海外FXでスキャルピング最強のオススメ業者TOP5【ランキング】

この記事を見つけたあなたは、海外FXでスキャルピングは稼げるのか、オススメ業者についても探しているのではないでしょうか。

結論から言うと、海外FXはレバレッジが大きいのでスキャルピングでも非常に大きな利益を狙えます。

ただし、海外FXにはスキャルピングが禁止・規制のある業者もあり、間違った業者を選んでしまうと最悪、口座凍結・出金拒否などの危険性もあります。

この記事では、スキャルピングに有利な条件とオススメできる業者4選について徹底解説しています。

結論、スキャルピングで選ぶなら5社がオススメです。

それぞれの業者について具体的にどんな人にオススメできるかまで詳しく解説したので、

最後まで読めば、あなたにぴったりのスキャルピング用口座が見つけられるでしょう。

ロシア・ウクライナ情勢によるリスク

2022年2月24日に発生したロシア・ウクライナ間の戦争により、市場ではボラティリティの高い相場が続いています。そのため、FXでもポジションの長期保有はロスカットの危険性があり注意が必要です。逆に言えば海外FXでは現状、スキャルピングでの取引が一番安全かつ有利にトレードできる可能性があります。引き続き相場には注意が必要ですが、ポジション・資金管理を徹底しつつスキャルピングでトレードすることをオススメします。

1. スキャルピングでオススメの海外FX業者5選【ランキング・一覧比較】

Milton MarketsTitanFXAXIORYTradeViewGemforex
最大レバレッジ1,000倍400倍400倍500倍1,000倍
ゼロカットシステム
ロスカット水準20〜50%20%20%100%20%
取引方式STP・DMA方式NDD方式NDD方式NDD方式DD方式
取引制限なしなしなしなしあり
ストップレベルなしなしなしなしあり
トレード環境MT4・MT4
・MT5
・MT4
・MT5
・cTrader
・MT4
・MT5
・cTrader
・Currenex
・MT4
・MT5
約定力
信頼性・安全性
ボーナス

スタンダード口座

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル
Milton Markets
(SMART口座)
0.7pips0.7pips0.9pips1.0pips0.6pips
GemForex
(オールインワン口座)
1.2pips1.4pips1.9pips1.6pips1.2pips
TitanFX
(ブレード口座)
1.33pips1.74pips2.45pips2.12pips1.2pips
AXIORY
(ナノ・テラ口座)
1.5pips1.7pips2.7pips2.1pips1.3pips
TradeView
(スタンダード口座)
1.8pips1.9pips2.3pips2.6pips1.7pips

ECN口座

ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/ドル手数料(往復)
TradeView
(ILC口座)
0.6pips0.9pips1.0pips1.0pips0.6pips5ドル (0.5pips)
AXIORY
(ナノ・テラ口座)
0.8pips1.0pips1.3pips1.3pips0.8pips6ドル (0.6pips)
TitanFX
(ブレード口座)
1.03pips1.44pips2.15pips1.82pips0.9pips7ドル (0.7pips)
※Milton Markets・GemforexにECN口座がありません。

本格的にスキャルピングを行うためにも適切な業者選びが大切になります。

スキャルピングを行う環境が整っていない業者を選べば、効率的に利益を伸ばしにくいからです。

そこで、スキャルピングに適したおすすめ5つの業者を紹介します。

1-1. Milton Markets【レバレッジ1,000倍のハイレバ×スキャルピングで攻めるなら】

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

Milton Marketsでスキャルピングをするならレバレッジ1,000倍で取引できる「SMART口座」がオススメですね

FLEX口座SMART口座ELITE口座
注文実行環境STP・DMASTP・DMASTP・DMA
最大レバレッジ500倍1000倍200倍
取引ツールMT4MT4MT4
取引手数料無料無料無料
マージンコール50%100%100%
ロスカット水準20%50%50%
最小取引通貨1000通貨
(0.01Lot)
1000通貨
(0.01Lot)
1000通貨
(0.01Lot)
最大ロット数50ロット50ロット50ロット
最大ポジション数100100100
最低入金額1万円3万円100万円
取り扱い銘柄・FX:43種類
・貴金属・エネルギー:5種類
・株式指数:11種類
・FX:43種類
・貴金属・エネルギー:5種類
・株式指数:11種類
・FX:43種類
・貴金属・エネルギー:5種類
・株式指数:11種類
スプレッドの狭さ
ボーナス
基軸通貨円・米ドル・ユーロ円・米ドル・ユーロ円・米ドル・ユーロ

ミルトンマーケッツでスキャルピングをオススメできる理由は以下4つの条件が揃っているからです。

更に、ミルトンマーケッツではレバレッジが1,000倍と高いことや、ボーナスキャンペーンがお得なこともメリットです。

そのため、メリットを合わせるとボーナスを利用したハイレバ×スキャルピング」で少額でも短期間に大きな利益を狙うことができる業者です。

もしあなたが海外FXのスキャルピングで「短期間に少額でも大きなリターンを狙いたい」と思っているのであれば、Milton Marketsでのスキャルピングが最も有利になるでしょう。

ハイレバ×スキャルピングで一攫千金
ミルトンマーケッツで
口座開設する

1-2. TitanFX【スタンダード口座のスプレッドが狭く初心者でも使いやすい】

TitanFXはスキャルピングにおすすめ
公式サイト:https://titanfx.com/ja
トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

Milton Marketsでスキャルピングをするなら取引手数料の発生しない「スタンダード口座」がオススメですね。

スプレッドの狭いECNタイプの口座で取引するならよりスプレッドの狭い「AXIORY」や「TradeView」がオススメです。

スタンダード口座
(STPタイプ)
ブレード口座
(ECNタイプ)
最大レバレッジ500倍500倍
ロスカット水準20%20%
マージンコール90%90%
最大保有ポジション200ポジション200ポジション
最低入金額2万円10万円
ロット単位1lot=10万通貨1lot=10万通貨
最小取引量0.01lot(1000通貨)0.01lot(1000通貨)
最大取引量100lot100lot
取引手数料無料1ロット=往復7ドル (0.7pips)
口座維持費無料無料
取引銘柄数通貨ペア:60種類
貴金属:11種類
エネルギー:5種類
株式指数:21種類
仮想通貨:24種類
米国株式:×
通貨ペア:60種類
貴金属:11種類
エネルギー:5種類
株式指数:21種類
仮想通貨:24種類
米国株式:100種類
複数口座開設お一人様15口座までお一人様15口座まで
自動売買
日本語サポート
ボーナス
  1. スタンダード口座のスプレッドがかなり狭い
  2. 利用者から約定力の高さを評価されている
  3. スキャルピングの取引制限が一切無い

TitanFXでは、3点からスキャルピングに強い性質を持っています。

特に、TitanFXはスタンダード口座のスプレッドが非常に狭く、取引手数料を気にすること無く取引できるため、初心者にもオススメです。

※スタンダード口座は取引手数料が無料のタイプの口座です。

更に、「スキャルピングの制限が一切無い」ため、どんなスキャルピング手法でも存分に試すことができます。

一方、TitanFXではボーナスが一切実施されていない点がデメリットになります。

海外FXにはボーナスで取引資金を大きく増やせる業者も多く、特に初心者の場合は「ボーナスでお得に取引したい」というユーザーも多いでしょう。

ただし、TitanFXでは「ボーナスを実施しない代わりに、狭いスプレッドを提供する」というスタンスのため、

ボーナスよりも、高のトレード環境で本格的にスキャルピングを始めたいトレーダーにオススメと言えるでしょう。

初心者でもスキャルピングで攻める
TitanFXで口座開設する
トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

ボーナスを使ってスキャルピングをしたいという方にはGemforexがオススメです。

1-3. AXIORY【ECN口座でワンランク上のトレード環境を求める中級者に】

AXIORYはスキャルピングにオススメ
公式サイト:https://www.axiory.com/jp/
トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

AXIORYでスキャルピングをするならスプレッドの狭い「ナノ口座」「テラ口座」がおすすめです。

(ナノ口座とテラ口座は「取引プラットフォームの種類」が違うだけです)

スタンダード口座ナノ口座テラ口座
注文方式STP方式ECN方式ECN方式
プラットフォーム・MT4
・cTrader
・MT4
・cTrader
・MT5
最大レバレッジ400倍400倍400倍
マージンコール50%50%50%
ロスカット水準20%20%20%
1ロット単位10万通貨10万通貨10万通貨
最小取引単位0.01 lot
(1,000通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
最大注文ロット
(1ポジションにつき)
1,000 lot1,000 lot1,000 lot
最大保有ポジション制限なし制限なし制限なし
取引手数料無料6ドル / 1lot(往復)6ドル / 1lot(往復)
最低入金額(※1)1100円1100円1100円
通貨ペア61種類61種類61種類
エネルギー5種類5種類5種類
貴金属4種類4種類4種類
株式CFD157種類157種類157種類
株式指数CFD10種類10種類10種類
デモ口座
両建て
スキャルピング
自動売買
日本語サポート
ボーナス(※2)

※1 AXIORYでは2万円以下の入金に関しては1,000〜1,500円の手数料が発生します。
※2 AXIORYでは年に数回、期間限定でのボーナスキャンペーンを実施しています。

  1. ナノ・テラ口座(ECN口座)のスプレッドが狭い
  2. 利用者から約定力の高さを評価されている
  3. スキャルピング向きの取引プラットフォーム「cTrader」が利用可能
  4. 最低2万円から取引可能

AXIORYはECNタイプのナノ・テラ口座のスプレッドが狭く、約定力の高さも評価されているためスキャルピングに有利です。

※ECN口座とは、取引手数料を支払うことで狭いスプレッドで取引できる口座タイプです。

ECN口座のスプレッドで最も狭い業者はTradeViewですが、TradeViewのECN口座は最低入金額が10万円と高額なため上級者向けです。

一方、TradeViewのスプレッドには劣りますが、AXIORYのECN口座は最低入金額が2万円なので初心者でも利用しやすいです。

さらに、スキャルピングに特化したトレードツール「cTrader」を利用できるので、効率的に取引が行えるでしょう。

ただし、レバレッジが400倍と低めですが、最小取引数が1,000通貨から始められて、最大取引数が1ポジションあたり1億通貨まで可能なので取引量でカバーできます。

その他、AXIORYは信託保全が組まれているので、信頼性・安全性が高く安定したトレードが行える点でもオススメです。

ワンランク上を求める中級者に
AXIORYで口座開設する

1-4. TradeView【業界最狭スプレッドでガンガン利益を狙いたい上級者に】

トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

TradeViewでスキャルピングをするならスプレッドの狭い「ICL口座」「cTrader口座」がおすすめです。

ICL口座とcTrader口座どちらを利用するかは「最大レバレッジ」「取引プラットフォーム」「CFD取引」3つの基準で選ぶと良いでしょう。

X Leverage口座Currenex口座ILC口座MT5口座cTrader口座
注文方式STP方式STP方式ECN方式ECN方式ECN方式
プラットフォームMT4CurrenexMT4MT5cTrader
最大レバレッジ500倍200~400倍200倍100倍200~400倍
マージンコール
ロスカット水準100%100%100%100%100%
1ロット単位10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
最小取引単位0.01 lot
(1,000通貨)
0.1 lot
(1万通貨)
0.1 lot
(1万通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
0.01 lot
(1,000通貨)
取引手数料無料6ドル / 1lot(往復)5ドル / 1lot(往復) 5ドル / 1lot(往復)5ドル / 1lot(往復)
初回入金額100ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル
通貨ペア数60銘柄41銘柄60銘柄60銘柄41銘柄
貴金属銘柄数3銘柄2銘柄3銘柄3銘柄2銘柄
CFD銘柄数48銘柄48銘柄48銘柄
仮想通貨5銘柄5銘柄5銘柄5銘柄5銘柄
両建て
スキャルピング
自動売買
日本語サポート
ボーナス
  1. ECN口座のスプレッドが業界一狭い
  2. 利用者から約定力の高さを評価されている
  3. スキャルピング向きの取引プラットフォーム「cTrader」が利用可能

結論、海外FXの中で最もスキャルピングに適した業者はTradeViewです。

TradeViewはECN口座のスプレッドが業界No.1の狭さかつ、約定力も非常に高いのでスキャルピングにぴったりです。

ただし、TradeViewの利用には2つの注意点があります。

TradeViewの注意点
  1. ロスカット水準が証拠金維持率の100%以下と高い
  2. ECN口座は最低入金額が10万円と高額

特に、TradeViewが売りにしているECN口座は最低入金額が10万円と高いので、トレード経験豊富な上級者でなければハードルが高いでしょう。

また、海外FXではロスカット水準が平均20%ですが、TradeViewでは100%と非常に高いのでロスカットされないためにポジション・資金管理も重要になります。

そのため、使い勝手に癖がある業者ですが「スプレッドの狭さ・約定力の高さ」は間違いなく海外FXで最高峰のレベルなので、

スキャルピングでガンガン利益を狙いたい上級者に利用をオススメします。

プロ並のトレード環境なら
TradeViewで口座開設する

1-5. Gemforex【ボーナス×ハイレバで大きな利益を狙うなら】

Gemforexの評判・評価
公式サイト:https://gemforex.com/
トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

Gemforexでスキャルピングをするならボーナスのある「オールインワン口座」がオススメです

オールインワン口座ノースプレッド口座レバレッジ5000倍口座
注文方式DD方式DD方式DD方式
取引手数料なしなしなし
初回最低入金額5,000円30万円入金上限10万円まで
取引口座の通貨・日本円
・米ドル
・日本円
・米ドル
・日本円
・米ドル
最小取引単位0.01 lot
(1,000通貨〜)
0.01 lot
(1,000通貨〜)
0.01 lot
(1,000通貨〜)
最大レバレッジ1,000倍1,000倍5,000倍
取引プラット
フォーム
・MT4
・MT5
・MT4
・MT5
・MT4
・MT5
商品(銘柄)【商品合計33種類】
・通貨ペア:31
・メタル:2
・エネルギー:2
・株式指数:10
【商品合計31種類】
・通貨ペア:31
【商品合計31種類】
・通貨ペア:31
最大ロット数30ロット30ロット30ロット
最大保有ポジション30
※新規指値注文含む
3030
追証なしなしなし
ロスカット水準20%20%20%(※1)
スプレッドの狭さ
VPSサービス
自動売買(EA)
デモ口座
複数口座の開設(※2)
ボーナスの豊富さ
  1. スプレッドが非常に狭い
  2. 最大レバレッジが1,000倍と高い
  3. ボーナスキャンペーンが豊富

ボーナスキャンペーンも活用しながらお得にスキャルピングしたいならGemforexがオススメです。

Gemforexはスプレッドも非常に狭いためスキャルピングに向いています。

また、レバレッジが1,000倍と高いため、ボーナスも同時に活用すればスキャルピングでも大きな利益を狙うことが可能

さらに、Gemforexでは自動売買(EA)のトレード環境も充実しているため、EAを使ったスキャルピングも向いています。

ただしGemforexでのスキャルピングには以下の注意点があります。

Gemforexのスキャルピングの注意点
  • サーバーに影響を与える大ロット・高回数のスキャルピングは禁止(※)
  • ノースプレッド口座でのEAを利用したスキャルピングは禁止

※過去に「5分間で往復10lot以上での連続取引」をしたトレーダーが取引停止処分となった事例が公式サイトで発表されています。

そのため、取引制限を気にすること無く自由にスキャルピングをしたい方は、TitanFXなどのスキャルピングに制限の無い業者がオススメです。

その他、GemforexはDD方式の業者であるため、取引の透明性や約定力に関しては他社に比べ低いと言われています。

Gemforexはあくまでも「ボーナス×ハイレバを活用したスキャルピング」で、少額でも大きな利益を狙いたいトレーダーにオススメです。

ボーナス×ハイレバで一攫千金
Gemforexで口座開設する
トレード歴8年筆者
トレード歴8年筆者

中〜上級者の方ならボーナスよりも、トレード環境が重視されたTitanFX・AXIORY・TradeViewがオススメできます。

2. 海外FXでスキャルピングに有利な業者の8つの条件

スキャルピングで効率よく稼ぐためには欠かせない8つの基準があります。

2-1.スキャルピングの禁止・制約がない

当たり前ですが、スキャルピングを禁止している業者では取引ができません。

無断で取引を行えば、ペナルティーとして口座凍結する場合があるのです。

したがって、事前にスキャルピング可能な業者である必要があります。

2-1.約定力が高い

スキャルピングは回転率が速い超短期トレードのため、狙った価格帯で売買できないと利益につながりにくいです。

そのため、注文した価格帯からズレが起こらない高い約定力が必要になります。

売買回数が多くなりがちなスキャルピングを効率的に行うためにも、サクサク取引できる約定力は欠かせないでしょう。

2-1.スプレッドが狭く手数料が安い

スキャルピングは1日に何度も売買を繰り返すトレード手法のため、スプレッドや手数料が高いと利益率が低下します。

なぜならば、売買するたびにスプレッドや手数料がかさみ、赤字スタートになるからです。

これでは効率的に稼げないので、スプレッドや手数料の安さは重要な基準となります。

2-1.ゼロカットシステムを採用している

海外FX業者の多くは、トレーダーの資金保護のために証拠金を超える損失までは請求されない「ゼロカットシステム」と呼ばれる仕組みを採用しています。

スキャルピングは数pipsを狙う手法なので、ハイレバレッジで取引しないと資産を増やしていけません。

そのため、ハイリスクになりやすいですが、ゼロカットシステムのおかげで大損が出ても借金は発生しないのです。

つまり、借金を抱えるリスクがないため、強気でハイレバレッジを掛けてスキャルピングができます。

2-1.ロスカットまでの証拠金維持率が低めである

ロスカット水準が低めに設定されていること。

トレード中に予想外のところで損失が確定する可能性が低くなるからです。

ロスカット水準が低ければ、損失までの許容範囲が広くなるので、その分利益を伸ばしやすくなるでしょう。

ハイレバレッジを掛けて、強気なスキャルピングするためにもロスカット水準は重要となります。

2-1.NDD方式を採用している

NDD方式とは。「トレーダーと為替市場の間にFXディーラー」が介入しない取引方法のこと。

取引の際にディーラーが仲介しないため、透明性と約定力が高く、スキャルピングとの相性が良いからです。

他の取引方法として「DD方式」がありますが、ディーラーが介入するので不透明性が高くなり、約定までに時間が掛かるので、スキャルピング向けではありません。

2-1.ハイレバレッジで取引できる

スキャルピングは1回のトレードで数pipsを狙うので、レバレッジを掛けないと稼ぎにくい手法でもあります。

ハイレバレッジで取引できる業者でないと効率的に資産を増やしていけません

事前にレバレッジの倍率が高い業者を選ぶことが重要となります。

2-1.信用性・安全性が高い

海外FXを利用する際は、安全性・信頼性の高さが重要。

業者の中には、約定操作や出金拒否したりする悪徳業者や詐欺業者も存在するからです。

したがって、利用前には資金管理の方法や金融ライセンスなどが公開されているのかチェックしておきましょう。

安定したスキャルピングを行うためにも信頼性・安全性は欠かせません。

3. 海外FXでスキャルピングが禁止・規制されている業者一覧

禁止・制限事項
iFOREX禁止
Dynamic Trade禁止
Gemforex・サーバーに影響を与える大ロット、高回数のスキャルピング
・ノースプレッド口座でのEAを利用したスキャルピング
LANDFX・経済指標発表時のスキャルピング行為
・システム(EA)を使ったスキャルピング
・高頻度の注文・取引
IS6FX(is6com)・サーバーに影響を与える大ロット、高回数のスキャルピング

海外FXではスキャルピングに関して3つのタイプの業者があります。

  1. スキャルピングに制限が一切ない業者
  2. 一部スキャルピングに取引制限がある業者
  3. スキャルピングを禁止している業者

②③の業者で禁止事項のスキャルピングをしてしまうと最悪、口座凍結・出金拒否・利益取り消しなどの可能性もあるため注意が必要です。

特に、スキャルピングに規制がある業者のほとんどがDD方式の業者です。

逆にNDD方式の業者では取引回数が増えるごとにスプレッドによる手数料が入るため、NDD方式の業者ではスキャルピングに制限の無い場合が多いです。

この記事ではスキャルピングでオススメの業者としてGemforexも含めていますが、

総合的に考えるとNDD方式を採用しており取引制限の無い3社がオススメできるでしょう。

一部スキャルピングに取引期限がある業者で取引する場合には、規約違反にならないように十分注意するようにしましょう。

4.海外FXと国内FXとのスキャルピングの違い

海外FXはスキャルピングに対して寛大で、ほとんどの業者が禁止や規制をしていません。

一方、国内FXはスキャルピングに対して敬遠しがちで、禁止している業者が多い。

このような違いが出る理由として、国内と海外では取引方法が異なるからです。

国内FX業者の多くがDD方式と呼ばれる「トレーダーと為替市場の間にFXディーラー」が介入する取引方法を採用しています。

特徴として、ディーラーの行動に左右されるので不透明であり、約定力も高くないですがスプレッドが狭いというメリットがあります。

しかし、DD方式を採用している大半の国内FXはスキャルピングを禁止している業者が多い。

ディーラーが取引に介入するため、超短期売買が連続して行われるとカバーが間に合わなくなるからです。

対して、海外FXはNDD方式と呼ばれる「トレーダーと為替市場の間にFXディーラー」が介入しない取引方法を採用している業者が多い。

DD方式に比べるとスプレッドが広くなるデメリットがありますが、透明性と約定力が高いのでスキャルピングとの相性が良いでしょう。

採用している取引方法の違いによる理由から、国内FXはスキャルピング向けの業者ではないことが伺えます。

5.【結論】スキャルピングをするなら海外FXがオススメな3つの理由

結論から言うと、海外FXはスキャルピングと相性の良い環境が整っているため最適です。

主な理由は以下の3つになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう

5-1.海外FXはスキャルピングの禁止をしていない業者が多い

国内FXはスキャルピングを敬遠している業者が多いため、スキャルピングに適した業者を探す手間が掛ります。

一方、海外FXはスキャルピングを禁止・制限をしている業者は少ないです。

一部の業者は禁止していますが、ほとんどの海外FX業者はスキャルピングが可能。

つまり、スキャルピングの始めやすさから海外FXが最適でしょう。

5-1.国内FX業者よりもレバレッジが圧倒的に高い

国内FXはレバレッジが25倍までと上限が決まっています。

そのため、超短期売買を繰り返すスキャルピングでは大きく利益を伸ばすのが難しいです。

対して、海外FXはレバレッジの上限が決まっていません。

業者によっては1000倍とかなりハイレバレッジな設定もできるので、利益率も高まり効率的なスキャルピングが行えるので最適です。

5-1.損失補填されるゼロカットシステムが採用されている

海外FXの特徴の1つとして、トレーダーの資金保護のために証拠金を超える損失までは請求されない「ゼロカットシステム」と呼ばれる損失補填する仕組みがあります。

そのため、ハイレバレッジでトレードして大損が出ても借金を抱えるリスクがありません。

海外FXは、ハイレバレッジで安心して取引するためにも最適な環境です。

6.海外FXのスキャルピングに関するよくある質問【FAQ】

ここでは、海外FXのスキャルピングに関するよくある質問の回答を紹介していきます。

質問は以下の4つです

詳しく見ていきましょう。

Q1.おすすめの手法や攻略法はありますか?

スキャルピングを攻略するためには、どの市場を何の通貨ペアで狙うのか決めておく必要があります。

取引が活発に行われていない時間帯や通貨ペアを選んでトレードしていれば、効率よく利益を積み重ねることができないからです。

したがって、取引が活発に行われている通貨と時間を狙ってスキャルピングするようにしましょう。

一例として、もっとも活発な時間帯は、ロンドン時間(16時~)やニューヨーク時間(21時~)。活発に動く通貨ペアは、USD/JYP・USD/EUR・EUR/JYPなど。

おすすめの手法は、視覚的にもエントリーの判断がしやすいレンジブレイクを狙いましょう

最高値と最安値に平行線を引いて、ラインブレイクした方向にエントリーしていく手法です。

トレードの基本はトレンドについていくことですが、トレンドの発生率は2割で、残り8割はレンジ相場と言われています。

そこで、レンジブレイクするタイミングを狙うのがおすすめの手法となります。

Q2.スキャルピング初心者におすすめの海外FX口座はどこですか?

初心者におすすめなのがMilton MarketsTitanFXです。

Milton MarketsTitanFXは取引手数料がかからない「スタンダード口座」のスプレッドが狭いからです。

正直、取引手数料はかかるがスプレッドの狭いECN口座を使ったほうがスキャルピングでは有利ですが、取引手数料は初心者にとっては負担になりやすいです。

そのため、初心者の場合はまずはスタンダード口座のスプレッドが狭いMilton MarketsTitanFXから始めることがオススメです。

ある程度取引に慣れてきたら、AXIORYTradeViewなど、よりスペックの高いECN口座に乗り換えると良いでしょう。

Q3.スキャルピングに向いていない海外FX業者はどこですか?

大前提としてスキャルピングを禁止している業者はまず避けましょう。

スキャルピングに向いていない業者としては以下2つの条件がある業者です。

  • スプレッドが広い
  • ストップレベルがある

※ストップレベルとは現行価格から一定の値幅で指値・逆指値が設定できない仕組みです。

特に、細かい価格変動を狙うスキャルピングではスプレッドが広いほど、1回の取引で狙う利幅が大きくなるので不利です。

またストップレベルのある業者では細かい価格帯で指値・逆指値が設定できないため不利になります。

Q4.参考になるブログはありますか?

スキャルピングを学ぶのに参考になるのが「FX億トレーダーぶせなブログ」です。

ぶせな氏は、スキャルピングやデイトレードを中心とした手法が得意で、FX専業トレーダーとして9年以上運用している実力者。

認定テクニカルアナリストでもあり、スキャルピングに関する本を出版しているため、ブログの内容は分かりやすく丁寧にトレード手法が解説されています。

また、スキャルピングをする上で大切なマインドも学ぶことができるでしょう