【警告】海外FXスキャルピングで知らないと損する8つの基準と業者3選

本格的に海外FXでスキャルピングをするならば、何を基準にどの業者を選べばいいの?

スキャルピングを行うのに適したサービスが整っている業者を選びましょう。

この記事を見つけたあなたは、海外FXでスキャルピングに適した業者を探しているのではないでしょうか。

海外FXでスキャルピングを行う業者を選ぶ際はやみくもに選ぶのは避けましょう。

業者によっては、スキャルピングを禁止・制限していたりするからです。

そこで、この記事では海外FXでスキャルピングするために必要な基準8つや本当におすすめできる業者を3つ紹介していきます。

結論から言うと、スキャルピングに適したサービスが整っている「Titan FX」、「AXIORY」、「Milton Markets」の3社がオススメです。

最後まで読めば、あなたに合ったスキャルピング口座が判断できるでしょう。

1.海外FXのスキャルピングに適した3つの業者【ランキング】

本格的にスキャルピングを行うためにも適切な業者選びが大切になります。

スキャルピングを行う環境が整っていない業者を選べば、効率的に利益を伸ばしにくいからです。

そこで、スキャルピングに適したおすすめ3つの業者を紹介します。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1-1. スプレッドの狭さや高い約定力が売りのTitan FX

TitanFXは、最適にトレードを行うためにボーナスやキャンペーンを排除し、狭いスプレッドやスピーディーな約定などユーザーの利便性を重視した業者です。

スペックを重視しているだけあり、スプレッドが狭く、約定力も高いため、スキャルピングをするには最高の環境が整っています

約定力が高い理由として、サーバーを設置している場所がインターバンクに近く、高速回線で世界の主要銀行と繋がっているためです。

注文した価格からズレがなく、約定拒否も起こりません。

そのため、狙った価格で売買できるため、効率的なスキャルピングが行えるのです。

また、TitanFXは証拠金維持率が20%を下回るまではロスカットが発生しません。

ロスカットまでの距離が広いため、トレード中に予想外のところで損失が確定する可能性は低くなります。

したがって、ハイレバレッジでスキャルピングを行うのに適した環境が整っているでしょう。

TitanFXは、狭いスプレッドを利用して高い約定力で、サクサク取引ができるのでおすすめです。

1-1.安定したスキャルピングが可能な定番業者AXIORY

AXIORYは、安定したスキャルピングを行うのに最適な業者です。

一番の特徴は約定スピードが0.001秒と驚異的な速さとリクオートなし、といった高い約定力を兼ね備えています

そのため、超短期で売買を繰り返すスキャルピングと相性がいいのです。

さらに、スキャルピングに特化したトレードツール「cTrader」を利用できるので、効率的に取引が行えるでしょう。

ただ、レバレッジが400倍と低めですが、最小取引数が1000通貨から始められて、最大取引数が1ポジションあたり10000万通貨まで可能なので取引通貨量でカバーできます。

AXIORYは信託保全が組まれているので、信頼性・安全性が高く安定したトレードが行える業者なのでオススメです。

1-1. ハイレバレッジでスキャルピングをするならMilton Markets

Milton Marketsはハイレバレッジが魅力的な業者です。

なんとレバレッジが最大1000倍まで可能。

スキャルピングは、数pips程度で超短期売買を繰り返すため、レバレッジを掛けなければ1回の利益を伸ばすことができません。

ハイレバレッジでトレードできるのは、スキャルピングで稼ぐためにも重要となります。

Milton Marketsなら1000倍のレバレッジでトレードしても借金を抱えるリスクがありません

なぜならば、トレーダーの資金保護のために証拠金を超える損失までは請求されない

「ゼロカットシステム」と呼ばれる仕組みを採用しているからです。

また、Milton Marketsは独自のサービスとして、スリッページ保証制度があります。

例えば、「スリッページ幅が1pips以上」や「約定時間が500ms以上」など条件を満たした場合に差分を返金してもらえる制度です。

これはスキャルピングを行う上でも有利になるサービスと言えるでしょう。

Milton Marketsはハイレバレッジで強気なスキャルピングを行える業者なのでオススメです。

2.海外FX業者利用でスキャルピングする際に重要な8つの基準

スキャルピングで効率よく稼ぐためには欠かせない8つの基準があります。

2-1.スキャルピングの禁止・制約がない

当たり前ですが、スキャルピングを禁止している業者では取引ができません。

無断で取引を行えば、ペナルティーとして口座凍結する場合があるのです。

したがって、事前にスキャルピング可能な業者である必要があります。

2-1.約定力が高い

スキャルピングは回転率が速い超短期トレードのため、狙った価格帯で売買できないと利益につながりにくいです。

そのため、注文した価格帯からズレが起こらない高い約定力が必要になります。

売買回数が多くなりがちなスキャルピングを効率的に行うためにも、サクサク取引できる約定力は欠かせないでしょう。

2-1.スプレッドが狭く、手数料が安い

スキャルピングは1日に何度も売買を繰り返すトレード手法のため、スプレッドや手数料が高いと利益率が低下します。

なぜならば、売買するたびにスプレッドや手数料がかさみ、赤字スタートになるからです。

これでは効率的に稼げないので、スプレッドや手数料の安さは重要な基準となります。

2-1.ゼロカットシステムを採用している

海外FX業者の多くは、トレーダーの資金保護のために証拠金を超える損失までは請求されない「ゼロカットシステム」と呼ばれる仕組みを採用しています。

スキャルピングは数pipsを狙う手法なので、ハイレバレッジで取引しないと資産を増やしていけません。

そのため、ハイリスクになりやすいですが、ゼロカットシステムのおかげで大損が出ても借金は発生しないのです。

つまり、借金を抱えるリスクがないため、強気でハイレバレッジを掛けてスキャルピングができます。

2-1.ロスカットまでの証拠金維持率が低めである

ロスカット水準が低めに設定されていること。

トレード中に予想外のところで損失が確定する可能性が低くなるからです。

ロスカット水準が低ければ、損失までの許容範囲が広くなるので、その分利益を伸ばしやすくなるでしょう。

ハイレバレッジを掛けて、強気なスキャルピングするためにもロスカット水準は重要となります。

2-1.NDD方式を採用している

NDD方式とは。「トレーダーと為替市場の間にFXディーラー」が介入しない取引方法のこと。

取引の際にディーラーが仲介しないため、透明性と約定力が高く、スキャルピングとの相性が良いからです。

他の取引方法として「DD方式」がありますが、ディーラーが介入するので不透明性が高くなり、約定までに時間が掛かるので、スキャルピング向けではありません。

2-1.ハイレバレッジで取引できる

スキャルピングは1回のトレードで数pipsを狙うので、レバレッジを掛けないと稼ぎにくい手法でもあります。

ハイレバレッジで取引できる業者でないと効率的に資産を増やしていけません

事前にレバレッジの倍率が高い業者を選ぶことが重要となります。

2-1.信用性・安全性が高い

海外FXを利用する際は、安全性・信頼性の高さが重要。

業者の中には、約定操作や出金拒否したりする悪徳業者や詐欺業者も存在するからです。

したがって、利用前には資金管理の方法や金融ライセンスなどが公開されているのかチェックしておきましょう。

安定したスキャルピングを行うためにも信頼性・安全性は欠かせません。

3.スキャルピングが禁止されている海外FX業者・確認方法

ほとんどの海外FX業者はスキャルピングに寛大ですが、一部禁止している業者も存在します。

例えば、LAND-FXやDynamic Tradeなど。

スキャルピング禁止の理由として、サーバーに負担が掛ることや約定スピードが追いつかないなどあります。

スキャルピングを始める前に取引できるのか確認しておく必要があるでしょう。

スキャルピング禁止の有無は、FX業者の利用規約から確認できます

ただし、ハッキリと「スキャルピングは禁止」と記載されていないケースもあり、抽象的であいまいな表現で記載されている場合もあるので注意が必要です。

一例として、「短時間での注文を繰り返す行為」や「過度の回転売買」という表現がされています。

4.海外FXと国内FXとのスキャルピングの違い

海外FXはスキャルピングに対して寛大で、ほとんどの業者が禁止や規制をしていません。

一方、国内FXはスキャルピングに対して敬遠しがちで、禁止している業者が多い。

このような違いが出る理由として、国内と海外では取引方法が異なるからです。

国内FX業者の多くがDD方式と呼ばれる「トレーダーと為替市場の間にFXディーラー」が介入する取引方法を採用しています。

特徴として、ディーラーの行動に左右されるので不透明であり、約定力も高くないですがスプレッドが狭いというメリットがあります。

しかし、DD方式を採用している大半の国内FXはスキャルピングを禁止している業者が多い。

ディーラーが取引に介入するため、超短期売買が連続して行われるとカバーが間に合わなくなるからです。

対して、海外FXはNDD方式と呼ばれる「トレーダーと為替市場の間にFXディーラー」が介入しない取引方法を採用している業者が多い。

DD方式に比べるとスプレッドが広くなるデメリットがありますが、透明性と約定力が高いのでスキャルピングとの相性が良いでしょう。

採用している取引方法の違いによる理由から、国内FXはスキャルピング向けの業者ではないことが伺えます。

5.海外FXはスキャルピングに最適なのか?結論と理由3つ

結論を申しますと、海外FXはスキャルピングと相性の良い環境が整っているため最適です。

主な理由は以下の3つになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう

5-1.海外FXはスキャルピングの禁止をしていない業者が多い

国内FXはスキャルピングを敬遠している業者が多いため、スキャルピングに適した業者を探す手間が掛ります。

一方、海外FXはスキャルピングを禁止・制限をしている業者は少ないです。

一部の業者は禁止していますが、ほとんどの海外FX業者はスキャルピングが可能。

つまり、スキャルピングの始めやすさから海外FXが最適でしょう。

5-1.国内FX業者よりもレバレッジが圧倒的に高い

国内FXはレバレッジが25倍までと上限が決まっています。

そのため、超短期売買を繰り返すスキャルピングでは大きく利益を伸ばすのが難しいです。

対して、海外FXはレバレッジの上限が決まっていません。

業者によっては1000倍とかなりハイレバレッジな設定もできるので、利益率も高まり効率的なスキャルピングが行えるので最適です。

5-1.損失補填されるゼロカットシステムが採用されている

海外FXの特徴の1つとして、トレーダーの資金保護のために証拠金を超える損失までは請求されない「ゼロカットシステム」と呼ばれる損失補填する仕組みがあります。

そのため、ハイレバレッジでトレードして大損が出ても借金を抱えるリスクがありません。

海外FXは、ハイレバレッジで安心して取引するためにも最適な環境です。

6.海外FXのスキャルピングに関するよくある質問【FAQ】

ここでは、海外FXのスキャルピングに関するよくある質問の回答を紹介していきます。

質問は以下の4つです

詳しく見ていきましょう。

6-1.おすすめの手法や攻略法はありますか?

スキャルピングを攻略するためには、どの市場を何の通貨ペアで狙うのか決めておく必要があります。

取引が活発に行われていない時間帯や通貨ペアを選んでトレードしていれば、効率よく利益を積み重ねることができないからです。

したがって、取引が活発に行われている通貨と時間を狙ってスキャルピングするようにしましょう。

一例として、もっとも活発な時間帯は、ロンドン時間(16時~)やニューヨーク時間(21時~)。活発に動く通貨ペアは、USD/JYP・USD/EUR・EUR/JYPなど。

おすすめの手法は、視覚的にもエントリーの判断がしやすいレンジブレイクを狙いましょう

最高値と最安値に平行線を引いて、ラインブレイクした方向にエントリーしていく手法です。

トレードの基本はトレンドについていくことですが、トレンドの発生率は2割で、残り8割はレンジ相場と言われています。

そこで、レンジブレイクするタイミングを狙うのがおすすめの手法となります。

6-1.スキャルピング初心者におすすめの海外FX口座はどこですか?

初心者におすすめなのがTradeviewのTrade口座です。

Tradeviewは、スキャルピングに特化した「cTrader」というプラットフォームがあるため、初心者でも効率的にトレードを行えるでしょう。

また、約定力が高く、スプレッドも狭いのでスキャルピングをする環境としては整っています。

6-1.スキャルピングに向いていない海外FX業者はどこですか?

大前提としてスキャルピングを禁止している業者はまず避けましょう。

スキャルピングに向いていない業者はIFC Marketsです。

独自サービスを持ち、信頼性・安全性が高いですが、ボーナス・キャンペーンはなく、スプレッドが広いのでスキャルピングとの相性はよくないでしょう。

6-1.参考になるブログはありますか?

スキャルピングを学ぶのに参考になるのが「FX億トレーダーぶせなブログ」です。

ぶせな氏は、スキャルピングやデイトレードを中心とした手法が得意で、FX専業トレーダーとして9年以上運用している実力者。

認定テクニカルアナリストでもあり、スキャルピングに関する本を出版しているため、ブログの内容は分かりやすく丁寧にトレード手法が解説されています。

また、スキャルピングをする上で大切なマインドも学ぶことができるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です