、取引が開始できます。

ただ、クイックスタートボーナスやLevel upボーナスを申し込まれている場合には、各ボーナスのクリア条件を満たしたあとで、本口座開設されることをおすすめします。ボーナス金を獲得され、口座資金が200USドルを超えるとレバレッジは、2000倍に落とされるからです。

また、100%入金ボーナスを申し込まれると、レバレッジは30日間、500倍に制限されます。ご注意ください。

今すぐFBSで口座開設する

7. FBSの口座入金方法と出金方法

FBSには、資金を口座に入出金する際の明確なルールがあります。

FBS出入金ルール
・入金時に行った方法で出金申請がないと出金申請には応じない。
・クレジットカード又はデビッドカードで入金された場合、出金は入金の際に使用されたクレジットカード又はデビッドカードに最優先して出金処理する。但し、入金額満額までを上限とする。
・クレジットカード又はデビッドカードへの出金上限額に達した場合には、他の出金方法に応じる。(bitwallet・STICPAY・BonsaiJP・perfect Moneyなど)

このルールを認識しておけば、トラブルは完全に避けられます。FBSに入金する際のクレジットカード又はデビッドカードの有効期限が長ければ長いほど安全ということになります。

また、期限が到来しても、同じカード番号で再発行してくれるのかを予めカード会社に確認しておけばよいでしょう。カードの紛失は最大限に注意して、保管しましょう。

7-1. 入金方法・手数料

1)クレジットカード/デビッドカードで入金

入金手数料は無料で、入金申請を執行すると即時残高に反映されます。

個人管理画面で、財務(「資金管理」と表示されるときもある)をクリックします。

資金管理画面で、「入金」をクリックします。

クレジットカード/デビッドカードを選択します。今回はJCBカードを選択します。

① 入金金額を選択します。10,000円から370,000円まで選択できます。

 入金金額を選択すると、USドル換算でいくらになるかが表示されます。

10,000 ÷ 89.96 = 111.16円

という結果を市場と比較確認してみます。

出典:日経平均リアルタイムチャート

②その差は、4.6銭なので問題なさそうですから、「入金する」ボタンをクリックします。

カード情報を上記のように、入力します。裏面のCAV2番号も忘れずに入力しましょう。

入力が完了したら、「Pay Now」をクリックして。「正常に実行されました」とでると入金完了です。直ぐに、口座残高を確認しましょう。

なお、FBSではMasterCardが使えなかったようですが、Diners Clubも加わり、現在は使えるようです。

実際、クレジットカードでの入金の際に、手数料がかからないのかを調べてみましたが、上記のとおり、6/20は日曜で休場ですが、金曜日の終値のレートと同等でした。

つまり、クレジットカードでの入金には、入金処理・両替手数料はかかりません。

やはり、海外FX会社への入金手段は、クレジットカードかデビッドカード、出金手段には、入金した分までの出金は同じクレジットカード又はデビッドカードを使い、利益分をbitwalletで出金するのが最もコスト安ですね。

但し、FBS側の口座をUSドルやEUROにしてしまうと、日本から送金する際に両替手数料がかかり、出金する際にも同様に両替手数料が往復でかかりますので、注意が必要です。

円口座を開設することをおすすめいたします。

2) bitwalletでの入金方法

FBS側の入金手数料は無料です。

まず、bitwalletを使うときは、以下のことを注意してください。

bitwallet 注意点
・クレジットカード・デビッドカードを使ってbitwalleへの入金をすると入金額の8%~8.5%という高額な手数料がかかる。
・bitwalletにおける、円から外貨・外貨から円への両替手数料は、最低2.5%以上の手数料がかかる。
・海外送金の手数料は、4,800円+(送金金額×1%)かかる。(但し、bitwalletユーザー間送金は1USドル・1ユーロ)

bitwalletを使って外貨の海外送金、外貨から円の海外送金はおすすめできません。また、そもそも海外FX会社の口座は円が暴落でもしない限り、円建て口座にすべきです。そうすることで、bitwalletの場合、送金手数料の1ユーロのみの負担で済むからです。

もし、USドルやユーロ建て口座をつくり、外貨でのFBSに入金をする場合でも、両替手数料が殆どかからないクレジットカード又はデビッドカードで入金することをおすすめします。

FX取引で利益をあげ、その利益を日本に持ち帰ることを前提とされている場合には、円建て口座の開設をおすすめいたします。

FBSは、銀行からの海外送金を受け付けていませんので、選択肢がありませんが、入金には手数料が安く、両替コストがかからないクレジットカード又はデビッドカードをおすすめします。

以上の前提で、bitwalletでのFBS口座への円の入金方法をお伝えします。

個人管理画面で、「財務」(「資金管理」と表示のときもある)をクリックします。

資金管理画面で、「入金」をクリックします。

入金方法選択画面で、bitwalletを選択します。


①入金金額を選択します。

9,500円をUSドルに両替した入金予定額を確認します。
<日経平均リアルタイムチャートなどで、現在のドル円レートを確認>

出典:日経平均リアルタイムチャート

②問題なければ「入金する」をクリックします。


すると、自動的にbitwalletのログイン画面に移動しますので、ログインして、送金を実行すれば、即時FBSへの入金は完了します。

7-2. 出金方法・手数料

海外FX業者はbitwalletでの出金は、入金額同額まで・入金の際に使ったカードと同じカードに向けての出金しかできない規定をもつ業者があります。FBSはクレジットカード又はデビッドカードで入金した金額を出金したあとであれば、bitwalletによる出金は、いくらでもできます。

1)クレジットカード又はデビットカードで出金する

出金手数料は1ユーロで、最安です。
ただ、クレジットカード又はデビットカードで出金する場合は、以下2点の制約があります。

カードの制約
・入金の際に使った、クレジットカード又はデビットカードにのみ出金できる。
・入金した際の入金金額を上限として出金できる。
・入金で使用したクレジットカード又はデビッドカードの入金金額分を出金するまで、他の出金方法は選択できない。

つまり、入金した金額を、入金に使った同じカードでしか出金できないということです。

クレジットカード又はデビットカードへの出金が最優先される原則があり、このことをなしにして他の出金方法の選択肢はないということです。カードの有効期限が十分(少なくとも1年以上あるもの)かどうかを確認して、使うようにしましょう。

そして、運用がうまくいって利益がでたら、さっさと入金した分のお金はカードで出金しておきましょう。そうすれば、クレジットカードの期限が切れてカード番号が変わったとしても、あとはbitwalletで自由に出金ができます。

利益部分は、bitwalletで出金する方法が最も安く、しかも早いです。STICPAYなど他のウォレットも使えますが、送金が有料になることや両替手数料が高いのでbitwallet一択で説明します。万一潰れたら、他のウォレットを使えば良いのです。価格変動の激しいビットコインは現実的ではないので割愛します。

個人「管理画面の財務(又は[資金管理」と表示されるときもある)をクリックします。

次に、資金管理画面で「出金」をクリックします。

ここでは、入金のときと同様にJCBを例に説明するので、JCBをクリックします。


下図のフォームで、入金の際に使用したクレジットカード又はデビットカードの写真を撮影して、写真のファイルをアップロードします。

① カード番号はハイフンなし・スペースなしで記入します。

② 次にカードの写真を撮ります。
カードの写真は表1枚と裏1枚を撮影しますが、セキュリティーの点から、カード番号は上6ケタと下4ケタだけを表示するようにします。

イメージ的には下の図のように、表面は7ケタ目から12ケタ目までを隠し、裏面はCVC/Cの3ケタの番号を黒い帯で隠せば大丈夫です。写真を撮る際にビニールテープや用紙を切ったもので一時隠してもOKですし、写真をとってから、ファイルを開いてペイントなどのグラフィックエディタで黒塗り加工しても問題ありません。

③ 今回はUSドル口座なので、100USドルとしました。

④およその金額を確認して、問題なければ(法外な両替手数料でなければ)「お引き出しを確認する」ボタンをクリックし、表示切替で「出金する」ボタンが表示されたら、これをクリックして、出金完了です。

2)bitwalletで出金する

▼下記のリンクから、bitwalletの口座開設を先に済ませておいてください。
https://secure.bitwallet.com/signup/certification

bitwalletの出金手数料は、USドルやユーロ口座の際に、両替手数料として発生しますので、出金金額により、変化します。変動制ですから、いくらとは限定できませんが、2021年6月20日現在で、2.5%の両替手数料がかかるというものでした。これに加えて、FBS側で1ユーロの出金手数料がかかります。

FBSにログインし、個人管理画面を開きます。

個人「管理画面の財務(又は[資金管理」と表示されるときもある)をクリックします。

次に、資金管理画面で「出金」をクリックします。

出金方法選択画面で、bitwalletをクリックします。

① bitwalletの口座IDと登録メールアドレスを記入しますので、bitwalletのアカウントが必要です。予めbitwalletの口座は、開設しておきましょう。

②出金金額を記入します。この場合、USドルで出金しますので、bitwalletに送金された時点で、2.5%以上の米ドル→日本円への両替手数料がかかり、bitwalletで引かれた金額が最終的な出金金額になります。
(※USドル建て口座になってますが、これはクイックスタート・Level upボーナスを申し込んだため、USドル建て口座になっています。ドル建て口座を作ってしまった場合はあとで円建て口座を作れば問題ありません。)

③およその金額が表示されますので、確認して問題(法外な為替手数料を引かれてないか)がなければ、「お引き出し金額を確認する」ボタンをクリック、「出金する」ボタンをクリックすると、即時bitwalletの口座残高に反映されます。

bitwalletにログインし、FBSからの入金を確認します。

今すぐFBSで口座開設する

まとめ | FBSはレバレッジ3000倍が優れトレード資本を稼ぐための口座

FBSは、レバレッジの高さでは、やはりずば抜けているFX会社であることは否めません。資金が200ドルを超えると、2,000倍には落ちますが、それでも高いレバレッジ倍率です。少額資金で元手を稼ぐためには、レバレッジは必要不可欠です。

ただ、複数にFX口座をもち、手法や資金量にあわせてFX会社を使い分ける前提でいえば、現状FBSはメインのFX会社には、なり得ないかもしれません。

FXが差金決済取引である以上、スプレッドの広さは問題になってきます。スワップポイントが少しでもカバーしてくれるようなら、まだ納得もいくのですが、現在の設定ではオーバーナイト(スイング)トレードをするレベルではないといえます。

しかし、少額資金で稼ぐためのFX口座としては、3,000倍レバレッジは魅力、FBSの取引口座は持っておいて損はないと考えます。

但し、現在の入金ボーナスやキャッシュバックの仕組みを狙うのは本末転倒、期待値を崩してしまいかねないので、注意してください。

10pipsでも取れればよいというトレードで、3,000倍レバレッジを活かすというスタンスの方が現実的に思えます。

今すぐFBSで口座開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です